AQUA-ROMAN (アクア浪漫)

写真で綴るレッドビーシュリンプ飼育備忘録
2010年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2010年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年04月
ARCHIVE ≫ 2010年04月
      
≪ 前月 |  2010年04月  | 翌月 ≫

・・・・・楽しみな稚エビが出てきた

バンドの稚エビを50匹移動させたのでちょっと寂しくなったが日の丸、モスラの将来楽しみな稚エビが沢山出てきた♪


4-30.jpg

赤白共に濃くて頭の方は黒っぽい稚エビが今回は多く出てきている。 この水槽は黒との交配は無いので赤が濃くなったのだと思う。


4-30-1.jpg

そんな中でも一段と黒っぽい稚エビが一匹(中央) 

親は脚が赤いので引継いでくれれば良いのだが!


4-30-2.jpg

モスラ、丹頂の稚エビも赤白共に濃い♪  選別が楽しみだ。


4-30-3.jpg

現在も増産中でモスの中やスポンジ、ソイルの上には可愛い稚エビがうじゃうじゃ状態♪

アマノーマルとアマ1パウダーの組み合わせだが現在は絶好調。

GW中に60、30新規立ち上げと25を2本リセットする事に決定した。

大変だろうが頑張ってみるか!!!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・予定通り黒白稚エビ誕生

自分としては珍しく休日の更新。
今日は早朝から調子を崩し始めた水槽のエビ移動や繁殖水槽の稚エビ移動、フィルター清掃2台などの作業をして現在一服中。

今月末から来月月初の予想通り黒白水槽の稚エビが確認できた。


4-29-2.jpg

今回確認できた稚エビは黒白の日の丸やタイガー、バンドなどいろいろだが稚エビの段階で黒白と呼べるエビになってきた。


4-29-1.jpg

GW中に孵化するであろうエビが殆どなのでGW明けには相当数の稚エビが確認できるだろう!


4-29.jpg

繁殖水槽で産まれたバンド柄の稚エビが大きくなってきたので移動作業をした。
今回のバンドは赤白共に濃い綺麗なエビが多いので将来が楽しみだ!!!


GW後半の4連休は渋滞を避け早朝から何処かへドライブにでも行こうと思っている。
一日は水槽立ち上げ予定だが60cmか30cmにするか思案中。
選別漏れを入れる水槽なので大きい水槽にしたいが・・・

・・・・・さてどうなるやら。。。


■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・花より野菜

ビーシュリンプを飼育する前のベランダは花畑状態だったが現在は花より野菜状態。


4-28.jpg

プランターには無農薬小松菜、ケール、ほうれん草が日当たりの良い場所を占拠している。
このプランターには成長が早く大きく育つ小松菜とケールを植えているが小松菜はもうちょっと大きくなれば収穫できそうだ。


4-28-1.jpg

こちらはほうれん草、暖かくなったため日毎に大きくなってきた。
60㎝プランターに2列で植えているが我家のエビの数ならばこの量で充分だ!


4-28-2.jpg

そしてこちらはケール、これも大きく育つのでこのプランターで3本も有れば充分な量になる。
去年も随分収穫したが虫害も無く冬以外は自家製無農薬野菜を収穫できる。


4-28-3.jpg

冬の間はベランダでは育たないので AQUA JAPAN さんから冷凍ほうれん草とケールを購入して与えている。
冷凍ケールに群がるバンド。 お陰で発色が良くなって来た様に感じる。


4-28-4.jpg

白の濃いモスラ水槽。 どの水槽も朝ケールを与えて夜には筋だけが残る食付きの良さ。


4-28-5.jpg

動物性の餌は与えず野菜中心の健康食生活にしている(笑) その為かプラナリアなどは殆んど見られないがコペポーダや冷凍アカムシなどの動物性の餌も与えて見ようかと思っている。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・稚エビ成長

繁殖水槽の稚エビが成長し写真に撮れる様になった。


4-27-6.jpg

そして期待のエビが目出度く抱卵した。 中央一番上の固体! 
家で産まれたエビの中では赤白共に濃く綺麗な部類! 親は多分下の写真のエビだろう!


4-27-9.jpg

このエビの子供と思える稚エビが多数出てきた。


4-27-7.jpg

上の写真のエビとよく似た柄の稚エビ。 稚エビなのに髭が長いので雄かな???

大きなエビでも雌雄の判断が曖昧な私なので成長するまでは解らないが・・・・・


4-27-8.jpg

これは他のエビの子と思うが白い部分が欲目に見て綺麗だと思う。

この水槽にはこんなレベルの稚エビが多いのでちょっと期待している!


