AQUA-ROMAN (アクア浪漫)

写真で綴るレッドビーシュリンプ飼育備忘録
2010年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年03月
ARCHIVE ≫ 2010年03月
      
≪ 前月 |  2010年03月  | 翌月 ≫

・・・・・ADA 30C水槽の稚エビ

昨日は満月だったらしくどの水槽でも舞が見られた。

水草が竹炭ドームに巻き付けたモスのみの超シンプルな ADA 30C水槽。

この水槽の稚エビの状況を撮ってみた。


3-31.jpg

見ての通り水草はモスとフログピットのみ! これまでは水草の多い水槽が多かったので産まれた直後の稚エビが水草にしがみ付いている光景はよく目にしたが、この水槽では水草にも付いているがソイル上やスポンジ等の器具類に付いている事が多いようだ。


3-31-1.jpg

これぐらいの大きさの稚エビが多いがソイルの上をちょこちょこ歩く姿は見ていて本当に可愛い! 親に蹴飛ばされながらも一生懸命生きている。


3-31-2.jpg

色んな柄のエビを入れているので稚エビも当然色々な柄が見られる。


3-31-3.jpg

底面フィルターのパイプやスポンジフィルターのパイプ、勿論スポンジにも沢山の稚エビが見られる。 こんな小さなエビでも水槽を縦横に泳ぐがそんな姿が愛らしい。
孵化直後のまだ色が出ていない稚エビは竹炭ドーム内の壁に付いている。 モスがもう少し成長すれば絶好の隠れ家になるのだが・・・  もう暫く辛抱していただこう!!!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・ADA 30C水槽のエビ達

昨晩は大阪でも粉雪が舞っていた。 
この寒さも今日までらしいが今年の桜はこんな影響で一気に満開とはならないかも・・・

お気に入りのエビを集めてハーレムにしている水槽の雌エビ達を撮ってみた。


3-30-3.jpg

中央の日の丸だがどのエビよりも大きく足も赤が乗って現在抱卵中だがお腹周りはパンパン!


3-30-6.jpg

モスラからバンドまでいろいろな柄のエビを入れているが白の濃い殻の厚い個体を選んで入れている。


3-30-1.jpg

バンドの中から大きく殻の厚い個体を選んでいる。 ・・・と言ってもこの程度だが!


3-30.jpg

今朝は脱皮殻が有ったがこのエビがこんな所に隠れて抱卵のようだ! がんばれ~~~

この水槽へ一番のお気に入りを入れているが3回の抱卵全てが脱卵! 
完全に癖になっているようだ(涙)

綺麗な雄固体を3匹入れてあるが忙しいらしく写真を撮らせてもらえない!
次回は彼等を狙って撮ってみよう!!!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・各水槽の現況

水槽の照明はタイマーを使い朝5時30分から8時間点灯しているが昨日は部屋の照明を点ける前にリビングダイニングの各水槽の現況を撮ってみた。 これだけの照明が点くと部屋の照明が要らないくらい明るい!


3-29.jpg

左から KOTOBUKI 30C 1  ここへは日の丸、 KOTOBUKI 30C 2 へはモスラ、 ADA 30C 各タイプの濃い雌を入れハーレム状態の水槽。 3本の水槽とも好調で稚エビが沢山生まれてきている。


3-29-4.jpg

その中からADA30Cのケールを入れた状態。 モスラ、日の丸、タイガー、バンドの濃い色の雌を入れている。


3-29-5.jpg

孵化して間もない稚エビがモスやソイルの上に沢山出てきて楽しませてくれている。








3-29-1.jpg

左から 25×25×30H C 南米ミズハコベジャングルでここは色の濃い日の丸で絶好調、 25×25×30H D キューバパールを植えて調子の悪い水槽、 KOTOBUKI 30C 3 白の濃いモスラばかりを入れているが絶好調。


3-29-7.jpg

調子の悪い25×25×30H Dへ昨日はごちゃ混ぜ水槽から茶黒エビを5,60匹入れたが不思議にキューバに集まり苔を食べたのか今朝はキューバもオークロも綺麗になっていた??? リセット予定だったが暫く様子を見てみる。









