AQUA-ROMAN (アクア浪漫)

写真で綴るレッドビーシュリンプ飼育備忘録
2010年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2010年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年02月
ARCHIVE ≫ 2010年02月
      
≪ 前月 |  2010年02月  | 翌月 ≫

・・・・・入換えたが過密か?

リセット予定の水槽からこの水槽へ入換えたが多少過密気味か!


2-26.jpg

こちらに入っていたエビを先日立ち上げたADA 30Cへ移動させたのでリセット予定の水槽のエビをこちらへ入れたが聊か過密気味だ。 100匹以上の親固体を入れているがこの水槽では殆んどのエビが奥の方に隠れて出て来ない! 


2-26-3.jpg

抱卵している固体が多いのでやがてここも満杯になるだろうがリセット予定の水槽が立ち上がるまでここで辛抱願う事になる。


2-26-2.jpg

稚エビも移動させているがグロッソの中に隠れているので見えないが現状で合わせて200匹ほどが入っているはず! 25cm角水槽にはやはり過密だろう!!!
グロッソは前面ガラス面の折り重なった部分をトリミングしたが新芽を出しながら成長中。
■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・リセット準備

まだ2月だと言うのにここ2,3日は上着が要らない位の気温が続いている。

昨年2月22日に立ち上げ丁度1年経過した水槽をリセットする事にした。


2-25-2.jpg

左の水槽が今回リセットする水槽。 まだまだ抱卵固体も多く稚エビの生存率も高いのだが底床に藍藻が出てきて水が何処と無く臭うので思い切ってリセットする事にしたがジャングル状態だったモスを取り除き親エビを掬って移動させているがこれで2日間掬っているが稚エビの数が予想以上に居るので全てを移動させるのは1,2日掛かりそうだ。


2-25.jpg

写真に写っているエビも相当数居るが写らない様な生まれたばかりの稚エビが相当居るのでこれを掬うのが大変な作業になりそうだ。

2-25-1.jpg

数を数えるのは苦手なので数えていないが親固体だけで100匹は下らないと思う。 現在の12個の水槽の殆んどのエビがこの水槽で殖えたエビなので数百匹がこの水槽から出た事になる。
底面Fを外掛けFに直結し外掛けFは1年間一度も掃除をしていなかったので汚れが酷いが逆にその事が功を奏したのかもしれないと思う。

次に立ち上げる水槽も好調を維持できる水槽にしたいが出来るかな~~~???

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・青龍石を撤去した

青龍石を入れキューバパールグラスを植えていたこの水槽が今一つ調子があがらないので石を撤去した。


2-24.jpg

抱卵固体が数匹居たのに稚エビが育たず茶と緑の苔が異常に多かったので石を撤去し様子を見てみようと思う。


2-24-1.jpg

石を抜いたので広々としたが何か物足りなさを感じたのでお気に入りのミズハコベとオークロを追加して植えた。
肝心のキューバパールは僅かながら成長している。


2-24-2.jpg

撤去した青龍石は白黒水槽リセット時に再び使ってみようと思っている。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・新しく水槽立ち上げ

余り物の設備類を使って40cmの水槽を立ち上げた。

今回は自宅ではなく会社の自室の片隅。 ビーシュリンプは選別で漏れたエビばかりを50匹。


2-23.jpg

以前、熱帯魚を飼っていた時に使っていたTetra40cm水槽に底面Fと外掛けFを使い照明はちょっと暗いがこれも余り物のTetra13W。
ソイルはマスターソイル HG ブラック、マスターソイル パウダーで底に軽石を敷いた。 水も湧水ではなく水道水をカルキ抜きした水を使用している。


2-23-1.jpg

水草はこれも余り物を5種類、水槽奥と横へ植えソイル部分が多くなる配置にした。


2-23-2.jpg

エビはバンドからモスラのスケスケのちょっと上レベル(笑)を50匹入れた。 立ち上げ当日(20日)に投入したが流石に今朝までに3匹が落ちたが他は元気で餌食いも良好! 抱卵固体を3匹入れているのでやがて稚エビの姿も見れるだろう!!!

この様に殖えたエビをお客様や知人に差し上げているが皆さんが大変喜ばれているので今回は実物をご覧頂く為に(?)会社へ水槽設置しお持ち帰り頂く事にした。

選別で漏れたエビの行き場にも成り一石二鳥!!!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・稚エビ確認  KOTOBUKI 30C 2

1月29日に立ち上げ現在モスラを入れている水槽で今朝、稚エビが確認できた!


