AQUA-ROMAN (アクア浪漫)

写真で綴るレッドビーシュリンプ飼育備忘録
2009年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2009年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年08月
ARCHIVE ≫ 2009年08月
      
≪ 前月 |  2009年08月  | 翌月 ≫

・・・・・緊急避難水槽、その後

昨日は水草トリミングを予定していたが急遽出勤になり出来ず。

緊急避難用のこの水槽が現在一番綺麗で南米モスや水草の上に紅白のエビが居る水景が私のお気に入り。

8-31.jpg

抱卵エビが2,3匹いて孵化が近いので稚エビの生存率が良ければ最高なのだがどうなるか?


8-31-1.jpg

他の水槽ではソイル面にいるエビが多いがこの水槽だけはモスや水草に居るエビがとても多い。

8-31-2.jpg

正面からの水景も好きなのだが右側から見る緑の中に紅白エビが群がる様子もお気に入り♪

・・・・・水草(マツモ)トリミング

このブログのカテゴリーを水槽別にしているが更新の少ないのがADA30CとTetra20C.。
良く言えば問題が少ないので更新頻度も下がる事になるがADA30C水槽で一番の問題はマツモが繁茂しすぎる事。


8-26.jpg

この写真が先日26日にマツモをトリミングして更新した写真。


8-29-6.jpg

そして今朝の状態は既に水面に達し一部水面を覆ってきている。 (右側)


8-29-1.jpg

(左側)  3日間でこれだけ成長する水草は他にはフログピットぐらいか。
この水槽はCO2を秒1滴で8時間添加しているので余計に成長速度が速いのだろうが
兎に角早い。 そこで今朝は1週間持つ様に短くした。
3本のマツモを一束にしてリングろ材に通し錘代わりにして掘り込んでいるだけなのでトリミングといっても水槽から取り出しろ材から抜き下の部分をカットし戻すだけだが細かい葉が水中を浮遊するので丁寧にカット&戻す事になる。


8-29-4.jpg

今日のトリミング後の全景。 これで1週間は持つだろう~  ・・・・・いや、3日かな?



そしてこちらの水槽は・・・・・

8-29.jpg

好調を維持しているKOTOBUKI 30C 1水槽。
抱卵、稚エビ孵化が相次いでいるので水草のトリミングを躊躇しているがまるでジャングルの様になってきて水槽の半分以上を占めているので明日はこれを思い切ってトリミング予定。


R0021482_20090829163647.jpg

立ち上げ当初の水槽全景。
ロタラsp.ヴァルデキラリス、ミリオフィラムマトグロッセンセを各5本植えたのが成長して現状になった。当初はCO2を添加していたが現在は無添加。 両水草とも何度もトリミングを繰り返しているがこれも成長速度が速いので大変だ。


8-29-3.jpg

現在の状況を上から撮ってみる。
流木やドームをオーバーハングして全体の半分以上を占めている。

さて、どこまで思い切れるかな・・・・・

・・・・・2回目の水質チェック

このところ2,3日は涼しくなったがやはり日中は30度超えの気温が続いている。
水温をルームエアコンで管理しているが夜間はLDKの窓を全開にして水槽に扇風機を点け冷却ファンとダブル冷却で24~25度を維持。
8月の電気料金が通常年の2倍になったらしい! これまで電気料金を気にした事は無かったがビーシュリンプの為にエアコンフル回転させているのでそれとなく聞いてみた。
生物を飼っている以上これ位は止むを得ないだろう~

今朝は2回目の水質チェックをした。


8-28.jpg

朝5時の30キューブ3水槽。
白濁も随分取れたので結果如何ではパイロットのエビを入れる予定だったがやはりそんなに急に変化が有る訳は無い。


8-28-1.jpg

KOTOBUKI 30 C 2 水槽水質チェック結果。
左からPH、NO2、NO3、NH3、NH4。 PHは6.8前後、NO2、NO3はぎりぎりセーフティライン。NH3、NH4が前回よりは多少改善されているがこの結果ではエビはまだ無理だろう。
可哀想だと思ったが白メダカをパイロットとして入れた。


8-28-2.jpg

比較の意味で現在好調のKOTOBUKI  30C のチェックもしてみた。
ここは湧き水を使って週1回の喚水と足し水をしているが全て問題の無いレベル。落ちるエビも無く毎日抱卵が有り稚エビがうじゃうじゃの状態。
何時まで維持できるか解らないがこのままの状態が続いて欲しい。


8-28-3.jpg

NH3、NH4の比較。 相変らず右の色は綺麗だ!


