AQUA-ROMAN (アクア浪漫)

写真で綴るレッドビーシュリンプ飼育備忘録
2009年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年12月
ARCHIVE ≫ 2009年12月
      
≪ 前月 |  2009年12月  | 翌月 ≫

・・・・・田植え完了

最近休日は水槽メンテに明け暮れる日が続いている。
昨日はキューバパールグラスの田植え、その他の水槽メンテで丸々一日費やす。


12-28-6.jpg

植栽を終えた最終景。


12-28-5.jpg

キューバをポットから取り出し分解作業をしたがこれが意外に時間が掛かる! 一気に植える様にパレットに並べ作業したが25cm水槽にほぼ1ポットを植えたので多少密集気味。 現在生体は入れていないので今日から秒2滴でCO2をガンガン添加しキューバパールグラスの絨毯を目指す。 ・・・が絨毯に成るかな?


12-28.jpg

このところダイニングの水槽ばかりメンテをしていたのでリビングの2本の水槽が水草が繁茂し酷い状態だったのでほぼ全ての水草を抜き植え替えた。 両水槽ともスッキリしエビがよく見えるようになった。


12-28-3.jpg

左のR-350水槽は生まれた茶エビを右の水槽へ入れているので白黒が多くなってきたがまだ全体的に茶黒エビに見える(涙)


12-28-4.jpg

茶黒エビを入れているTetra20水槽は水草の手入れをしていなかったのでエビも何も見えなかったが全て一度抜きカットした水草を差戻した。 この小さな水槽でもプラケース一杯分の水草を廃棄した。
よく見えるようになったエビはほとんど茶エビ! 最近は白黒がブームと聞いたが茶エビだったら良いのになぁ~

・・・・・真赤になった~~~

Merry Christmas

クリスマスなのでレッドビーシュリンプのツリーを計画したのですが残念ながら計画失敗に終わりました(汗)

タイトルの真赤になったのは立ち上げ後20日を迎えようとしている25cm D水槽のNO2とNO3が見事にまっかっか~~~になりました。


12-25-2.jpg

水質チェックどころか完全に致死に値する色です!!! パイロットで入れていたエビが毎日落ちだしたのでおかしいとは思っていたがここまでとは・・・ 申し訳ない事をした! 

一応チェック結果を! PHはこんなもんでしょう~ ついでにGHとKHもチェックしたがGH=4 KH=1 。
GHは前回が2だったので石の影響で2上昇した。 またまたこの赤が黄色になるまで毎日水変え予定。


12-25-1.jpg

立ち上げ後10ヶ月に成るのでそろそろリセットをと思っている水槽だがこのモスジャングルの中にいろんな大きさの稚エビがうじゃうじゃ居るうえ毎日の様に抱卵が有るので思い切れずにいる。


12-25.jpg

クリスマスなので紅白エビツリーは失敗したがモスジャングル水槽の紅白エビダンゴを!

・・・・・セット完了

Merry Christmas

クリスマスイブですが何の予定も無い。 最近はクリスマスケーキを食べる事も無くなった!


これまで床置きだった3本の水槽を水槽台が出来てきたのでセットし完了した。


12-24-1.jpg

午後から取り掛かり終了したのは夕方6時。 一旦水を抜き配線、エアー、新しく外部フィルター3本設置。
ブロアーを設置した事で今回は底面FとスポンジFで計画したが何処と無く納得できずやはり外部Fに変更した! 水槽台はL=1200×H=250×D=450を大工さんに依頼し塗装屋さんで白を吹き付けただけの簡単だが頑丈な専用台。


12-24-3.jpg

今朝は水草を植えたりスポンジを撤去したりで一部を残し漸く完了。


12-24-4.jpg

昨夜のセット完了の30キューブ水槽。
中央にブリクサ、その周りへモス付き溶岩石を5個、そしてラージパールグラスを底面パイプを隠す様に植えた。


12-24-5.jpg

今朝の25キューブ。
石を入れた水槽へは当初キューバパールグラスを単埴の予定だったが後景が寂しいのでAQUA JAPANさんのパールグラスとグリーンロタラを植えた。 石の周囲へはやはりエビ飼育目的なのでモス付き溶岩石を2個配置。前面へキューバパールグラスを植える予定。 ・・・だがまだポットのまま!!!


