AQUA-ROMAN (アクア浪漫)

写真で綴るレッドビーシュリンプ飼育備忘録
2009年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2009年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年07月
ARCHIVE ≫ 2009年07月
      
≪ 前月 |  2009年07月  | 翌月 ≫

・・・・・Tank Data KOTOBUKI R-350 & Tetra20C

10-5-2.jpg

(2009/10/15 現在)



■KOTOBUKI R-350■


kotobuki r-350tankdata



■Shrimp■

ビーシュリンプ  約30匹


■Aquarium tank■

レグラス R-350 【KOTOBUKI R-350 】  35×22×28cm 20ℓ


■Lighting■

コンパクトライト ルミノDX 24W (トリオ)


■CO2 System■

無添加


■Filter■

テトラ オートパワー フィルター AX45

ろ材  専用ろ材

     (AXウールS、AXカーボンS、バイオグラスリングS、AXブラックスポンジS 2枚)

底面フィルター  バイオフィルター30 (ニッソー)


■Air pump■

水心 SSPP―3S (水作)  底面 & エアーに分岐


■Sand■

マスターソイル HG ブラック

アクアソイル・アマゾニア パウダー


■Water temperature meter■

冷却ターボファン (GEX)

EVサーモ 100C(冷却ファン用 25度設定) (エヴァリス)

ヒーター  マイクロセーフ パワープラス 75W(白パケ) (エヴァリス)


■Water plant■

ロタラsp.ヴァルデキラリス、ミリオフィラムマトグロッセンセ、南米ウィローモス、マツモ

アマゾンフログピット、流木 (小)


■Reset■

2009/08/23 



■Tetra 20C■


tetra20c tankdata



■Shrimp■

ビーシュリンプ  約30匹   白エビ 6匹


■Aquarium tank■

テトラ スクエアグラスアクアリウム SGシリーズ

20cmキューブ水槽  20×20×20cm(容量 約7L)


■Lighting■

ピクシースノー 14Wホワイト  6700K (コトブキ)


■CO2 System■

無添加


■Filter■

テトラ オートパワー フィルター AX30

ろ材  専用ろ材

     (AXウールS、AXカーボンS、バイオグラスリングS、AXブラックスポンジS 2枚)

底面フィルター  スライドベースフィルター ミニ (ニッソー)


■Air pump■

水心 SSPP―3S (水作)  底面 & エアーに分岐


■Sand■

マスターソイル HG ブラック

アクアソイル・アマゾニア パウダー


■Water temperature meter■

オートヒーター ローブリッジ 節電 50  水温23度固定  (エヴァリス)


■Water plant■

ロタラsp.ヴァルデキラリス、ロタラグリーン、ミリオフィラムマトグロッセンセ


■Reset■

2009/06/22 



・・・・・各水槽の餌食い状況

昨日収穫したケールを今朝は5個の水槽へ入れたが各水槽の食付き状況を撮ってみた。

第1位   KOTOBUKI30C 



やはりこの水槽、投入直後でこの状態になる。 現在絶好調!!!


第2位   KOTOBUKI R-350

7-31-3.jpg

最近朝一番に確認する水槽。 脱皮した♀が横たわりエビ達の餌になっている事が多い。
当然数も減り餌への集まりも悪く以前は直後に全てのエビが寄ってきたが現在は半数程度。


第3位   ADA30C
   
7-31-5.jpg

ここは若エビばかりなので食欲旺盛で抱卵固体も多数。 餌への集まりは第2位かもしれない。
ここまでの3水槽へはケールの葉を一枚与えているが夜には茎だけになっている。

第4位   Tetra20C

7-31-2.jpg

以前は絶不調だったが最近エビの数を増やしたにも拘らず好調に成って来た様に思う。
餌への寄り付きも良く成り食欲も出て来た様子。 一安心。


番外   繁殖水槽

7-31-7.jpg

今朝は昨日まで卵を抱えていたエビが脱皮をしてどうやらお目出度の様子。
ケールを入れても稚エビが寄ってくるだけで静かな状態(笑)
親達も連続抱卵で色も落ち年を取って来たのかな~ ただ落ちるエビはいないので
安定はしていると思う。