8-28-4.jpg

KOTOBUKI R-350水槽。
同日立ち上げなので大差は無いと思いここも白メダカをパイロットで入れた。


8-27-6.jpg

エビブログなので繁殖水槽の抱卵固体と稚エビ達を一枚。

・・・・・白濁が取れてきた

ビーシュリンプ飼育を始めてから朝は遅くても5時には目が覚めて出勤時間までの3,4時間を水槽管理に時間を割いている。 以前は何度起こされても起きなかったのが嘘の様だ。
夜、帰宅後にすれば良いのだが365日アルコールのお世話になっているのでこれは無理。
お陰でこのところ多少睡眠不足気味である。


RIMG7656.jpg

KOTOBUKI 30Cに比べ底面フィルターを設置しているこの水槽の方が白濁が取れてきた。
今朝はミリオフィラムを後景に5本植え前景のポイントにパールグラスを植えた。ミリオフィラムとロタラは成長が早いのでスカスカの後景は直ぐに緑の壁になるだろう。


RIMG7646.jpg

前景にパールグラスを植えたが余り立ち上がらず這ってくれると嬉しいのだが照明が弱いので無理だろうなぁ~
明日ぐらいにもう一度水質テックをして改善されている様ならばパイロットを入れてみる予定。


8-27-1.jpg

KOTOBUKI 30 C も幾分透明度は増したが今朝はエアーフィルターを追加した。
流木に南米モスを巻き付けたがやや殺風景な水景なので背の高い水草を植えたいが暫くは様子を見る事にする。


水槽の何処を見てもビーシュリンプが居るこの避難水槽が一番綺麗!!!

8-27.jpg


・・・・・beautiful blue

朝晩は涼しくなりリビングの窓を開けていると水温も25度前後を維持している。
日中は30度前後の気温なので暫くはエアコン管理が必要だ。

立ち上げ4日目の水質チェックをしたが両水槽共NH3、NH4がとても綺麗なブルーになった。

8-26-2.jpg

そんな悠長な事を言っている場合ではないのだが本当に綺麗な色だ。
毎日喚水をしているが暫く続けなければいけない様だ。


8-26-1.jpg

KOTOBUKI 30C水槽はNO2、NO3ともほぼ同色。 
ミナミヌマエビ5匹がパイロットとして頑張ってくれているが現在は無事。


8-26-3.jpg

KOTOBUKI R-350水槽もほぼ同色。 ここは生体は入ってなく水を回しているだけの水槽。
これまでは立ち上げ当日、若しくは翌日にはビーシュリンプを入れていたが今回は急ぐ事も
無いのでゆっくり立ち上がりを待つ事にしようと思っている。



■ADA30C水槽
8-26.jpg

伸び放題だったマツモをトリミングし竹炭ドーム一個とホシクサを移動したので空間が出来スッキリした。

■KOTOBUKI 30C 水槽
8-26-4.jpg

現在絶好調のこの水槽では多くの稚エビが水草の中に見え隠れし毎日抱卵が有り食欲も抜群。
ケールに群がる状態だがやはりこの状況を見るのが一番楽しい!

・・・・・やはり白濁

日の出の時間が遅くなり今は5時半頃か。

ビーシュリンプ飼育を始めてから朝起きる時間が一段と早くなった!

自宅ベランダから日の出前の東の空を撮る。 現在は生駒山脈北側から日が昇るが徐々に
生駒山中央部から日の出が見られる様になる。

8-25.jpg


■立ち上げ3日目のKOTOBUKI R-350
8-25-1.jpg

依然として白濁中! 今日も約10ℓの喚水をして水草を植えた。
後景にロタラsp.ヴァルデキラリス、ミリオフィラムマトグロッセンセを植える予定だが
今朝はロタラを3本とADA30Cで植え方を失敗したホシクサをこの水槽へ移動。
時間の関係でミリオフィラムは明日植える予定。


8-25-2.jpg

以前チャームで購入して小さな流木に活着させているアヌビアス ナナと
南米モス付竹炭ドームを入れてこの2種類は状況により水槽内を移動させようと思う。


8-25-3.jpg

KOTOBUKI 30C 2も依然として白濁中だが喚水後、南米ミズハコベをホシクサの周囲、
流木の前へ植え込んだが上手く匍匐してくれるだろうか?
今朝はパイロットとしてミナミヌマエビ数匹を投入した。

明日は流木へ南米モスを巻き付ける予定。


LINKに aQua gReen QRさん をリンクさせて頂きました。
とても素晴しい大型水草水槽を管理されています。 またビーシュリンプ飼育も
始められています。  是非一度ご訪問下さい。 癒されますよ~~~

・・・・・2本の水槽立ち上げ完了

気持ちの良い青空が広がる大阪。 気温も幾分下がりもう秋!