2-19-3.jpg

ガラス面にうっすら緑の苔が着き入れているエビも一匹も落ちず順調だったので抱卵固体を入れていたが順調に立ち上がった様だ。 初めての底面FとスポンジFでのろ過なのでなんとなく嬉しい。


2-19.jpg

稚エビはパイロットで入れた日の丸固体から産まれたと思うがバンド柄の稚エビがモスの中に数匹確認できた。 ここで稚エビの生存率が良くなってくれると良いのだが第一段階はクリアーした。


2-19-2.jpg


隣の水槽からモスラを4,50匹は入れたと思うが抱卵固体が10匹ぐらいは居ると思うのでこれから先が楽しみだ。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・雑居水槽 大爆埴中

赤、白、黒、茶など 『ごちゃ混ぜ』 状態の水槽が絶好調で大爆埴中!!!


2-18-2.jpg

この水槽の更新をする度に書いているが水量12ℓで安価な設備のうえ手抜きで水換えは一度も無く足し水のみで外掛けFに至ってはこれも一度も洗っていないが本当に苔も出ず絶好調で大爆埴中。


2-18-3.jpg

水槽の何処を見ても稚エビがうじゃうじゃと居り小さなエビが左右に泳ぎ回る。 写真では見えないがどの水草にも孵化したばかりのエビが沢山居てほんまにどうなっているの?と思う。 この調子ならばまだまだ行けそうだ!


2-18-1.jpg

白エビが入っているのでこの水槽で産まれたエビは漏れ水槽へ入れようと思っているが何故か綺麗なエビが出て来ている?  ここの親エビは他の水槽と比べ無茶苦茶元気で水槽中を暴れ回る状態!  この水槽を見る度に全てのエビを抜きここへ殖やしたいエビを入れたい衝動に駆られるが掬う事を考えると・・・・・  何処まで行けるかもう少し様子を見てみる。







2-18.jpg

他の水槽の若エビだが顔の表情が可愛く感じたので撮ってみた。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・十えび十色

今朝は大阪北部を震源とする震度3の地震が有った。
吹田市は震度1だそうだが我家では震度2~3位の揺れがあった! 
咄嗟に水槽を見たが異常はなかった。

人の場合は十人十色と言うがエビもそれぞれの柄があり面白い。


2-16.jpg

そんな中このエビは姉妹、いや兄弟か? だと思うがとてもよく似ている。


2-16-1.jpg

柄だけでもモスラ、日の丸、タイガー、バンド、足も赤足、白足、麻呂の有無、大小・・・


2-16-2.jpg

いろいろな柄や色のエビが誕生してきて私を楽しませてくれている。
数は随分増えてきたのでこれからはグレードアップを狙ってみたいと思う!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・立ち上げから一週間  水質チェック

夜中のオリンピック放送を観ているので聊か寝不足気味の今日この頃。

ADA30C水槽が立ち上げ後一週間経過したので水質をチェックしてみた。


2-15.jpg

透けたパイロットエビを12,3匹入れているがこれまで全て元気だ。 フログピットの根が多少茶色くなっている。 流木に巻き付けたジャイアント南米モス、竹炭ドームのバブルモスは多少成長している様子。 昨日は南米モスを巻いた竹炭ドームを追加で入れた。


2-15-4.jpg

水質チェックの結果はPH=5,6 NO2,NO3共に問題無し。 アンモニアが綺麗な緑色。 もう暫く掛かりそうだ!


2-15-1.jpg

隣の3週間以上経過している水槽へは緑色の薄い苔が着き始めた。 ウィローモスは順調に成長中。 モスラタイプのエビは全て元気。 稚エビの生存率が良くなってくれれば良いのだが!
 

2-15-3.jpg

バンドが多い水槽は一番元気で食欲も旺盛。


2-15-5.jpg

最近はこんなタイプのエビがお気に入り! 

さて、今週も頑張ろう~~~

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・キューバパールグラス石水槽  その後

今日から冬季オリンピックが始まり現在開会式を放送中。
17日間、楽しみな競技が目白押し! 睡眠不足の半月が始まる。

キューバパールグラスを植えた石水槽のその後の状態。


2-13-1.jpg

当初は苔が着き見苦しい時期があったがどうにか小さな新芽を付けながら根付き始めた模様で当初の明るい緑から濃い緑に変わってきた。 まだ絨毯には遠いがその内絨毯に成ってくれるだろう。


12-28-5.jpg

12月27日 植えた直後状態。


2-13.jpg

白が濃いモスラを入れた水槽の一部にもキューバを植えたが同じ様に僅かに成長している。





2-13-2.jpg

絶好調水槽からモスラを3,40匹抜いたので日の丸と進入禁止が目立つ様になった。


2-13-3.jpg

モスラを入れたのは1月29日に立ち上げた隣の水槽。
パイロットは1匹も落ちなかったので入れたが全て元気で餌への寄り付きも問題無い。

最近立ち上げた水槽全てが順調に推移している!