12-24-2.jpg

6畳のダイニングを占領したビーシュリンプコーナを恥かしながら公開。


12-24.jpg

先日購入した話題の餌2種類。
ADAシュリンプフードとエビサプリ。 新しい物が出ると思わず買ってしまう悪い癖!

・・・・・Good job!

水草に苔が着いたのでミナミヌマエビを入れていたが30匹でいい仕事をしてくれ綺麗になったのでビーシュリンプに総入れ替えを行った。


12-22-2.jpg

苔取り能力は余り期待していなかったが餌を与えず30匹のミナミに頑張ってもらった結果、期待以上の良い仕事をしてくれた。
そこで本来のビーシュリンプを投入したが緑の上でついばむ姿は綺麗に見える!


12-22-1.jpg

■25cm D 水槽 
お役目御免のミナミヌマエビは次の苔が着いた水槽へ移動。
この水槽にも水草に苔が着き始めたのでビーシュリンプに替り主役として仕事中。


12-22.jpg

■25cm B 水槽
一番窓側に設置している2本の25cm水槽は不思議と苔が着かず水草も順調に成長中。
はげ山状態だった溶岩石の南米モスも生え揃い綺麗な三角形を見せてくれている。

明日は休日、立ち上げ中の水槽に水草を植えて完成させる予定。

・・・・・光のルネッサンス

昨夜は久し振りに地下鉄に乗り大阪淀屋橋までジャズライブ&パーティに参加。

御堂筋の銀杏並木がライトアップされ色とりどりの光の並木が延々と続きとても綺麗。
『OSAKA 光のルネッサンス 2009』 が12日から25日まで開催されている。


12-19.jpg

御堂筋にはこんな車や


12-19-3.jpg


12-19-1.jpg

銀杏並木はこんな色とりどりに


12-19-2.jpg

他にも数箇所で特別のライティングがされておりとても綺麗でしたよ~


12-19-4.jpg

■今日のエビ
ミナミヌマエビ3匹抱卵! ここで孵化は困ります。。。即刻、他の水槽へ移動。

・・・・・コントレックス効果は?

8月22日、緊急に立ち上げた水槽だがその後コントレックスを入れ硬度を上げ色揚げを狙ったが効果の程は毎日見ているので解らない。


12-18-1.jpg

前回水質チェックした時は硬度15まで上がったのでその後は湧水とコントレックスを交互に足し水しているので多少硬度は下がっているのだろうがエビは普通に抱卵が有り稚エビも育っているがエビの総数は変わらない様な気がする。
ただ、水草の成長は極端に遅く手間が省けるがモスだけはゆっくりながら成長している。


12-18.jpg

設備は一番簡単な外掛けフィルターにサブストラット+エーハイムメックのろ材を入れただけだがこれでも充分な気がする。一時的に茶苔が着いたがそれも取れ水の状態は悪くは無いと思う。
これだけの安価な設備でもビーシュリンプを飼育するだけならば充分可能だと思う。

さて、これからは湧水の足し水で通常の状態に徐々に戻していこう~~~


・・・・・水草 ラージパールグラス

ラージパールグラス。
水草水槽を始めたころはいろんな水草を植えたが常に使っているお気に入りの水草。


12-17.jpg

この水草を植えることで水槽が明るくなり丈夫で成長も早い。
成長が早い事でトリミングに追われる。


12-17-1.jpg

今有る殆んどの水槽にこの草を使用している。


12-17-2.jpg

CO2を添加している水槽は勿論、添加しなくても多くの気泡が見られ綺麗。


12-17-3.jpg

この水草を植えることでビーシュリンプの紅白が一段と際立つ! 万能水草!

・・・・・ピン掛け 成功

ビーシュリンプの雌雄判断がいい加減な管理人がこれは間違いなかろうと思いサテライトへ入れたペアーが目出度くピン掛けに性交成功した。




水量0.7ℓの小さなサテライトの中に白黒?ペアーを入れて2日目! 今回は雌雄間違わずピン掛けに成功した。雌は今回で2回目の抱卵なので自信が有ったが雄はモスラタイプ3匹の中から選んだ雄なので自信の程は???だった!