昨日は2本の水槽を立ち上げた。 流石に2本の立ち上げは疲れる!
世界陸上や女子バレーを見たかったが夜9時にはベッドへ入り爆睡だった。

■KOTOBUKI 30C 2水槽 昨夜の最終景
8-24-5_20090824102508.jpg

私の立ち上げ工程写真は参考にならないので撮っていません!(笑)
皆さんの立ち上げ方とほぼ同じかと思うのでタンクデーターを書いておく事にする。

■水槽    KOTOBUKI 30 キューブ 30×30×30 27ℓ
■フィルター エーハイムフィルター 500
■照明    アクシー ファインスポット (アクア システム)  
         テクニカ クリアランプ ホワイト 22W (テクニカ )
■ろ材    エーハイムサブストラット+エーハイムメック
■底床材   マスターソイル HG ブラック  アクアソイル・アマゾニア パウダー 
■水草    ホシクサ 南米ウィローモスを流木に巻き付け予定  マツモ  フログピット



8-24-8.jpg

今回は水草を主にした水槽にする予定だったので底面フィルターは使用せずCO2を添加してアクアジャーナルに掲載されているような水草の中にビーシュリンプが居る水景を作ろうと思っていたがタイミング良くAQUA JAPANさんのブログでホシクサの再販売を知り速攻6株を購入。同時にアク抜きされた流木も販売されていたので大き目の流木を購入。
予定を変更してシンプル水景になった(笑)
流木を奥に配置し南米モスを巻き付けホシクサとモス、南米ミズハコベを周囲へ植える予定。



8-24-10.jpg

状態の良いホシクサを4株、前面に2株。 空いた中央は餌場の予定。
この水槽へは右のモスラタイプの水槽からお気に入りのエビだけを少数入れグレードアップをしようかと思っている。
このホシクサは前回販売をされて直ぐ売り切れになったので今回は速攻したのだが3株1000円で販売されているので興味の有る方はブログ、若しくはHPをご覧になられたら如何だろう~

AQUA JAPANさんのブログ

また新しく冷凍ケールも販売(通信販売も)されている様子です。


8-24-11.jpg

底床は当初マスター、マスターパウダーの組み合わせの予定だったがTakaさんからアドバイスを頂き今回はマスター、アマパウに変更した。これまでの水槽はこの組み合わせで立ち上げ当日数時間で水は綺麗になっていたのだが今回は白濁し今朝両水槽とも15ℓを入換えたが依然白濁している。2枚目の写真でも解るようにうっすら霞が掛かった様な感じの状態。これが消えるまで暫く毎日の喚水が必要の様だ。


8-24-4.jpg

流木がチョット大きめで水槽から先端が飛び出しているがこれはこれで良しとする。エアレーションをするので上蓋が必要に成り必然的に水槽最奥部分への配置になってくる。


8-24-12.jpg

今朝15ℓを喚水後の全景だが両横と比較すれば歴然と白濁が解る。


■KOTOBUKI R-350水槽
8-24-7.jpg

もう1本の水槽の今朝喚水後の写真。
こちらはこれまで通り底面フィルターと外部フィルターを使用しているが白濁のレベルは30Cと同程度。 やはりアマゾニアパウダーの成分が関係しているのだろうか? 何れにしてもこんなに濁ったのは初めてである。 両水槽ともバックシートを「なんちゃってミスト風」に乳白色のシートを貼っているので余計に霞んだ様に見えるがその影響だけでは無く間違いなく濁っているが2,3日水替えを続ければ取れるだろう~・・・・・か?

この水槽は各水槽から水草をカットして植え現在避難水槽へ入れているバンド柄のエビを戻そうと思っている。


■緊急避難水槽
8-24-14.jpg

KOTOBUKI R-350をリビングのコーナーへ持ってきた為この水槽の行き場が無くなり仕方なく私の部屋へ置いているので再び2部屋エアコン管理になってしまう(涙)
この水槽だけはマスター、パウダーの組み合わせだが立ち上げ当日からピッカピッカで綺麗だがTakaさんのアドバイスではリセット時期が早く成り易いとの事だが所詮緊急に立ち上げたのでこのまま維持しようと思っている。


8-24-15.jpg

水草に多くのエビが群がりとても綺麗だったので思わず一枚パシャ!!!

さて、明日からはエビ、人間にとって快適な気温になる予報、水温に気を遣わなくても良い季節に早くなって欲しいなぁ~

・・・・・我家の茶黒ビーシュリンプ

ビーシュリンプを飼育して9ヶ月になるが茶黒ビーも順調に増えてきている。

昨年12月、1匹200円程度の安価なビーシュリンプ6匹から始めたが3代目にしてどうにか黒ビーと呼べるレベルになってきている。


■初代茶黒ビー (09/01/08)
8-22-6.jpg

初めて抱卵をしたエビだと思うがこのエビから増え続け現在では10倍以上の数になっている。


■二代目茶黒ビー 
8-22-3.jpg

柄は元祖ビーシュリンプの様だが多少黒が目立つ様になってきた。 
兄弟の中には青黒いエビも居るので期待している!