エビも大分増えてきたので良いエビ同士の繁殖を考えているがその為には水槽が必要。
現状では置き場所も無いのでこのままの状態で辛抱するしかないのか(涙)

・・・・・無農薬野菜と乾燥フード

久し振りに朝から青空が見え蝉が鳴き出す! 本来の夏らしい朝。

きょうは我家のエビの餌をご覧頂きます。

7-30-6.jpg

先ずは乾燥フード。
数種類の餌をローテーションで与えているが一番食付きが良いのはアクアジャパン特製フード!(左の青いキャップ) 今朝もこれを与えたが投入後数秒でエビ団子が出来る。
AQUA JAPANさんで通販をされているので一度ご覧下さい。 なんたって安い!!! (笑)
この餌が主であとは皆さんが御存知の有名フードを補助的に色々与えている。 また、稚エビの餌とバクテリアの餌になると言うシュリンプバクターとシラクラ チョイスビタミン等も適時与えている。

7-30-7.jpg

今朝収穫をした無農薬ベランダ栽培のケール。大人の拳ぐらいになれば収穫し10分間茹でた物を与えている。同じく無農薬栽培のほうれん草、小松菜などを与えているので我家のベランダは今や野菜栽培ベランダになっている(笑) 
無農薬野菜と乾燥フードを交互に与えているが冷凍庫は野菜で満杯になっている(涙)

7-30-1.jpg

AJ製乾燥フードを与えて出来たエビ団子。 これまでは一粒を与えて出来るエビ団子を見て楽しんでいたが全てのエビには届きそうに無いので今は三粒を入れて分散させている。

7-30-5.jpg

この状態を見ている時が一番楽しい時間かな~~~

・・・・・バンド柄以外の茶黒稚エビ誕生

繁殖水槽で茶黒ビーのバンド柄以外の稚エビが誕生した。 目出度い!!!



この間から茶黒ビーの稚エビが何匹も確認できたのだが今朝はケールの上でバンド柄以外の稚エビを発見した。この水槽のモスラ、丹頂柄の♂との間に出来た子供でチャームで購入した茶黒ビーの三代目になるがこれからに期待したい。もう少し黒かったら言う事無いのだが・・・・・ 残念!!!

他の水槽の黒が濃い若いエビをこの水槽へ入れてみようと思う。

・・・・・我家のBee shrimp

もう直ぐ8月になろうとしているが未だに梅雨が明けない。
週間予報を見ると多分8月2日頃の梅雨明け宣言になるような予感。
ここ2日間は早朝の気温も低く水温もファン稼動で25度を指している。


今日は我家のエビ達のルーツを書く事にする。

10.jpg

私がエビに関心を持ち始めて最初に購入したのはチャームの一番低価格のビーシュリンプ(赤)5匹と茶黒のビーシュリンプ6匹、合わせて三千円弱だったと思う。
緑の水草水槽に赤白のエビが居る様に憧れて購入したが次第に飼育に魅力を感じAQUA JAPANさんからバンド、タイガー等を30匹、モスラタイプ雌雄2匹、丹頂柄の雄1匹を追加購入し現在に至る。故に殆んどのエビがAQUA JAPANさんの血統になる。

8_20090728103128.jpg

モスラタイプと丹頂柄を繁殖水槽に入れ生まれたモスラタイプをADA30Cへ入れ日の丸、進入禁止、タイガー、Vバンド等をKOTOBUKI30Cへ入れている。KOTOBUKI R-350へは主にバンドと薄いエビ、Tetra20Cへ白、茶黒、と繁殖時に避難させたエビをごちゃ混ぜで入れている。