3-29-2.jpg

左から 25×25×30H B リセット後1週間経過したが順調な様子。 25×25×30H A バンド水槽だがこの水槽は超絶好調。









3-29-3.jpg

リビングのコーナーに置いている3水槽。 左から Tetra20C ミズハコベを植えてミナミヌマエビを入れているが吸着系ソイルのためかミズハコべの成長が悪い。 KOTOBUKI R-350 2度目の戦力補強をして現在黒白10匹(抱卵4匹)と殻の厚いレッドビー5匹を入れているがこれからに期待。 右は水草ストック水槽でこれまでは大和と白メダカだけだったが昨日ごちゃ混ぜ水槽からレッドビーを30匹ほど入れた。


3-29-6.jpg

黒白水槽へ入れたレッドビー5匹のうち2匹が抱卵したがこのエビを何処へ入れるか思案中。 戦力補強した8匹のエビは全て元気。

満開が遅れている桜も週末には見頃になるだろう~~~

今週も頑張ろう!!!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・エビのレベルを上げるには?

このごろタイトルの様にエビのレベルを上げるには如何したら良いのかと考える。


3-26-4.jpg

飼育当初は通販で購入したバンドからスタートし本格的に拘りだして1年が過ぎようとしているが最近ではモスラや日の丸、色も白の濃いエビや足に色の乗ったエビも出てくる様になったが皆さんのブログ等にアップされているエビを観ると愕然とする事が多い。


3-26.jpg

今は数を増やす時期と思い試行錯誤しながらの毎日だがあのレベルまで達するにはこの先何年ぐらい掛かるのか・・・・・  レベルの高いエビを購入、飼育をするのが近道だろうがそれでは面白くない! 趣味の範疇なのでそこまで拘る必要は無いがやはり一歩でも前進したい!


3-26-2.jpg

今居るエビを選別して綺麗なエビを創る以外は無いのか??? 赤、白、黒色の濃い、もっこりと殻の厚いそんなエビが出てくる事を夢見ながら・・・・・ しかし難しい!!!   
・・・・・が、がんばるぞっと!

 
3-26-3.jpg

抱卵エビを移動した際、網の中で脱卵した卵を産卵箱に入れていたが孵化した模様! 今は一個の卵も無駄には出来ないので目出度い事だ。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・恒例の水質チェック

3月7日にリセットした黒白水槽の水質チェックをした。


3-25.jpg

流木のモスとフログピットの根が多少茶ゴケ、ガラス面に緑の苔が着いて来たがエビは全て元気な状態。


3-25-1.jpg

問題は無いと思ったが念のため水質をチェック!

PH=5.4~5.6 NO2 NO3 共に問題は無い! GH=ほぼ0の結果が出たがPHが思ったより低い。








現在絶好調の南米ミズハコベ水槽。

3-25-2.jpg

水槽全面ミズハコベに覆われオークロも前面ガラスまで勢力を拡大しソイル部分が一切見えない状態になってきた。
水槽奥の一部水草の無い所へ餌を入れた直後なのでエビが見えないが白の濃い日の丸が相当数いる! 稚エビもミズハコベの上や根の部分にうじゃうじゃ居るので何匹入っているのか???


3-25-3.jpg

根の部分が相当見えてきたので全体が浮き上がるのは時間の問題だろうがこうなってしまったら手の付け様が無い! ミズハコベの小さな葉や茎、根の部分が稚エビの絶好の隠れ家に成り他の水槽より生存率が良い様に思う。


3-25-4.jpg

隣に有るキューバパール水槽は絶不調! 黒髭苔や茶苔が全体に着きソイルの中は藍藻が出てきている。 数点の思い当たる手を尽くしたので幾分調子を戻したかに思えたがやはり駄目なようなのでリセット予定。








・・・・・エビはと言うと

3-25-5.jpg

これは抱卵しているが卵が見えないくらいになってきた。 こんなエビが多く出てくる様になった!


3-25-7.jpg

これも抱卵エビで超派手な柄だが殻も厚く足も白が乗っているので期待大!