4-27.jpg

これは他の水槽のエビだがなんとなく微笑ましく感じたのでアップ。


そろそろGW、一日ぐらいはアクア三昧にするか! 

60㎝水槽を立ち上げたいが置き場所の問題で小型水槽を2本撤去する事になる。

25cmのバンド水槽と茶黒水槽を撤去するか・・・   思案の為所!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・好調続く小型水槽

やがて1年3ヶ月になる小型水槽の水草トリミング。


4-26.jpg

竹炭ドームのモスとロタラ、ラージパールグラスで水槽内が暗くなっていたので全て撤去し差し戻しと巻き直しをした。
この水槽の記事を書く時はいつも書いているがこの水槽は立ち上げ以来一度もスポンジ、外掛けフィルターの掃除はしていなく足し水のみで長期に渡り絶好調が続いている。


4-26-1.jpg

流石に底面近くのソイルは潰れて来ているが抱卵が相次ぎ稚エビも数多く出てきている。


4-26-2.jpg

一株だけ残ったホシクサは幾分成長はしているがソイルの栄養分は無いと思うので固形肥料を追加した。


4-26-3.jpg

現在ここの住人は元祖ビーシュリンプの様なエビ。


4-26-4.jpg

全身が真赤のエビ。


4-26-5.jpg

中央右に居る様な完全に茶色のエビ。  低グレードのエビばかりだがとても元気なのでこれはこれで飼育を続けていく。


4-26-6.jpg

同じ部屋に置いているこの水槽は現在白エビとミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビを入れている。 ミナミヌマエビは多数抱卵して増え続けている。

60㎝水槽立ち上げ用の水草を入れているがこれらの出番はGW頃になるかな???

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・超小型水槽のミズハコベ

物凄い! 物凄い! 面白い!

昨晩は紅白祭りのオークションの最終を静観するために何時もより早く帰宅。
これまで余り関心を持って見ていなかったが昨日昼で20万を超えていたエビがどれ位の金額になるのか興味が有ったので珍しくPCをON。 

・・・・・決して購入する気持ちは無い。

午後9時30分ごろが終了時間と思い目的のページを開き入札履歴を見ていると凄まじい競り合いが行われていた。
1秒単位でとんでもない金額で競られている。 
20万、30万、35万・・・ え~~~何処まで行くの? エビ一匹の金額だよ!!!  
なんと最終金額 362,000- どうやらお二人の競合いだった様だが超セレブのお方達か!

こんな金額で購入したエビはその後どうなるのだろう? 純金の水槽に入れられるのかな?

私の様な小市民には到底考えられない事。     世の中いろいろ!!!

しかし、あの競合いは下手なドラマを見ているより余程楽しかった!(笑)



そんなセレブな話題とは掛け離れた超小型水槽の話題(涙)

4-24.jpg

ポカリと浮き上がった超高級ミズハコベ(笑)を20キューブへちまちまと植え楽しんでいる(汗)

当初からは随分大きくなってきたが今一つ勢いが無い!
ミズハコベ絨毯は気長に待つしかないかな。


4-24-1.jpg

その他、今日は特筆する事は無くどの水槽も順調。

今週は選別でエビの数が少なくなった30キューブ3連荘で締める事にする。。。。。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・モス・SP & キューバパールグラス

凄い! 凄い、凄い!!!  何が凄いのかと言うと紅白祭りのオークション!

信じられないようなエビが数多く出品されているが入札金額が高額になっている。
終了時間を10時間余り残して20万円以上の金額が付いている!
私のような小心者には考えられない様な金額!!! 一体、最終はどんな金額になるの?

清水の舞台から3回位飛び降りて30万ぐらいで入札するか!

・・・・・・・・・・出来る訳が無い!!!!! なので静に傍観する(笑)


気持ちを現実に戻して小さな話題を!