12-16-1.jpg

今朝、サテライトを覗くと脱皮殻が有り卵の数は非常に少ないが間違いなく抱卵。
白黒?エビの中でも期待のエビなので孵化に期待している!
しかしこうして写真で見ると茶色にしか見えないが実際はもう少し黒い! 今回でサテライトによるピン掛け、雌雄判別とも自信が持てたので次回は黒い雌とのピン掛けに挑戦する。

・・・・・南米産ミズハコベ成長過程

南米産ミズハコベが順調に殖え30cm水槽の約半分を覆うまでになった。
そこで当初から現在までの成長過程を写真で残しておく!


12-15-4.jpg

8月20日、ADA30C水槽に仮植えしたミズハコベ。チャームから5本を購入した。
(水槽最前面の水草5本)


12-15-3.jpg

8月30日、現在の水槽へ移植。大き目の株をカットし本数を増やして植替え。


12-15-5.jpg

約半月後の9月14日の状態。当然目に見える成長は無く溶け出す株が有ったが何とか持ち直した。


12-15-6.jpg

10月19日。ホシクサに髭苔が付いたため他へ植替えミズハコベのみとした。約1ヶ月で塊が出来てきた。茶苔の付いた草はカットしている。


12-15-7.jpg

11月17日。ソイルへ肥料を埋め込んだことで成長のスイッチが入った様に思う。伸びてきた物をカットし差し戻しをしながら本数を増やし過剰なほど肥料を埋め込んだ。勿論CO2は秒1滴で8時間添加している。

12-15.jpg

今日現在の状態。 多少茶苔が付いたので苔取りのために現在はビーシュリンプに替りミナミヌマエビ30匹が頑張ってくれている。3ヵ月半で5本からここまで成長してくれた。緑の半絨毯化に成功。このあと1ヶ月もすれば前面まで伸びて絨毯に成るだろう!


12-15-2.jpg

大き目のものをカットし新しい水槽へも植えたが順調に成長している。


12-15-1.jpg

■今日のビーシュリンプ KOTOBUKI 30C ( I )

・・・・・失敗

3本目のKOTOBUKI 30C水槽の照明をいろいろ検討してエーハイム 3灯式ライト30+テクニカ レフクリアーランプ8W(3本)を購入したがどうやら失敗したようだ(涙)


12-14-3.jpg

ヴォルテス30Wは高さの関係で却下、テクニカが良いのだが今回はこれまでと違った照明を付けたかったのでこれにしたが若干暗い様に感じるうえデザインもちょっと・・・


12-14-2.jpg

2本の水槽を並べると水槽の大きさは違うが左のルミノDX24Wの方が明るく透明感がある様に思う。 これも暫く様子を見てみよう!


12-14-4.jpg

今朝は先日石を入れた水槽のPHと硬度をチェックした。
左が25C、右が石を入れた25D水槽。 両水槽ともPHが通常よりやや低い、硬度はどちらも2程度だった。
石水槽がこれからどの様に硬度が変化するか時折チェックする予定。



12-14-7.jpg

あまり更新をしていないTetra20C水槽だが水草が成長しジャングル状態! 左の白黒水槽から茶黒エビを入れているが何匹いるのか??? 調子は良さそうだがもう少し綺麗にしなければと思う(恥)


12-14-1.jpg

ビーシュリンプブログなので最後は紅白エビ山を!!!

・・・・・遊び

遊びで石を入れてみた。


12-12.jpg

12月6日に立ち上げた25水槽 (D)へ遊びで青龍石を入れてみたがたった3個の石だがレイアウトが難しくソイルが厚いため石が大きすぎる様に思う。その上スポンジと底面のパイプが何処と無く違和感が有る。   ・・・が所詮遊び!  こんな石の配置で水草を植えてみよう~~~
さて水草は何を植えようかな???

・・・・・綺麗な色=悪

11月22日立ち上げの25C水槽。
アンモニアをチェックしたがまたまた綺麗な色が出た。 ・・・と言う事は水の状態は悪い!