さぁ~ これからも頑張ろう~~~~~

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・またまたリセット

グロッソをトリミングの後、調子を崩した水槽をリセットした。
髭苔で覆われたためグロッソをめくってリセットしたが密に生えていたので一ヶ所をめくると一枚のグロッソ絨毯が出来ていた。 ちょっと勿体無い気もしたが思い切って廃棄処分した。


3-23.jpg

何時ものソイルの組み合わせで今回もやや薄めに敷いた。
今回は外部フィルターを使わず他の水槽で調子が良い底面FとスポンジFにエアレーションのみの簡単仕様。 水草は60㎝水槽を立ち上げる予定だったのでミクロソリウム・セミナローとブテロブスを買いアヌビアス・ナナを仮に入れている。 ここへどんな水草を植えるか検討中だが多分モスのみの水槽になるだろう!


3-23-1.jpg

3月21日に立ち上げてその日にパイロット10匹入れたが問題なく全て元気! 水も濁りも出ず順調に感じる。 一応調子の良い水槽のスポンジを揉み洗いをしておいた。


3-23-2.jpg

この水槽で使っていたツインビリーフィルターをそのまま使ったのでこの水槽へはろ過アップの為ツインブリラントフィルターをセットした。


3-23-3.jpg

この水槽へもマメウッドストーンを入れエアレーションをしているが本当に細かい気泡が出て水槽全体に酸素が行渡っている様に感じる。

60㎝水槽を立ち上げたいが調子の悪い水槽のリセットを優先しているので当分先になりそうだ。








一昨日は黄砂の影響が有ったので出掛けなかったが昨日は青空が見えたのでカメラを持って出掛けた。

sakura2.jpg

千里の街中に咲くピンク色の桜を撮ったが 『彼岸桜』 と書かれていた。 その名の通りお彼岸に満開を迎えていた。
ほぼ満開に成り沢山の蜜蜂達が一生懸命に蜜を吸っていた!


higansakura1.jpg

この桜は満開だが同じ所に咲くソメイヨシノは一本の木に数輪咲く咲き始め状態なので今週末ごろが見頃かな・・・

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・桜咲く

今年の大阪の桜開花予想は22日だが毎年一足早く咲く桜がある。

桜の名前は解らないがピンク色の綺麗な花!  たぶん桜だろう?


3-19 sakura-1

(Nikon D70 TAMRON 90mm MACRO)









どの水槽も春を迎えたようで抱卵が相次いでいる。


3-20-4.jpg

昨日黒白水槽へ入れていたレッドビーが見事に抱卵。 
この水槽で抱卵したエビばかりを集めた水槽を作る予定だがどんなエビが生まれるか楽しみ。


3-20-3.jpg

ここは若エビが多いので卵の数は少ないが多くのエビが抱卵中。


3-20-1.jpg

お腹周りがぽってりとした雌が多く抱卵が相次いでいる。

水槽は桜よりも一足早く春爛漫!!!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・黒白水槽 戦力補強

茶黒としか言えなかった水槽に黒白エビを4匹、戦力補強の為追加した。


3-19-8.jpg

パイロットで入れていた生体を全て抜き黒の濃いエビを戻すと共に新しく4匹の黒白エビを購入し黒白水槽と呼べる水槽を作るためバンドからモスラのエビを追加した。


3-19-2.jpg

黒白共に濃いバンド。 期待の固体!


3-19_20100319102557.jpg

日の丸の○の形が悪く片麻呂だが黒白共に濃い固体。


3-19-5.jpg

日の丸からもう直ぐモスラのような模様。 実際は写真より黒が濃い固体。


3-19-1.jpg

大きな麻呂が有りほぼモスラ固体。 足は白いが・・・

この4匹に加え既存の黒白エビで頑張ってもらおう~~~

この水槽にも漸く緑の苔が着き出したのでこれを落とさず黒白繁殖水槽として維持予定。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・日の丸水槽

日の丸を入れている水槽が2本有るがただ単に柄だけで分けている。
殖えてきた段階で良い個体を残す振り分けをしようと思う。


3-18.jpg

一時期の数激減から漸く復活し稚エビも見え安定してきたのでこれから数を増やし良い個体だけに限定して入れたい。


3-18-2.jpg

同じ日の丸でもこちらは白の濃い固体が多いが現在爆埴中なので期待度が大きい水槽。
稚エビの中にはバンドなども居るので移動させたいがなにしろミズハコベジャングルなので出てくるのを待たなければならない! 