11.jpg

今はモスラタイプが人気の様だが私的にはバンドの濃い紅白のエビに魅力を感じている。
また、超低グレードだが茶黒エビから生まれた黒いエビにも魅力を感じる。

1枚目の写真=この柄に魅力を感じる。出来れば濃く厚く足が赤い個体が欲しい!
2枚目の写真=茶黒から生まれこの固体だけが異常に青黒いが成長が遅い!
3枚目の写真=丹頂柄の血を引いたのだろう白エビ。

この先もう少しグレードの高い紅白のバンドを投入し濃く厚くを目指したいと思っているが如何すれば良いのか???

・・・・・ケールの日

きょうはケールの日。

ケールはベランダのプランター栽培で当然無農薬。 食付き抜群で入れた直後の状態。

3_20090727100332.jpg


ほうれん草、ケール、小松菜をベランダで栽培しているがこれぐらい食べてくれると作った甲斐

が有る。今日のケールは収穫して直ぐに約10分茹でて冷凍にしたものだがこれ位の柔らかさ

が食付きが良い様に思う。以前5分茹でた物も与えた事があるが葉が立たない様だった。


4_20090727100450.jpg


水草が伸び過ぎて水面を覆う様になりソイル面が暗いので今朝はトリミングをしたがその最中に

トンネルの向こう側に脱皮殻が有り食事どころでは無くなったのだろう、一斉に舞い始めた。


6_20090727100332.jpg

竹炭ドームの向こう側の脱皮殻をついばむエビ。

5_20090727100332.jpg

トリミングをして随分明るくなったがもう少しカットが必要みたいだ。

食事どころではなく舞っているエビ達。

トリミングをして解ったのだが吸水パイプのスポンジが目詰りで中央部分が凹み排水パイプからの水の勢いが悪かった様でエアーレーションの細かい水泡が水面に溜まって動かない。
前回掃除をしてまだ1ヶ月強なのに洗ってみると相当汚れが酷かった。 気を付けなければ!!!

・・・・・Tank Data 30キューブ 3連

10-5-7.jpg


(2009/10/10現在)


■写真左より  KOTOBUKI 30C ( I )    KOTOBUKI 30C ( II )    ADA 30C



■KOTOBUKI 30C ( I ) ■


kotobuki30c tankdata


■Shrimp■

レッドビーシュリンプ  日の丸 進入禁止  約200匹 (稚エビ含む)


■Aquarium tank■


コトブキ クリスタルキューブ300   30×30×30cm 27ℓ

■Lighting■

アクシー ファインスポット (アクア システム)

テクニカ クリアランプ ホワイト 22W (テクニカ )


■CO2 System■

無添加


■Filter■

エーハイム フィルター500  

ろ材 エーハイムサブストラット+エーハイムメック

外掛けフィルター プロフィットフィルターF2 クリアー(コトブキ)

ろ材 エーハイムメック

底面フィルター  ボトムインフィルター300 (外掛けフィルター直結)


■Air pump■

水心 SSPP―7S (水作)  底面 & エアーに分岐


■Sand■

マスターソイル HG ブラック

アクアソイル・アマゾニア パウダー


■Water temperature meter■

デジタル水温計 FD―25 (GEX)

冷却スポットファン 202 (コトブキ)

EVサーモ 100C(冷却ファン用 25度設定) (エヴァリス)

ヒーター  マイクロセーフ パワープラス 75W(白パケ) (エヴァリス)


■Water plant■

ロタラsp.ヴァルデキラリス、ミリオフィラムマトグロッセンセ、南米ウィローモス、ウィローモス、

アマゾンフログピット、流木 (小1) 竹炭ドーム (小1)


■Reset■

2009/02/22





■KOTOBUKI 30C ( II ) ■


kotobuki30c2 tankdata


■Shrimp■

レッドビーシュリンプ  モスラ~バンド  約80匹


■Aquarium tank■

コトブキ クリスタルキューブ300   30×30×30cm 27ℓ


■Lighting■

アクシー ファインスポット (アクア システム)