■三代目 茶黒ビー
8-22-5.jpg


繁殖水槽で赤白のモスラ柄、丹頂柄との間で生まれてきたエビでバンド柄が多いが進入禁止やモスラ柄も多く見られるようになってきた。
色も茶黒が多いが黒と呼べるレベルの稚エビが生まれてきている。僅かながらでもレベルが上がると嬉しいものだ。
この先は三代目同士で濃いエビを掛け合わせてみようと思っているが果たして黒ビーと呼べるエビが生まれてくるのだろうか?

・・・・・と言う事は黒ビー専用の水槽が必要になってくる。

・・・・・出番待ち

今週立ち上げ予定の2本の水槽。 只今出番待ちです!

■KOTOBUKI R-350  
8-21.jpg

外部フィルターや器具類は全て前回使用の物を使う予定。 水槽は一昼夜ハイター浸けの後水道水で洗ったので随分綺麗になった。
今回は底面フィルターを如何するか思案している。


■KOTOBUKI 30C
8-21-1.jpg

1200水槽台へ仮置きのまま空の水槽を眺めながら思案に暮れる毎日(笑)
フィルター等は全て購入済みだが水景で悩んでいる。
さ~て、如何しようかな~~~


8-21-2.jpg

水温計はADA NAサーモメーターJ ホワイトタイプ。 これは他の水槽へも使っているがちょっとお洒落なので気に入っている。



8-21-3.jpg

一番のネックはソイル! これまでの水槽は全てマスターソイル HG ブラックとアマゾニアパウダーの組み合わせだが緊急避難用に立ち上げた水槽がマスター、マスターパウダーの組み合わせにしたがこれが現在とても調子が良くソイルの色もアマパウに比べやや黒いのでビーシュリンプも綺麗に見える気がするがエビの為には如何なのか?



8-21-4.jpg

南米モスや他の水草は茶苔も付かず綺麗に成長している上、水も流石にピカピカだ。
どちらか1本の水槽はマスターソイルの組み合わせで行こうと思っている!

8-21-5.jpg

どちらかの水槽はアクアジャーナルに掲載されている様な水景を作りたいと思うが・・・・・

・・・・・毎日が満月

ビーシュリンプが抱卵をするのは満月の時に多いと聞くが我が水槽では毎日が満月。

特に抱卵固体の多いのがADA30C水槽で今朝も脱皮の殻が有り水槽中大騒ぎ!
殆んどの雌が抱卵しているのではないかと思うぐらい。   ・・・が若いエビばかりなので脱卵も多く最初の抱卵からすれば当然孵化している筈だが未だに稚エビの姿が確認できない?
まぁ~その内出てくるでしょう~~~

8-20-5.jpg



抱卵固体も多く稚エビもウジャウジャしてきたのがKOTOBUKI 30C水槽。 
ここは水草が多いので隠れ場所が沢山有り何処からともなく稚エビが出てくるが相当の数が居る様だ。

8-20-3.jpg



水槽奥の流木や竹炭ドームのモスにも大小の稚エビが沢山見え隠れしている。
若いエビと稚エビばかりなのでこれから先が非常に楽しみだ♪

8-20-4.jpg


緊急避難用の水槽では落ちるエビも無く数匹の抱卵固体も見れる様になり順調に推移している。

8-20-7.jpg


この他の繁殖水槽は勿論、Tetra20C水槽でも抱卵固体続出で多くの稚エビが見られ順調だ。

今週は新しい水槽を立ち上げる予定だが30キューブは水草を多く植え水景を楽しめる水槽にするかシンプルでエビ観察を目的にするか現在思案中。
R-350も構想が決まらず空水槽の状態! あれこれと考えている時が楽しいのではあるが・・・

・・・・・30キューブ 3連荘

先日リセットしたR-350の後継に30cmキューブ水槽を仮設置した。

1200の水槽台の中央部に何を置くか考えたが両サイドが30Cなのでこの際30キューブ水槽
3連荘にした。
今回の水槽はビーシュリンプ用なのでADAではなくKOTOBUKI 30キューブ水槽。 今週はこの水槽とR-350水槽の2個を立ち上げる予定で色々と必要な物を揃えた。

8-19.jpg



ADA製品はアクアテイラーズで購入したが水槽など大きな物は配達してくれるチャームで購入。その中に水草の南米ミズハコベが有ったのだがその梱包方法に唖然とした。

横幅30cmぐらいの発泡スチロールの箱。 買った本人が何が入っているのか???