ここ2,3日でブリクサが完全にミズハコベに飲み込まれて見えなくなってしまった。







お気に入りの MAME WOOD-STONE

3-18-3.jpg

殆んどの水槽にエアレーションをしているがエアーストーンの中でお気に入りは右の水槽の木製のマメウッドストーン! 左のセラミック製と比べると明らかに細かい泡が出て「酸素が供給されているな~」と感じる。 デメリットは耐久性! 以前の水草水槽のときも使っていたが2,3ヶ月で泡の出方が悪くなる事。
メーカーの説明に依れば一度乾燥させるか泡の出る面を削る事で解消される様だが価格は350円程度で販売されているので私は所詮消耗品と考えている。
■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・ほうれん草な日

今朝は各水槽へほうれん草を入れた。 
餌はいろいろな餌をローテーションで入れているがほうれん草とスクランブルへの寄りが一番か!


3-17-4.jpg

■ 25×25×30H A ■
バンド、タイガーの殆んどの固体をを入れたので大世帯! 
今日は2ヶ所に分けてほうれん草を入れた。


3-17.jpg

しかし、ガラス面の緑の苔をついばむエビも多数居る。


3-17-5.jpg

■ ADA 30C ■
ここは数が少ないので団子は出来ないがほうれん草は寄りが早い。
昨日お気に入りの日の丸が見事に抱卵した♪


3-17-2.jpg

■ KOTOBUKI 30C 3 ■
稚エビの孵化が続き好調でほうれん草への寄りも良好!
今朝はこの水槽のお気に入りの雄が餌の中央へ出てきたので思わず一枚♪

現在、25cm水槽で絶不調が2本有り試行錯誤の日々!!! ???

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・黒白エビを徐々に戻す

先日の日曜日、暖かい陽気に誘われてデジ一を片手に春の花を撮りに行った。
最近は写真を撮ると言えばエビばかりだったが時には季節の花などを撮るのも楽しい!


3-16-6.jpg

自宅の近所の畦道に咲く小さな花、オオイヌのフグリを撮ってみた。 
小さな青黒いシベがとても可愛い。
(Nikon D70 TAMRON 90mm MACRO)


3-16.jpg

3月7日に立ち上げた水槽のパイロットのエビは落ちる事も無く順調なようなので本来の白黒エビを徐々に戻し始めた。


3-16-1.jpg

ヤマトヌマエビ5匹も問題なく元気。


3-16-2.jpg

ジャイアント南米モスも綺麗な緑色で成長している。


3-16-4.jpg

いつでも取り出せる様にアヌビアス・ナナと石付きミクロソリウムにモスを巻き付け入れてある。


3-16-5.jpg

他の水槽で成長したモス・SPをカットし同じ流木に巻き直した。


3-16-3.jpg

戻したエビはごちゃ混ぜ水槽から雄エビを3匹入れたが徐々に戻して行こうと思っている。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・大トリミング

25cm 2水槽の水草を大トリミングをした。


3-5.jpg

3月5日に更新した時の水槽状況。
昨日の時点でより一層水草が伸び水槽が暗い状態だったので思い切ってトリミングをした。


3-15.jpg

伸び放題だったロタラ、パールグラスをカットし南米モスを小さな物と入換えた。
この水槽は抱卵はするが稚エビがあまり見れなかったがモスストーンを上げると稚エビが想像以上に居たので相当数殖えた事になる。 
急激に環境が変わったので落ちるエビがいるかと思ったが今朝は異常が無かったので調子が悪いリセット予定の水槽からバンドを50匹入れた。


3-15-3.jpg

50匹を入れたことで飽和状態なのかこれまでガラス面へにはあまり着かなかったが左右のガラス面に沢山のエビが着いていた。


3-15-1.jpg

この水槽はグロッソを一度トリミングしたが刈り込みが少なかったので底面すれすれまで刈り込み今朝は残っていた約20匹の稚エビを柄別に各水槽へ移動させた。 この後何処までグロッソが成長するか解らないが綺麗になればそのまま維持し駄目な様ならばリセット予定。

最近小型水槽の調子の良い悪いが極端に出てきたのでこの際、思い切って60㎝水槽を導入しようと思い水槽を購入した。 60㎝ならばレイアウト水槽にしたいが多分選別漏れ水槽になるだろう~ 水槽は自宅用なのでADAキューブガーデンの60×30×36にしたが持ち運びだけでも重いのでさてどうなるやら・・・・・


3-15-4.jpg

こちらは順調に立ち上がり中の30キューブ3連水槽!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・殺風景 30キューブ 3水槽

リセットをしたその後の30キューブ3水槽はエビは順調だが殺風景な水景だ。
しかしエビを観察するにはこれぐらいが良いかも!