12-11.jpg

立ち上げ後約3週間なので一応チェックしたがもう少し時間が掛かりそう。


12-11-1.jpg

緑と茶色の苔が付いて水草にもうっすらと付いている。 
水槽正面の苔は取っているが3面はそのままの状態にしている。暫くこのままで放置!
中央にブリクサを植え周囲に南米ミズハコベ、底面Fのパイプが隠れるようにラージパールグラスを植え右奥へ溶岩石に巻き付けたウィローモスを配置。当初に比べると幾分成長している。
エビの餌食いは良くない(涙)


12-11-2.jpg

■25×25×30H B 水槽
この水槽では稚エビが数多く確認できるようになってきて抱卵固体も多いが殆んどのエビが水草の中に隠れている。グロッソは苔も消え始め順調。CO2を添加しているのでパールグラスの成長が早くモスボールを隠すようになってきた。多少カットが必要!


12-11-3.jpg

■25×25×30H A 水槽
エビの数が多く繁殖可能な大きさになってきたのでほぼ毎日舞が有り抱卵固体続出。水草は伸び放題の状態にしているが南米モスの成長が非常に遅い気がする。溶岩石に巻いたモスストーンを2個追加して入れてある。


12-11-4.jpg

■KOTOBUKI 30C (I)水槽
モスジャングル状態だがエビは未だに絶好調! 日々選別をしているので良い個体が出てくる事に期待。


12-11-5.jpg

■KOTOBUKI R-350水槽
最近放置気味だがエビは確実に殖え黒の濃い稚エビも徐々に殖えてきている。隣の水槽はジャングル状態でエビも茶黒主体で満杯状態になってきた。
2本の新しい水槽が立ち上がった時点でエビの配置換えをしなければと思っている。

・・・・・卵

現在のビーシュリンプに関しては特記すべき事が無い!

昨日、水槽を眺めていたら白い卵がガラス面に着いていた。 
この水槽にはエビ以外の固体はサザエ石巻貝しか入っていないのでこの卵は彼らの卵だろう。
調べてみるとどうやら汽水域でないと孵化しないとの事! 可愛そうだが撤去しかない。


12-10.jpg


ここ2,3日この様な日の出が見られる。 思わず手を合わせたくなる一瞬!(生駒山の日の出)

12-10-1.jpg

・・・・・新水槽2本立ち上げ&ブロア設置

30キューブ水槽、25×25×30水槽各1本を新しく立ち上げ先日購入したブロアを設置した。
6畳大のダイニングを完全に占拠。L型に8本の水槽になるが流石にこれ以上はいくら私でも増設は出来ない!
新規の水槽立ち上げはこれが最後だろう~~~


12-7-1.jpg

ブロアを設置した事で今回3本の水槽は底面とスポンジでどの様に推移するか試そうと思う。
底面フィルターは3本ともバイオフィルター30、25水槽のスポンジはNanoスポンジフィルター LS-20。30キューブ水槽へはTetraツインビリーフィルターを設置。
前回立ち上げの水槽はその後落ちるエビも無く順調になってきて緑の苔も付き始めた。


12-7.jpg

今回の2水槽。
まだ水槽台も無く床へ直置き状態で30キューブの照明はデスクスタンド(笑) 今話題のヴォルテス 30W ホワイトを着けようと思っているがテクニカのスポットも捨て難いので???
ソイルはこれまで通りマスターHGブラックとアマゾニアIパウダーの厚敷き。
どちらかの水槽へ青龍石を入れたいがどちらにするかは考え中! 多分石を『入れただけ~♪』になると思うがその場合はスポンジから外部フィルターへ替える事に成るだろう。


12-7-2.jpg

これまでビーシュリンプに関する書籍類は買った事は無いが今回は水草とエビがテーマのため参考に購入した。

・・・・・ブロアデビュー

水槽を増設したのでエアーポンプの数が多くなり少々音が気に成りブロアを購入。

12-4.jpg

現在ダイニングには既設6台、計画2台の計8台。 
次は底面FとスポンジFを試したいのでエアーポンプの数も相当な数になるので思い切って導入。
こうせいさんの勧めも有り安永電磁式エアーポンプ LP-30Aにした。 40Aも考えたがこれ以上の水槽増設は有り得ないのでこの辺で良かろうと思い購入。
さて、次はエアーを分岐する一方コックの取り付けをAQUA JAPANさんの記事を参考に自作する予定だが上手く出来るか否か!