8-19-1.jpg


上蓋を開けてびっくり仰天! 南米ミズハコベ5本は本当に小さい水草。 丸めれば10円玉にも満たない大きさの草にこの箱、保冷材、クッション材まで入れてある。 丁寧と言えばそれまでだが少々過剰梱包ではなかろうかチャームさん!(笑) 今回は水槽のほか色々買ったので全てを入れたダンボール箱は途轍もなく大きな箱。

8-19-2.jpg


比較の為タバコの箱を置いたがマイルドセブン6カートンぐらいは入るのではなかろうか。
御丁寧な梱包のお陰で水草は良い状態で届いたがこの水草の小ささにこれまた仰天!
草丈2,3cmの細い物が5本。HPの写真では大きさは判断できなかったが本当に小さい(笑)

8-19-3.jpg

もう少しシンプル梱包で値段を安くした方が良いのでは無かろうか?



またまたお調子に乗ってきょうは雫のマクロ写真をど~ぞ。
Nikon D70 & TAMRON SP 90mm MACRO
クリックで500ピクセルのチョット大きな写真

asatuyu.jpg

・・・・・緊急避難水槽その後

緊急避難用に立ち上げた小型水槽だが入れたエビは落ちる事も無く順調だ。


今回は南米モスを巻き付けた流木を入れたので流木のアク吸着も考えて余っていたマスターソイル HG ブラックと同じくパウダーを薄く敷き水草を数本植えマツモとフログピットを浮かべフィルターはコトブキ外掛けフィルター プロフィットフィルター F2にエーハイムメックを入れただけであとはエアレーションをしている超簡単で超極安な水槽。

マスターソイルの効果なのか流木のアクは今のところ見られず水はピカピカで水草も僅かながら成長している様に見える。

8-18.jpg



現在、餌は以前の半分程度を与えているが食欲も以前より旺盛のように感じる

8-18-3.jpg



小さな水槽なのでこれだけの数が居ると水槽の何処でもエビが見えるのでその点では楽しい水槽だ。

8-18-2.jpg



南米モスも苔も付かず綺麗に成長している。

8-18-1.jpg

この状態で推移してくれればこのまま選別から漏れたエビ用水槽としても良いかなと思っている。



私は至って単純な人間 褒められれば直ぐに調子の乗るタイプ!

昨日のメタセコイヤ並木の写真を褒めて頂いたので今日は3月に撮った琵琶湖 今津町の琵琶湖の夕景写真をご覧頂きます。 (カメラ Nikon D70)

(写真をクリックで700ピクセルの写真をご覧頂けます)

biwako-10.jpg

・・・・・繁殖水槽のエビ

お盆休暇の一日を利用して奥琵琶湖へ行ってきた。
渋滞が予想される時間を外し早朝出発、お昼に帰宅する。琵琶湖の風景が好きで毎月の様に
出掛けているが今回は稲の緑とメタセコイヤの緑が美しいマキノ町のメタセコイヤ並木へ。

8-15.jpg


2.4kmに渡ってメタセコイア約500本が植えられた一直線の並木。
撮影スポットは沢山有るが私は最北のこのスポットがお気に入り♪
車の通っていない一本道も良いが「真っ赤なポルシェが一台」 なんてのも良いかも。

8-15-1.jpg



繁殖を目的のこの水槽では沢山の稚エビが生まれ成長したエビをタイプ別に専用水槽へ移しているがその中から私が選んだ綺麗なエビを戻して繁殖させている。

モスラ柄と丹頂柄の♂2匹(左の上下)で現在は♀が20匹ほど入っているハーレム水槽。極小水槽なのに何故か調子が良く抱卵、孵化を繰り返している。

8-17-1.jpg


多分同じ親から生まれた2匹のエビ。
KOTOBUKI 30 C から戻したが頭と胴の繋ぎ目が濃く胴の2枚目の殻が大きく濃いと思えるのを選んだ。欲を言えば足の色が真っ赤、若しくは白だったら良いのだが現状では無理だ(涙)

8-17-2.jpg

8-17-4.jpg


この柄のエビが多く生まれているが濃いエビは少ないのでこの程度を入れてこれ以上を期待しているがどうなるのかな~

8-17-3.jpg

今週は2本の水槽を立ち上げようと思っている。
1本は先日リセットしたR-350水槽。そして新しく小型水槽を購入しての1本。
いろいろ考え中だがこの時期が楽しい(笑)

・・・・・リセット

暦の上ではもう秋、今日の大阪は秋を思わせる空と雲   ・・・・・心地好い風が吹いている。


調子の悪かったKOTOBUKI R-350水槽をリセットした。


餌を与えず幾分調子を取り戻した様に見えたがやはり動きも悪いので思い切ってリセットした。
水槽台の真ん中が抜けたので間が抜けているがこのあとはここへどの水槽を持ってくるか思案中だが新しく30キューブを購入して3本並べるか、元の水槽を戻すか・・・・・





緊急避難用の水槽へ当初5匹を入れていたが問題なさそうなので全てのエビをこの水槽へ非難させた。
水質チェックではNO2、NO3、アンモニアは高い値だが全滅に成るよりはこの策が最適と判断。
小さな30cmの水槽に70匹ほど入っているので窮屈だろうが暫く辛抱願う。
この先問題が有る様ならば調子の良い水槽へ入れようと思っている!