3-13.jpg

■KOTOBUKI 30C 1■
南米モスを巻いた流木が1本とバブルモスを巻いた竹炭ドームだけ。 それぞれのモスが成長すればそれなりにはなると思う。 殺風景だがこれも有りかな!


3-13-1.jpg

■KOTOBUKI 30C 2■
こちらはもっと殺風景で竹炭ドームに巻いたモスのみ! これでも2,3回トリミングをしている。


3-13-2.jpg

■ADA 30C■
ここも竹炭ドーム2個のみ! 手前のドームに巻いたモスは先日ローキーズでエビを買った時の足場に入っていたモスだが他と比べなんとなく硬い感じがして成長も遅く感じる。

今回は3水槽とも水草を植えず繁殖目的の殺風景水槽で維持予定。


3-13-4.jpg

どの水槽も抱卵するエビが多く順調と言える。 特にKOTOBUKI 30C 2水槽は稚エビが多く出てきて賑やかになった。


3-13-3.jpg

もう一つのKOTOBUKI 30C 3水槽は抱卵祭りで稚エビ続々誕生中。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・水草苔取り水槽

色の抜けたエビばかりを100匹以上入れている水槽は今では苔取水槽になっている。


3-12.jpg

他の水槽で苔の着いた水草をこの水槽へ入れると2,3日で見事に苔がなくなる。 ヤマトヌマエビよりも良い仕事をしてくれる。
殆んどのエビが雄と思われるが過去二回ほど物凄い舞が見られ脱皮直後のエビを助けたがその後は舞いも見られなくなった。 雌雄判断が出来ない稚エビも数匹居るのでこれからも舞は見れるかもしれないが・・・


3-12-1.jpg

流木付きモスSPの茶苔は綺麗に無くなった! 購入当初より成長してきたのでトリミングをして殖やそうと思っている。


3-12-2.jpg

南米モスやバブルモスも一週間ほどで緑を取り戻した!  ミクロソリウムやアヌビアスナナは黒髭苔以外は全て綺麗に無くなっているので順次入換え予定。


3-12-3.jpg

エビ達はこれまた綺麗にスケスケだ(笑) 中には間違って入っているのも居るが全水槽の中で一番元気者達かも!

フラグカウンターの国旗が徐々に増えだしてとても楽しい。
アメリカ、フランス、オーストラリア、中国、韓国、台湾、香港、ウクライナ・・・
現在日本の方は世界中で活躍されているので在留邦人の方なのかなと思っているがこんなブログでも海外の方にご覧頂けるのは有難く思う。 感謝!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・続々と稚エビ誕生

現在このブログの写真はリコーGX100を使っているがこのカメラは24ミリから72ミリまで5段階で拡大して撮る事が出来る。
そこで昨日会社水槽で誕生した稚エビを24ミリと72ミリで撮ってみた。


3-11.jpg

■24ミリ画像■ 流木のモスの上に生まれたばかりであろううす~い稚エビが2匹、その右にちょっと色が着いた稚エビが居りその下の流木の影の左に親が居る。


3-11-1.jpg

■72ミリ画像■ 同じ位置から72ミリで撮ると稚エビの模様まで確認できる。 カメラ側の画像を拡大してみるとモスラに近い稚エビだった。


3-11-2.jpg

その稚エビに向って大きなエビが近付いてきた! 稚エビは動かないのでどうなるのか見ていると大きなエビの足が触れた瞬間、稚エビは飛び跳ねて大事には至らなかった(笑)







自宅の白の濃い水槽でも今朝、同じ様な小さな稚エビが確認できた!