■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・小型水槽立ち上げ&リセット

先延ばしになっていた小型水槽を1本立ち上げ薄い茶黒エビ水槽をリセットした。


2-12_20100212130426.jpg

リビングのコーナーを利用して設置した3本の水槽。 中央が新水槽。
スペースの関係上、今回は縦配置とした。


2-12-1.jpg

315×185×244 12ℓの小さな水槽へ手持ちの水草7種類をストック用に単に植えただけ。
緊急のエビ水槽としても使える様にマスター、アマパウの何時もの組み合わせで底面ろ過とした。 植栽直後なので濁っているが濾過が不足する様ならば外部フィルターを追加予定。


2-12-3.jpg

リセットした水槽は水草が繁茂しジャングル状態の薄い茶黒エビ水槽。
隣の水槽から漏れたエビを入れていたが約50匹になっていた! このエビ達は先日立ち上げた水槽へ移動。


2-12-2.jpg

今回この水槽へはお気に入りの南米産ミズハコベを植え緑の絨毯を楽しむ事にする。
写真を撮った後ミナミヌマエビをこの水槽へ入れたが全て元気だ!


2-12-4.jpg

薄い茶黒エビはこの水槽へ移動させたが12ℓの水槽に100匹入れていたがパイロットで10匹を抜いたので約90匹、そこへ50匹追加したので大変な事になっているが現在まで落ちるエビは無いので大丈夫。 ・・・かな?
■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・南米産ミズハコベ爆殖中

昨日に続き水草の記事だが今日はミズハコベの現状。
この南米産ミズハコベはチャームで5本を購入し殖えた物で現在は二代目の水槽になる。


2-10-6.jpg

昨年12月のこの水槽を立ち上げ直後の状況。 ブリクサを中心にラージパールグラスと南米産ミズハコベ、それにモスボールを入れてミズハコベの絨毯化を狙った。 20本程を植え薄く成長してミズハコベの絨毯の中にブリクサが1本ある水景を目指した。


2-10-1.jpg

そして現在の状況! 水景は完全に失敗したがミズハコベは大爆埴している。 ブリクサの成長が遅くミズハコベの成長が早過ぎるので幾重にも重なり絨毯と言うよりは単なる草むらの状態。緑の絨毯の上を紅白のエビが・・・を目指したがエビは後方の僅かなソイル部分に重なるように居る事が多い。 ここへは濃い色の進入禁止柄を入れているが数が少ないのかなかなか出てきてくれない。


2-10-4.jpg

底の部分は既に黄色くなり不味い状況にある。 日頃は液肥を入れるだけでCO2の添加もしていないがこの水草は本当に成長が早く手を抜くとこの状態になってしまう見本のような水槽!
チャームの販売ページに依ると定期的に間引けと書いてあるがそこまでこまめには管理できないので植替えが必要かと思う。

非常に綺麗な水草なので今後はミズハコベの単埴水槽を計画中!
■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・グロッソ増殖

エビも好調だがグロッソスティグマが増殖中の水槽。


10-23-2_20100209170505.jpg

去年の10月23日更新時の植えたばかりのグロッソの状態。


2-9.jpg

現在の状態。 グロッソが望み通り絨毯のように生え揃ってきた。 当初は髭苔が出たがその後は見なくなり立ち上がる事も無く順調と言えるだろう。
他の水草は全て順調すぎるぐらい成長しパールグラスは水槽が暗くなるので撤去した。


2-9-2.jpg

前面ガラスの部分は幾重にもなる状態なので今週はばっさりカット予定。


2-9-1.jpg

グロッソが重なり合った所は稚エビの絶好の隠れ家になっているがここまでになるとちょっと不味いだろう!