8-14.jpg



エビの動きも良くなりソイルをついばむ様になったので今朝は久し振りにケールを与えたが殆どのエビが寄って来て食べている。

ケールを入れて直後の状況。

8-14-3.jpg


これ以上水槽を増やすのは困難な気がしているのでこのまま元に戻すしかないのか・・・

それとも極小水槽を閉じて30キューブを新調しR-350は繁殖用、若しくは選別から漏れたエビを入れようか・・・・・   

黒エビ水槽も作りたいしなぁ~~~

・・・・・どうやら落ち着いたのかな

昨日は早朝4時から私用で名神、北陸道を使って福井へ。
5時過ぎに名神の案内板に「地震の為東京方面通行止め」の表示が出た。
ラジオでは関西も「震度3」。 大変です! 自宅は無人!!!
先日の震度2~1でも大きく波打ったのにこの震度ならば多分水が溢れているだろうと思ったが引き返す事も出来ず知人宅へ揺れ方を確認の電話。 「揺れましたよ~」の返事。
こうなったら覚悟を決めて目的地へ!
9時、会社にも熱帯魚水槽が有るので確認の電話。 「大丈夫です」の返事で一安心。

夕方5時帰宅。 多分大きく揺れただろうが7個の水槽は何事も無く無事だった!


調子の悪い水槽は餌を抜いているが昨日、今日と落ちるエビも無く落ち着いている様子。
このまま元に戻ってくれれば良いのだが・・・

8-12-3.jpg

他の水槽も通常の半分の量の餌を与えているが寄り、食付きは以前より良くなった様に思う。
やはり餌の与え過ぎだったのかな~

8-12-2.jpg

緊急避難用水槽の5匹のエビは今日も元気だ。

8-10-6.jpg

本日の教訓

私の場合地震対策を人一倍講じているつもりだが留守対策を再考しなければと思う。

・・・・・連日エビが落ちた

昨夜は関東地方で震度4の地震が有ったが大阪でも2~1の揺れが有った。
我家でも南北方向に揺れを感じたので水槽を確認したが350水槽だけは大きく波打っていた。
震度3以上になれば間違いなく溢れる事になるので水量を減らそうと思う。

連日エビが落ちていたこの水槽で昨日も2匹が落ちた為、フィルター等の掃除をした。

8-10-3.jpg

先ずフィルターの掃除をしたが余り汚れてはいなかった。その他器具類を全て掃除をしガラス面の苔もこの際全て削ぎ落とし綺麗にした。また、モス付流木や生い茂ってきたマツモを抜き水を2ℓ換えて観察しやすい様に何も無い状態にした。

8-10-7.jpg

そして今朝は落ちるエビも無くエビ達の動きも良くなった様に思う。

8-10-8.jpg

昨日は朝与えた餌が残っていたので取り出し今日から餌を与えず様子を見てみる事にする。
今日のAQUA JAPANさんの記事やこうせいさんから頂いたコメントにも有る様にこれまでは餌が多過ぎた様な気もする。これからも落ちるエビが続くようならば連休中にリセットを考えている。

8-10-5.jpg

念の為、緊急用の水槽を立ち上げていたので昨日5匹のエビを入れたが今朝は全て元気にしている。 明日の様子を見て駄目な様ならばこの水槽へ移動させる事にする。

8-10-4.jpg

余分な物を取り去ったので綺麗になったが間が抜けた感じがする。

8-10.jpg

KOTOBUKI 30C水槽では食欲旺盛でこの状態だが他の水槽も全て餌の量を半分に減らしてみた。この状態を見たくて多めに餌を与えていた様に思う。  ・・・・・反省!

・・・・・5匹のエビが・・・

ねーさん! 大変です。
昨日から今朝に掛けて5匹のエビが落ちてしまいました(涙)

これまでエビを飼育して初めての出来事。この水槽では脱皮の瞬間を狙われて雌が落ちる事が多かったが一度に多数のエビが落ちることは無かった。
昨晩帰宅後水槽を見ると2匹のエビが水草の陰で横たわっていた。そして今朝は3匹が横たわっている。一体如何したんでしょう~

8-8.jpg

今朝はケールを与えたが何時もは直ぐにほぼ全てのエビが寄ってくるが今日は寄りが悪くエビ団子が出来ない上に食付きも良くない様だ。

8-8-1.jpg

暫く様子を見ていたがやはり寄って来ないので水質チェックをしてみた。

8-8-2.jpg

左からPH、NO2、NO3だが特別異常は無い様に思う。

8-8-3.jpg

念の為NH3,NH4もチェックしたが問題なし。


この水槽はバンド柄が多く他の水槽から移動させたエビが多いがその事によって落ちる事は無かった。何が原因なのか??? グロッソの黒髭苔は目立ってきたがそれは無いだろう。雌雄のバランスが悪いのは解っているが一度に5匹も考え難い。
万が一を考えて小さな水槽だが出掛ける前にセットしてきたので帰宅後落ちているエビが居る様ならば全てを移動させる予定。
立ち上げた日を調べてみると4月26日。4ヶ月未満! 大丈夫だろう!!!