3-11-3.jpg

この水槽では初めての稚エビ誕生になる。


3-11-4.jpg

生まれたばかりのうす~い稚エビがブリクサの中に数匹確認できたのでこの先どんなエビになるか非常に楽しみだ。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・南米ミズハコベジャングル

南米ミズハコベが25cm水槽を覆い尽くす勢いで殖え続けソイル部分が見えない状態になってきた。


3-10-1.jpg

平面的に薄く覆うのは綺麗だと思うがここまで上へ伸びると根の部分から枯れ始めジャングル状態になってきた。 ここにはブリクサを植えているがそれも隠れて見えない状況。 沢山の稚エビが居るが彼らには絶好の隠れ場所にはなっている。 この状態では一体何匹のエビが居るのかも???


3-10.jpg

奥の方に植えたオークロも成長しこれは逆に前面へと勢力を広げてきているので上から見るとソイル部分が見えなくなってきたので餌のケールはミズハコベの上へ置く事になった。 適当にカットしているが追いつかないのでこのまま放置する事にする。









白の濃いモスラ柄のエビは当初若いエビを40匹ほど入れたが漸く抱卵固体が増えてきた。


3-10-2.jpg

この写真だけで4匹が抱卵している。


3-10-3.jpg

ブリクサの影にも4匹の抱卵固体が見える。 これ以外にも奥の方に数匹居るので10匹以上が抱卵していると思われる。


3-10-4.jpg

中には綺麗なエビも居るので殖えてきたら選別でグレードアップを狙いたいがブリーダーさん達のエビレベルになるには何年掛かるのか??? 





何年掛けても無理だろうな~~~

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・稚エビ湧き、親はすこぶる元気!

絶好調のこの水槽、正に『稚エビ湧く』と言う表現が当て嵌まる状態。

先日茶黒エビを入れたのでとっくにこの水槽のキャパは超えていると思うがいろんな色や模様の稚エビが孵化して何処からとも無く湧いて来ている様に感じる! 
一体何処まで殖えるのか? そしてこの水槽の親はどれも元気過ぎるくらい元気で水槽中を荒々しく泳ぎ回る!


3-9.jpg

餌のスクランブルを入れた途端、一斉に寄って来て取り合いが始まり水槽奥へと持っていってしまう。


3-9-1.jpg

赤、白、黒、紅白、茶黒、それぞれの親の抱卵固体もうじゃうじゃ! グレードの低いエビばかりだがこうなったら何処まで殖えるか実験して最終で匹数を数えてみようかな?


3-9-4.jpg

調子の良い水槽だけに水草も苔も付かず順調に成長中! 昨年購入したホシクサもこの水槽の一株だけが残り綺麗に成長している。 この小さな水槽で立ち上げ以降スポンジも洗わず外掛けフィルターも一回も洗わず足し水だけでここまで調子が良いのは不思議なくらい!???


3-9-5.jpg

しかし、茶黒はこの水槽が立ち上がれば戻そうと思っている。
今日は約半分を喚水して白メダカとスケスケエビ2匹を入れた! 

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・リセット完了   原因はこれか?

茶黒エビを全て移動させ一週間放置していた水槽をリセットした。
エビが落ちだした原因らしき物が判明した?


3-8.jpg

今回は底床へ軽石を入れずソイルを直接敷き超薄い底床にした。 ・・・と言うよりもマスターソイルが足りなかっただけなのだが・・・
マスターソイルノーマルとアマゾニアパウダーの組み合わせで 底面フィルターと外部 AX-45はそのまま利用。 約一名からのクレーム防止のため脱臭材を入れて対応している。


3-8-1.jpg

リセットの為、水槽をベランダに出しソイルを撤去したがまたまたとんでもない異臭がした。
底床内のろ過不足なのか?  ブロアーがここまでは届かないので水心3Sを使っているが底面Fからのエアー噴出し量が他と比べ弱い様に感じる。 こうならない様に今回は薄敷きで対処!