2-9-3.jpg

最奥部まで領域を広げつつ匍匐前進を続けている。


2-9-4.jpg

グロッソ水槽のエビは照明点灯と同時に隠れてしまうのでエビ写真が撮り難い。
なので今日のエビは絶好調水槽のエビ写真!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・ADA 30C リセット

このところの休日はアクア三昧である。
2月2日から空の状態だったADA 30C水槽(右端)を昨日、漸く立ち上げた。 


2-8.jpg

前回とほぼ同じ方法で違うのはスポンジFメーカー、モス種類、ソイル厚み、それに今回はどこと無く調子が良さそうなのでエアレーションを追加した。 今朝の30キューブ3連荘。


2-8-1.jpg

スポンジFは購入後使っていなかったNanoスポンジフィルター LS-20、流木に今回は初めてジャイアント南米モス、竹炭ドームには気泡が良く付くというバブルモスを巻き付けた。


2-8-3.jpg

ソイルは前回の余り物のアマゾニア、パウダーを使ったが厚みが幾分増した。 
ガラスの色とシリコンがこうして見ると随分違いADAはやっぱり綺麗だ。


2-8-4.jpg

毎回立ち上げ時に底床に使っている軽石の名は『かる~い鉢底石』。 理由はこれを使っている水槽は調子が良く稚エビ生存率が良いからと言う単純な理由。





2-8-5.jpg

土曜日の午後、久し振りにエビを購入した。 商用の帰り道、阪神高速を関空方面へ飛ばしローキーズへ行ってきた。 何やらエビの数が物凄く多くてどのエビが良いのかさっぱり判らず「白くて殻の厚いのを3匹」指定で掬ってもらった。





2-8-6.jpg

我家の白の濃い水槽。
若エビと稚エビだが今朝は1匹抱卵を確認した。  中央の殻の厚そうなエビ位ならば良いのだが他は肌理が粗い(涙)
さぁ~今週も頑張ろう!!!
■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・立ち上げ一週間経過の水槽

暦の上では春だが今朝の大阪吹田市は粉雪が舞っていた。

立ち上げ後一週間が経過した水槽の水質をチェックしてみた!


2-6.jpg

既にスケスケエビを5匹と大和ヌマエビ4匹、白メダカ5匹を入れているがどれも落ちる事無くまた目立った苔も出ず順調に感じる。 フログピットの根も茶色くならずガラス面にも苔は無い。 立ち上げ時は水道水だがその後毎日2ℓの湧水を喚水している。


2-6-1.jpg

水質チェックの結果はPH=5.6 NO2,NO3共にほぼ0の値。 これまでの水槽はPHが概ね6.0以上だがソイルの関係なのか低い値で推移している。


2-6-2.jpg

スケスケの抱卵エビを入れていたが卵の数が少なくなっている。 脱卵か? 卵の色が薄かったので孵化寸前だと思うが稚エビが生まれていれば良いのだが・・・  もう少し様子を見て問題が無い様ならば本命を入れようと思っている。



2-3_20100206102903.jpg

白の濃い若エビと稚エビ水槽は随分成長し大きくなってきたのでこれからに期待。


2-6-3.jpg

こちらはスケスケエビばかりの水槽だが順調でスケスケエビ団子が完成!


フラグカウンターを設置して初めて外国からのお客様がお見えになったようだ。
アメリカの国旗が増えちょっと賑やかになった(笑) 多分日本だけだと思っていたのでなんとなく嬉しい気分!


■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・抱卵固体続出

茶黒エビ水槽は抱卵固体が続出している。


2-5-1.jpg

この水槽も毎日のように舞が有り抱卵固体が続出しているがやはり茶黒エビが多い(涙)
中には黒いエビも居るがこうして写真で見ると余計に茶色く見える! 
黒エビまでにはまだまだ先が長そうだ。


2-5.jpg

期待のモスラ柄の黒エビ。 殻の厚いレッドビーと掛け合わせたが見事に抱卵したのでどんな稚エビが生まれてくるか楽しみだ。

サイドバーへフラグカウンターを付けたがこのブログは当然ながら今日現在は日本の方にしかご覧頂いていない様だ。 何処の国の方がご覧頂けるか楽しみだが多分日本だけだろう~(笑)

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・Tank Data 315×185×244 (A)tank

新年1月5日に立ち上げた小型水槽のタンクデーターを記しておく事にする。


2-4 tankdata


■Shrimp■

レッドビーシュリンプ  約100匹   (サザエ石巻貝 1匹)


■Aquarium tank■

スイミータンク フラット

315x185x244mm  約12リットル


■Lighting■

アクシーファイン 13W


■CO2 System■

無添加


■Filter■

テトラ オート ワンタッチフィルター AT-20

ろ材  ウレタンサイコロ 0.5ℓ

底面フィルター  バイオフィルター30 (ニッソー)


■Air pump■

水心 SSPP―3S (水作)  底面 & エアーに分岐


■Sand■

マスターソイル HG ブラック

マスターソイル パウダー


■Water temperature meter■

オートヒーター ローブリッジ 節電 50  水温23度固定  (エヴァリス)