テクニカ クリアランプ ホワイト 22W (テクニカ )


■CO2 System■

GEX CO2 システムキット15  (GEX)  現在1秒1滴 8時間添加


■Filter■

エーハイム フィルター500  

ろ材 エーハイムサブストラット+エーハイムメック


■Air pump■

水心 SSPP―7S (水作)   ADA30Cと二股分岐にて消灯時エアレーション


■Sand■

マスターソイル HG ブラック

アクアソイル・アマゾニア パウダー


■Water temperature meter■

デジタル水温計 FD―25 (GEX)

冷却スポットファン 202 (コトブキ)

EVサーモ 100C(冷却ファン用 25度設定) (エヴァリス)

ヒーター  マイクロセーフ パワープラス 75W(白パケ) (エヴァリス)


■Water plant■

南米ウィローモス、南米産ミズハコベ、アマゾンフログピット

流木 (大)


■立ち上げ■

2009/08/23 




■ADA 30C■


ada tank data



■Shrimp■

レッドビーシュリンプ モスラタイプ 約20匹


■Aquarium tank■

キューブガーデン 【ADA 30C 】 30×30×30cm 27ℓ


■Lighting■

アクシー ファインスポット (アクア システム)

テクニカ クリアランプ ホワイト 22W (テクニカ )


■CO2 System■

CO2アドバンスシステム   (ADA)  現在1秒1滴 8時間添加


■Filter■

エーハイムクラシックフィルター2211+エーハイムサブフィルター2211

ろ材 エーハイムサブストラット+エーハイムメック

底面フィルター  バイオフィルター30 (ニッソー)


■Air pump■

水心 SSPP―3S (水作)  底面 & エアーに分岐


■Sand■

マスターソイル HG ブラック

アクアソイル・アマゾニア パウダー


■Water temperature meter■

デジタル水温計 FD―25 (GEX)

冷却スポットファン 202 (コトブキ)

EVサーモ 100C(冷却ファン用 25度設定) (エヴァリス)

ヒーター  マイクロセーフ パワープラス 75W(白パケ) (エヴァリス)


■Water plant■

南米ウィローモス、ブリクサ・ショートリーフ、マツモ、アマゾンフログピット

流木 (小)、竹炭ドーム


■Reset■

2009/06/14 



・・・・・繁殖用水槽

きょうは我家の極小水槽2個をご覧頂こう!

GEXの幅30cmのメダカ飼育用の極小水槽だがこれまで我家で増えたエビは殆んどがこの水槽で生まれたエビばかりだ。稚エビの生存率がとても良かったが最近は水温不安定の為か多少生存率が落ち始めている。

1_20090725103400.jpg

2月1日に初めて底面フィルターを使い外掛けフィルターを付けただけで立ち上げた極小、極安設備だが安定度NO1だ。
ソイルはマスターノーマル50%、アマゾニアパウダー50%を使っているが苔も出ず水草の成長も良く水は常にピカピカな状態。外掛けフィルターやスポンジは立ち上げ以来一度も掃除をしていないので生存率低下の原因かも知れない。

2_20090725103400.jpg

3_20090725103400.jpg

繁殖目的の為、上の写真の雄エビ2匹と雌はいろんな色柄を現在9匹入れている。これまでは常に抱卵を繰り返していたが抱卵率も下がった様に感じる。

4_20090725103400.jpg

雌はいろんな柄の濃い固体を入れているが親を超えるエビは出ていない模様。丹頂柄の子供だと思うが白エビも生まれてきている。そろそろリセットをしたいと思うが生まれたばかりのエビが多いので躊躇している。


もう一つの極小水槽、Tetra20C水槽。

6_20090725103400.jpg

ここへは白エビを入れていたが最近は避難させたエビや茶黒エビなどのごちゃ混ぜ水槽になっている。6月初旬に立ち上げ一時期不安定だったがエビの数を増やしてやや順調に成りつつある。