3-8-2.jpg

まだ立ち上げ一週間だが全ての親固体を移動したが数は激減、稚エビは殆んどが落ちたようだ(涙) 僅かに抱卵固体が残っているのでこれからに期待し稚エビ吸い込み防止のためスポンジフィルターをP-1からブリラントFに交換した。


3-8-3.jpg

選別を兼ねて移動したので残った親固体は5,60匹ぐらいだろうが今朝はほうれん草への寄りは良かった!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・カメラ目線

最近は毎日時間の許せる範囲でブログを更新している。 
あくまでも備忘録として更新しているので面白くない記事が多いが日々の出来事を記録しておかないと本当に忘れる事が多いので後日の為にも出来る限り更新しようと思っている。 これだけの水槽が有ると話題には事欠かない(笑)


3-6-2.jpg

エビはじぃ~としている事が少ないのでアップの写真があまり撮れないが今朝は前面ガラスでカメラ目線で止まっているエビがいたので撮ってみた。


3-6-4.jpg

止まっていた次の行動はよく見掛けるがどこかが痒いのか足で背中を掻くようなポーズ。


3-6-5.jpg

そして何事も無かった様に立ち去った。


3-6-3.jpg

この水槽へは白が濃い固体を入れているが殻の厚い個体も出てきた。 中央の抱卵固体は私の欲目で見ても外見では卵が見辛い。 卵を持っていても卵の数が読める位に透明な固体が多い中で貴重な存在だ! こんな固体が2,3匹出てきているので期待したい!


3-6-6.jpg

こちらの水槽では今朝も6匹のエビが落ちた! そこで現在立ち上げ中の水槽へ無謀は承知の上で移動させた。このままで立ち上がりを待つよりも良策かと思う。 時間の都合で全てを移動できなかったが数が少なくなった分、落ちるエビが減ってくれるだろう・・・・・  明日は稚エビを残し全てを移動させる予定。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・大失敗 (涙)

2月26日にこの水槽へ入れたエビが餌を入れても前へ出てこない???  
出てくるエビの数が極端に少ない! 稚エビを含め200匹以上は居る筈なのだが・・・


2-26.jpg

2月26日の水槽状況。
25cmキューブ水槽に200匹は過密なのだが調子が良かったので入れたが水槽奥の水草やモスボールの陰に隠れて前へ出てくるエビが少なかった。


3-5.jpg

今朝も餌を入れたが出てくるのが少ないので思い切って水草をカットしモスボールを撤去した。
案の定落ちたエビに群がっていた! 今朝取り出しただけで親固体5匹、若エビ多数!
2月26日から今日まで何匹のエビが落ちたのか??? 大失敗である!


3-5-1.jpg

モスボールの跡や水草カット後のソイル部分に集まりついばんでいたのでソイル部分が少なかったのかな? 孵化したばかりの稚エビも入れたがグロッソの中に隠れているのが多いので正確には解らないが少ない様に思う。 観賞と繁殖を兼ねたグロッソ絨毯にしたが一石二鳥とは行かなかった(涙)


3-5-2.jpg

現在立ち上げ中の元の水槽が水が出来次第戻してこの水槽は観賞目的で個体数を減らそう!


■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・明暗

明るい話題もあれば暗くなる事も・・・・・ エビ飼育は難しい!


3-4.jpg

明るい話題はこの水槽で稚エビが数多く誕生し水槽前面まで出てくる様になった。


3-4-3.jpg

これまでは水草の多い水槽ばかりだったのでソイルの上に誕生したばかりの稚エビが出てくる様は余り無かったがこの水槽はモスを巻いた竹炭ドームだけなので水槽前面のソイル上にまで出てくるのでじっくり観察が出来る! この調子で殖えて欲しい。


3-4-2.jpg

模様もいろいろな稚エビが居る。


3-4-1.jpg

この稚エビは極最近孵化したエビだろう~
水槽内にはまだ多くの抱卵固体が居るのでこの先この様な状況が続く様に願う!

これまでが明るい話題!








ここからは暗くなる話題!

先日、調子が悪いので水草水槽へ移動させた茶黒エビが今朝数匹が落ちた!


3-2.jpg

パイロットで入れていたエビ達は落ちなかったのでこの水槽へ入れたが水が悪かったのか数匹が落ち、他のエビも動かず餌にも寄ってこないので急遽全てを再度移動させた。 時間が無かったので水質チェックはしていないが急激に多数のエビを入れたので水質悪化だと思う。 殆んどのエビが動かないので掬うのに時間は掛からなかった。


2-18-2.jpg

移動させる適当な水槽が無いので過密になっているごちゃ混ぜ水槽へ移動させ様子を見たが問題無さそうだった。 ・・・一安心。
 
■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・会社水槽で稚エビ誕生

2月20日に立ち上げた会社水槽で稚エビが誕生した。


3-3.jpg

今日は先日買ったほうれん草を入れてあげたが上々の食付き!