気分を変えて・・・・・繁殖水槽のカメラ目線のエビ。足にもう少し赤が欲しいね~

8-8-4.jpg

・・・・・ADAギャラリーの思い出

きょうはタンクデーターをアップしたので本来の日記を更新。

タイトルの通り昨年11月、ADAギャラリーへ行ったのだが当時憧れた水景をご覧頂こう。
当日は早朝4時に大阪の自宅を一人で出発し途中休憩はしたものの名神、北陸道、600kを6時間で走行した。
10時にオープンになるので予定通り到着し現地滞在時間、1時間。
折り返し大阪まで6時間、大阪~新潟間、往復1200Kを一人で走り抜いた。
当然この後1週間は疲れが残った。

完璧なアクア○カである。

ada-1.jpg

兎に角、シンプルな水景を創りたくてアクアジャーナルに掲載されていた水槽を見学に行った。
当時約40本の水槽が展示されていたが石組でグロッソスティグマ、ヘアーグラスの単植のシンプル水景を主に見た。
この思いは現在も続いておりこんな水槽に紅白のビーシュリンプが居る水景を将来一度は創ってみたいと思っている。

ada-2.jpg

照明や水槽の位置の関係で映り込みの多い写真ばかりだが40本の水槽全てを撮ったので機会が有れば後日ご覧頂こうと思う。

ada-4.jpg

40本の水槽全てがとても綺麗で大変疲れたが満足な一日だった。
次回は1泊の予定で行こうと思っている(笑)

・・・・・Tank Data 25×25×30H  2連

10-13.jpg


(2009/10/13)

■Shrimp■

レッドビーシュリンプ (現在はパイロットで各20匹) 


■Aquarium tank■

アクアシステム 25cmオール硝子水槽  25×25×30H  2連


■Lighting■

トリオ コンパクトライト ルミノ 24W


■CO2 System■

無添加


■Filter■

テトラ オート パワーフィルター AX-30

ろ材  純正 AXウールS、AXブラックスポンジS、AXカーボンS、バイオグラスリング

底面フィルター  バイオフィルター30 (ニッソー)


■Air pump■

水心 SSPP―3S (水作)  


■Sand■

マスターソイル HG ブラック

アクアソイル・アマゾニア パウダー


■Water temperature meter■

クリスタル水温計 S (ジェックス)

オートヒーター ローブリッジ 節電 50  水温23度固定  (エヴァリス)


■Water plant■

ロタラsp.ヴァルデキラリス、ラージパールグラス、ウィローモス、アマゾンフログピット

浅間溶岩石 (小)


■立ち上げ■

2009/10/04

・・・・・君はどっちなんだ?

日曜日に水槽を移動したが翌日から足、腰、腕が痛くて辛かったが漸く
痛みも治まってきた。 翌日に痛みが出ると言う事は私もまだ若い(爆)

ADA30Cのモスラタイプ水槽へ入れているこの若エビだが異常に成長が遅い!



グレードは別として青黒いエビなので期待してこの水槽へ入れたが他の♂が舞っている時も参加せず一向に抱卵もせず、ただ餌を食べている。 「君は♂♀どっちなんだ」 ひょっとして君は オ○マ?

8-6-1.jpg

同じ親から生まれたほかの兄弟?、姉妹?は既に子孫を残しこの水槽へ入れた途端に抱卵。
立派ではないか~~~

8-6-2.jpg

上の親が繁殖水槽で生んだ稚エビは随分大きくなり茶っぽいがバンド柄以外にモスラタイプや日の丸柄などを残してくれている。

8-6-3.jpg

雌雄が判別出来るまではこのエビを『オ○マちゃん』と命名する!!!!!