・・・・・主役交代

最悪状態の水槽からビーシュリンプを抜きミナミヌマエビを30匹入れた。

紅白が消え淋しくなった水槽。


12-3-5.jpg

余りにも茶苔が付きエビの状態も悪いのでリセットしようと思ったが南米ミズハコベが順調に成長しているため茶ゴケの付いた水草を撤去、赤白のエビを全て抜きコケ対策に力は弱いがミナミヌマエビを入れ暫く様子を見てみる事にした。


12-3-3.jpg

約半数のエビを他の水槽へ入れ立ち上げ後10日経過のこの水槽へ30匹ほどを入れた。
水草はモス付き溶岩石とブリクサ、南米ミズハコベ、ラージパールグラスの4種類で現在は底面フィルターだけのろ過。立ち上げ当初から10匹のエビを入れていたが落ちる事無く経過したので入換えたが流石に今朝は2匹が落ちた(涙) 様子を見ながら更に落ちるようであれば他の水槽へ移動させる予定。


12-3-1.jpg

25cm水槽4本目と30キューブ4本目を立ち上げる予定だが今回はどちらかに石を入れた水槽を作ってみようと思う。石とキューバパール、石とショートヘアグラス、石とグロッソ、石とミズハコベなどの超シンプルな水景に挑戦予定。石を入れる事で硬度を上げ多少でもエビの濃さが加わればと期待しているが???


・・・・・各水槽の餌への寄り方比較

12月。
一年経つのが年々早く感じる年頃。

今朝はダイニングエビコーナーに有る6個の水槽の餌への寄り方を比較した写真を撮ってみた。エビが入っている水槽5個のうち KOTOBUKI 30C (2)だけが寄りが悪く今朝2匹のエビが落ちた(涙)
水槽の配置順に写真を並べてみた。


12-1.jpg

■期待の星が入っている水槽
綺麗な雄固体3匹にこれまた期待できる雌固体を20匹入れているハーレム水槽。
今日はケールの餌だが入れて直後の状態はいつもこんな具合だ。 
評価=


12-1-1.jpg

■バンド柄ばかり大小100匹ほどだと思うバンド水槽
稚エビ~若エビ~抱卵エビと様々だが一番餌の寄り付きが良く食欲も旺盛。
25cmなので何匹収容可能か解らないが選別して数を減らしながらバンド良固体を作る予定。 
評価=


12-1-2.jpg

■色濃いモスラ~日の丸~進入禁止などが入っている一番稚エビの生存率が高い水槽
選別をして相当数のエビを抜いたので数は随分少なくなったがここへ来て孵化ラッシュで稚エビがモスの中に無数に居るまだ絶好調水槽。
評価=


12-1-3.jpg

■隣の水槽から選別落ちしたエビを7~80匹?入れている水槽。
先日、稚エビが確認できたので良いのかと思ったがその後姿は見えず孵化、生存率共に非常に悪く前面硝子の苔の付き方も一番多く水草にも茶ゴケが付く状態。その上、今朝の2匹、先日も1匹と若エビが落ちている。当然どの餌に対しても寄り、食付きが悪く最悪の状態。他と比較するとこの水槽だけが外部フィルターだけのろ過なのでこれが原因か?
評価=最悪


12-1-4.jpg

■水槽は最高品、可愛そうだがエビは薄うす白抜けを入れた水槽。
時々舞があるが抱卵エビは皆無の男臭い水槽だが調子は良くどの餌への寄り付きも良く食欲旺盛。エビの数はまだまだ余裕なので選別落ちのエビを入れる予定。
評価=


12-1-5.jpg

■11月22日に立ち上げた25cm水槽
当然水は出来ていないが既にパイロットでスケスケエビが10匹入っている。
今回は底面FとスポンジFだけのろ過でどの様に推移するかを見る予定。 底床はマスターノーマルとアマゾニアパウダーの組み合わせ。
今朝は現在のエビを全て抜き最悪状態水槽から良固体を選んで入れた。(写真は入れる前)
評価=未定?