9_20090725103537.jpg

8.jpg

7_20090725103537.jpg

写真のように本当にいろいろなエビのごちゃ混ぜ水槽。

これで我家のビーシュリンプ全水槽をご覧頂いたので次回更新からは日々の様子をご覧頂こうと思う。

・・・・・KOTOBUKI R-350水槽

3回目の更新 きょうはこの水槽をご覧頂こう~

これはマイルームへ置いているが今回のアクアリウムを始めて最初に買った水槽で私はあまり気に入っていないが約1名のお気に入りでR水槽になった。



ここにはバンドタイプのエビが今は5,60匹ぐらい入っているが抱卵はするのだが稚エビが育たないので数は余り増えていないが他の水槽で生まれたバンド柄のエビを入れているのでその点では増えている。
ただ、どうやら雄の数が多いらしく雌が脱皮をすると一度に4,5匹の雄が群がり抱卵が出来ずに雄の餌になっている様だ。目撃した時は雌を救い出し救出しているがここ最近毎日の様に横になったエビが出ているので対策を検討中。

3_20090724173143.jpg

上からの図。
この水槽も管理、観察を目的にシンプルな水景を目指しグロッソとモス小流木、マツモ、フログピットだけを入れている。右側をグロッソの緑の絨毯にしたいと思っている。

4_20090724173217.jpg

この水槽に入っているエビ達。
大小さまざま、柄も様々、全てに薄いエビ達ばかりだが食欲旺盛でとても元気である。

5_20090724173217.jpg

グロッソも立ち上げ当初よりは当然だが随分密生してきた。しかし、あまり嬉しくない黒髭苔が目立ってきた。

6.jpg

グロッソの絨毯を目指しているので一応CO2は秒1滴で添加している。消灯後はエアレーション。

明日は繁殖を目的にした極小水槽をご覧頂こう!

・・・・・KOTOBUKI 30 C 近況

きょうは現在とても調子の良いこの水槽をご覧頂こう。

■KOTOBUKI 30C水槽■

4.jpg

この水槽には日の丸、進入禁止、タイガー、Vバンドなどいろいろな柄のエビが100匹前後だと思うが入っておりこの水槽でも若エビが連日抱卵している。 この水槽も立ち上げ当初はシンプル水景を目指したがあまりに殺風景な為、ロタラsp.ヴァルデキラリスとミリオフィラムマトグロッセンセを植えてモス付き竹炭ドームと南米モスを巻いた小さな流木を入れている。

5.jpg

この水槽のエビ達も我家で生まれたエビが大半を占めている。決してハイグレードではないが見ているととても綺麗で楽しい。

7-22.jpg

写真では濃い赤に見えるがカメラの設定で濃く見えるだけで実際はもっと薄い赤だ(涙)
高望みをせず今は数を増やそうと思っている。

時間の有る時にタンクデーターなんかも書いて行こうと思う。

・・・・・初投稿

昨年12月19日、11匹のビーシュリンプを購入し試行錯誤の日々を送っている。何時まで続ける事が出来るか疑問だがビーシュリンプが居る限り備忘録を兼ねて更新いたいと思っている。
現在の目標は『濃く厚く』だが達成する日はいつの事になるのか・・・

住居の関係で極小水槽5個を管理しているが今日から各水槽の状況を更新していこうと思う。



■ADA30C水槽■
ここには我家で生まれたモスラタイプの若エビを5,60匹入れている。 既に抱卵も確認でき毎日の様に水槽内で激しい舞が見られる。管理、観察が目的で水草は最小限でシンプルな水槽。

1.jpg

目標の濃く厚くには程遠いがこれから頑張ってみようと思っている。

この先、ビーシュリンプ飼育に関する御指導を諸先輩方から頂ければ幸いに思っている。