・・・・・各水槽で抱卵続く

このブログのTOPの背景画像を4枚の写真をランダムに表示させる様にしました。
時々入換えてみようかと思ってます♪

5個の水槽で若エビが毎日の様に抱卵をしている。

8-5.jpg

一時期、脱皮の瞬間を数匹の♂に襲われて餌食になる♀が多かったのだが最近はその状況も少なくなり一安心と言った所。 稚エビも数多く見られこの先が楽しみだ。

5個の水槽を一列に並べた事でエビの移動がとても楽になった。 我家は湧き水を使用している上、ソイルなどもほぼ同じで水質も大差が無いので水合わせもせず直接移動させる荒業をしているが落ちるエビはこれまで無く順調。

8-5-2.jpg

昨日は炎天下の中を湧き水を汲みに行ったが流石に汗まみれになってしまった(笑)
湧き水汲みは通常は月に2回程度だが足し水が多量に必要な為最近は週1回出掛けている。

この湧き水は自宅から25K程の所に有るがお茶、コーヒーなどの飲用にも使っているがとても円やかで美味しい。 勿論汲む時に布やお茶用のフィルターを使い一応ろ過はしている。
この湧き水もAQUA JAPANさんで教えて頂きそれ以来通っているが今の所問題は無いので私の水槽には会っているのではないかと思っている。

これもAQUA JAPANさんに感謝!!!

・・・・・暑中お見舞い申し上げます

長かった梅雨も明けました。
・・・と言う事で

『暑中お見舞い申し上げます』

これから本格的な夏です。皆様お身体ご自愛下さい♪

8-4-1.jpg

ハワイの代表的な花 『プルメリア』  (Nikon D70)

・・・・・Bee shrimpコーナー

朝から所用で外出、車の外部温度は36度を指していた。
近畿地方は梅雨明けが宣言された。 朝から夏本番の空の色!
やっぱり夏はこうでなきゃ~~~

昨日は朝からダイニングにエビコーナーを作った。
市販のローボードとテレビ台を利用し極力シンプルになる様に、また地震を想定し安定の有る物を購入した。自分の部屋へ入れていた水槽2本をダイニングへ持って来て1ヶ所へまとめた。
エアコンで管理していたが夜は寒いので切っていたがそうすると温度が上がりファン全開に成り夜中に余りの音に目を覚まし安眠を妨害されていた。

8-3-3.jpg

これで昨晩は夜中に起きる事も無く安眠できた(笑)

L=1200 D=420 H=460の大きさで30cm×2台、35cm1台を乗せ両横に外部フィルター、背面へコンセント等の器具を設置し見える部分に余分な物を置かない様にした。
小物類は引き出しと硝子扉の中へ収納する事で必要以外の物は見せない様にした積もり。

8-3-5.jpg

こちら60cmのテレビ台へは30cmと20cmの水槽を乗せたが上段のオープン部分にコンセント類を持ってきた為、非常に見苦しいがこの位は仕方が無いと思い妥協。

8-3-11.jpg

リビング側から水槽コーナーを見る の図。
これでどうにか見て頂くに耐える図になったかと思っている! 専用の扇風機も設置し勿論フルタイムエアコン管理でエビは快適だろう!!!
これで管理面も1ヵ所で済ませる事が出来るので一石二鳥だ。 あとはグレードアップを期待して選別を頑張ってみようと思う。

・・・・・AQUA JAPAN産 ホシクサを植えた

8月に入ったが朝から南風が吹き何やら妖しげな空模様。
「ほんまにどうなってんの?」って感じだ!

昨日は久し振りにAQUA JAPANさんへお邪魔をし以前から植えてみたかったホシクサを3株購入してきた。 とても綺麗で状態の良い株をお店の水槽から直接抜いて頂き初心者の私に植え方までを丁寧に教えて頂けた。
これを二つの水槽へ早朝から教わった通り植えてみたが根が太くて大きくその上長いので意外に難しい。

8-1-2.jpg

株の大きさに比べ根が白く、大きく、太く、長い!!!  植え方を教わった時は簡単そうだったが実際に植えるとこの根の状態なので難しく何とか植えたがこれで根付いてくれれば良いのだが。

8-1-1.jpg

2株をADA30Cの前面へ植えたが緑色がとても綺麗だ! 

8-1-4.jpg

もう1株は現在殺風景な繁殖水槽の中央へ植えたが緑が映えてとても綺麗!

8-1-5.jpg

昨日は残り少なくなった専用フードと夏場はベランダ栽培が難しい無農薬冷凍ほうれん草も購入。
なんと言ってもこの専用フードの食付きは半端なく抜群だ。

8-1-3.jpg

今朝の専用フードへの食付き状況。 投入直後にエビ団子完成!

8-1.jpg

御店主のTAKA様と奥様には色々と教えて頂き本当に感謝している。 
その上こんな稚拙なブログにまでリンクをして頂き恐縮している。
ありがとうございます、今後とも宜しく御指導の程お願い致します!

AQUA JAPANさんのHPとブログ  色々な事を詳しく書かれておりとても参考になりますので是非一度御訪問下さい!
AQUA JAPAN HP     AQUA JAPAN BLOG

昨日は新しくお二人の方とリンクをさせて頂きました。
今後とも宜しくお願い致します。

癒し IYASHI  チューリップさん

BacakAlley 路地裏のレッドビー こうせいさん