■Water plant■

ミクロソリウム (小)石付き×3  アヌビアス ナナ  アマゾンフログピット

モスSP(国産) 流木付き


■Water tank start-up■

2010/01/05 

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・リセット準備

昨年6月14日に立ち上げたADA 30Cだが稚エビが全く育たないのでリセットする事にした。


2-3.jpg

早朝から水草を抜き器具類を外しエビを掬ったが水草、器具類共に黒髭苔が着き何処と無く異臭がした。器具類はハイター漬けの後、木酢液に漬け消毒。水槽は日曜日まではこの状態で放置予定。


2-3-1.jpg

ここへはブリクサやモス巻き流木、パールグラス等の水草を入れていたが全てに黒髭苔が着いていたので廃棄処分!


2-3-2.jpg

掬ったエビを1月5に立ち上げた水槽へ移動。薄いスケスケばかりだが約100匹、その内抱卵固体が5匹居た。しかし稚エビはたったの2匹! やはり抱卵はするが稚エビが全然育っていなかった。 何が原因か???


2-3-3.jpg

水量12ℓの水槽に100匹は過密だと思うが暫くの間はここで待機させる事にした。
しかし・・・何と賑やかな事か!


■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・水草栄養剤

水草へのカリウム添加栄養剤を作った。
これまではADAのブライティKを使っていたが通販で購入不可の為
アクアマインドラボラトリーさんの水草栄養剤 炭酸カリウム粉末を購入し作ってみた。


2-12.jpg

完成の図。 
作った溶液をブライティKの容器に入れaquamind laboratoryさんのラベルを貼り完成。


2-2-4_20100202101837.jpg

炭酸カリウム剤 250g 純度99.5% 600円 この粉末で10%の溶液を作るだけの簡単作業。


2-2-3.jpg

カルキ抜きをした水道水でも良いとの事だが今回は精製水250mlを使用した。


2-2-2.jpg

今回の為にキッチンスケールを購入したが300円成り! これで25gを計り後は250mlの精製水に入れて混ぜるだけの簡単作業。


2-2-1.jpg

これでブライティK10本分は作れるので3年ぐらいは使える計算に成り安上がり♪


■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・日曜日はアクア三昧

1月最後の日曜日、天気予報では曇りのち雨との事。
晴れであれば久し振りにドライブに行く予定だったが雨の為アクア三昧に変更。
12本全ての水槽のメンテナンスをした。 朝から始め終わったのは夕方6時!
流石に疲れ夕食のビールを飲み夜8時にはベッドへ ・・・アクア三昧も疲れるが楽しい!


2-1.jpg

先ずは30キューブ3連荘、通常の足し水などの他中央水槽の喚水とモスドームと流木を入れ生体はヤマトヌマエビ4匹、白メダカ5匹、スケスケのビーシュリンプ5匹、苔取りのサザエ石巻貝3匹を入れたが今朝は全て元気。


2-1-1.jpg

このコーナーでは右側2本の水槽の茶苔と緑の苔を落としフィルターの掃除、底面パイプの掃除、ヒーター等の器具の掃除、水草トリミングをした。 石水槽の石も一度取り出し苔を落としたので随分綺麗になった。左の水槽はガラス3面に緑の苔が着いているが現在調子が良く稚エビも沢山出てきているのでそのままとした。


2-1-2.jpg

20キューブ連荘コーナー。 ここは両水槽共に絶好調だがやはり器具類に茶苔が着いていたので左の水槽だけフィルター、パイプ、器具を取り出し掃除をしたが右と比べ随分綺麗になった。水草も成長が早く週1回はトリミングしている。


2-1-3.jpg

リビングの2水槽。 左の水槽が他と同じく茶、緑の苔まみれだったので全ての器具類の掃除とガラス面の苔落しと水草トリミング。ガラス面の苔はプロレイザーで落としているがこの水槽は前面がRなのでその部分は落とせずそのままの状態。


2-1-4.jpg

この水槽だけは苔も着かず絶好調! 毎日の足し水だけが日課の非常に楽な水槽。 水草もそれなりの成長度合いなので月に1回程度のトリミングで充分。


2-1-5.jpg

この水槽も苔も着かず足し水のみ! 抱卵ミナミが居るので孵化する前に移動予定。 さてどのエビを入れようか思案中。


2-1-6.jpg

一日でこれだけの水槽メンテをすると本当に疲れるがこんなエビ団子を見ると甲斐がある。
本当に楽しいアクア三昧の休日だった♪

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)