3-3-1.jpg

余り真剣に見ていなかったので稚エビが生まれているのが解らなかったが水草の陰やソイルの上に小さなエビがちょろちょろ動いている。 3匹の抱卵固体を入れたがその内の2匹から孵化した模様。 また、新しく抱卵したエビが出てきたので順調と言えるだろう!


3-3-2.jpg

流木の陰でスケスケ抱卵固体が1匹、卵の色が薄くなって間もなく孵化が始まりそうだ!


3-3-3.jpg

稚エビが誕生したので外掛けフィルターのスポンジを交換する事にした。 なんぼなんでもこれでは吸い込まれるだろう~


3-3-4.jpg

自宅から目の細かいスポンジを持ってきて交換したのでこれで安心!!!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・茶黒水槽 落ちるエビ続出

順調に殖えていた茶黒エビ水槽で連日落ちるエビが出てきた???


RIMG16138.jpg

昨年8月23日リセットしたので半年の水槽だが3日前から連日2,3,4匹と落ちるエビが出てきたので今朝は隣の水草ストック水槽へ全てを移動させこの水槽もリセットする事にした。
丁度黒髭苔が器具類に着き出したのでタイミング的には良いかと思う。


3-2.jpg

移動させた水草ストック水槽にはこれまで大和4匹、レッドビー10匹、白メダカ5匹を居れ水を作っていたが落ちる固体はいなかったので大丈夫だろう!  これらは先日のKOTOBUKI 30Cへパイロットとして移動させた。


3-2-1.jpg

移動後直ぐに餌を入れたが集まって餌をついばんでいたのでここで暫く避難決定!









今日は他の水槽へはほうれん草を入れた。
冬の間はベランダ栽培のほうれん草とケールが育たなかったので昨日は AQUA JAPANさん へ冷凍ほうれん草と冷凍ケール、スクランブルを買いに行き今朝早速与えたが
食付き良好!!!  各水槽の状態を撮ってみた。

AQUA JAPANさんではその他の色々詳しいお話を聞かせて頂いたので今後実行していく予定。 感謝!


3-2-2.jpg

25C バンド水槽。


3-2-3.jpg

25C 日の丸、進禁水槽。


3-2-5.jpg

30C モスラ水槽。


3-2-6.jpg

期待のエビを入れているADA 30C 水槽。
他の水槽は過密だがこの水槽だけは期待の♂3匹と♀7匹を入れてハーレム水槽だが昨日はこのうち3匹が抱卵した。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・リセット完了 (KOTOBUKI 30C 1)

冬季オリンピックも終り祭りが終った後のような寂しさを感じる。

昨日はオリンピック競技を見ながら予定の水槽のリセットを完了した。


3-1.jpg

これで30キューブ水槽3本をリセット完了した。
1月29日、2月7日と続けてリセットしたが前の2本はアマゾニア、アマゾニアパウダーの組み合わせにしたがやはり水が黄色くなってきたので今回は何時もの様にマスター、アマパウの組み合わせにしたが何時もよりアマゾニアの臭いが強く部屋中に独特の匂いが立ちこめ約一名からクレームが付いた(汗)


3-1-1.jpg

今回は外部Fはエーハイム500に吸水側に初めてテトラのP-1フィルターを付け底面フィルターとの組み合わせにしたがP-1フィルターが予想以上に大きいので横向きに設置した。


3-1-2.jpg

斜めから見ると水槽半分以上の大きさだが大は小を兼ねると思いそのまま設置した。

今回はこの水槽に入っていたエビと稚エビを全て掬ったのでこれに一番時間を要した。
立ち上がれば一時避難させているエビを戻す予定。


3-1-3.jpg

1月29日立ち上げた底面F+スポンジFでアマゾニア+パウダーの組み合わせ水槽では水は黄みを帯びているが稚エビが殖え続けモスの中やソイルの上にも可愛い姿が数多く確認できるのでこのまま順調に推移して欲しいと思う。
■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)