4-23.jpg

モス・SPが成長してもこもこになってきたので竹炭と溶岩石に巻き付けた。
家では割と簡単に成長するので適当に巻いたが今回はどうだろう~


4-23-1.jpg

溶岩石を2個、竹炭2枚を調子の良い水槽へ入れたがこれがどの様に成長するか楽しみだ。


4-23-2.jpg

KOTOBUKI 30C 3水槽へ数本植えたキューバが成長し綺麗な緑を展開している。
当初は黒髭苔が付き見苦しかったがそれも無くなった。 当初植えた時は葉が大きかったが現在は小さな葉が密集するように成長中。
肥料は液肥を適当に添加する程度でCO2も添加していない。


4-23-3.jpg

小さな葉で匍匐前進中。 ミズハコベに比べ成長は遅いが緑の絨毯にするにはこちらの方が適している様に感じる。


4-23-4.jpg

こちらは25cm水槽の約半分まで成長した。 当初はこの水草のために石を入れていたが水槽全体の調子が良くないので石を撤去したが成長度合いは上の水槽と変わらない感じだ。 ここへは固形肥料と液肥を入れているのでややもっこりとしている。 多分底床に埋めた固形肥料の影響だと思う。
しかし、この水槽もミズハコベ同様に浮き上がる気配がぷんぷんする!


エビは今朝も各水槽の選別をしたが漏ればかりが多いので本格的な漏れ水槽が必要(汗)

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・薄い軍団

モスラタイプの選別漏れを入れている水槽の雌固体が見事にスケスケになっている。


4-22-3.jpg

雄はそこそこ厚い個体も居るが抱卵を繰り返している雌は抱卵の度に薄くなっている(涙)


4-22.jpg

この固体は多分2度目ぐらいの抱卵だと思うが既に胴の部分が色抜けして卵が黒く綺麗に見える。
脚に至っては透明だ(大涙)


4-22-2.jpg

この固体に至っては 「君は透明エビか?」 と言いたいぐらいに全てが薄い。
抱卵を繰り返す事でここまで透明になるがそれだけ負担が多いのだろう!
可哀想に思うが頑張ってもらうしかない!!!


4-22-1.jpg

その点はバンドは色落ちが少ないように思う。
決してグレードは高くないが赤白共に濃く厚い個体が多い。

最近は通常の水槽メンテに加え選別作業を主にしているので
その内グレードも徐々に良くなるだろう~~~  
しかし、漏れ水槽が満杯だ!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・黒白エビの雄は働き者

黒白水槽へ入れている雌の全てが目出度く抱卵した。

黒白の雄は実に働き者である!


4-21.jpg

黒白12匹、赤白5匹だけなので全体には寂しく感じるが稚エビも産まれて来て徐々に賑やかになってきた。


4-21-1.jpg

赤白の雌5匹を入れたが5匹全て抱卵している。


4-21-2.jpg

茶黒の雌も全て抱卵! 


4-21-3.jpg

期待の黒白雌も全て抱卵!!! モスラタイプで家では殻が厚く色も濃いので期待大!


4-21-4.jpg

戦力補強した中で一番大きく柄、色共に綺麗なのでこれも期待している。 
月末から月初に掛けて孵化すると思うので楽しみだ!

しかし、黒白の雄は元気な固体が多い様に感じる。  あやかりたいものだ!!!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・一人 紅白祭

全国の有名ブリーダーさん達が出品する『紅白祭』がビッターズオークションで賑わっている。

出品されている固体を見るとどうしてこんなエビが産まれるのだろうと思う固体ばかり!

実に素晴しいビーシュリンプオンパレード!!!


遠い将来、こんな祭りに出品できる様なエビをブリードしてみたい。  ・・・が、無理か!


そこで一人で出来る 『Aqua Roman 一人 紅白祭』 ビッターズ風に開催する(笑)

---------------------------------------------------------------------------


一人で楽しむ 『Aqua Roman 一人 紅白祭』
 

4-20.jpg


---------------------------------------------------------------------------

■ 一人 紅白祭 参加出品 Aqua Roman ■


・我家のSSSSS水槽から普通のエビ3匹の出品です

・雌雄の判断は私は間違いが多いためご自身で判断して下さい

・サイズは約20mm~25前後のえびさんになります
 1、2、3の写真を参考にして下さい

・オマケとして写真1、2、3に写っている稚エビをお供として付けます♪

・赤、白、黒、青、緑色の交配をしてますのでどんな固体が産まれるか???

・撮影 RICOH GX100を使用

・照明 テクニカ クリアランプ ホワイト 22W (テクニカ )

・ブログ  Aqua Roman (アクア浪漫) 自己中心のブログですが是非ご覧下さい

---------------------------------------------------------------------------

注意事項

・発送の経験が無いためプラケースに入れますので直接手渡しのみで
 お願い致します

・生体の為、予告無く出品を取り消す場合がありますのでご了承下さい

・手渡し以降ノークレームでお願いします

---------------------------------------------------------------------------

お支払条件

・お支払いは手渡し時にオークション価格の3倍を現金でご用意下さい

・米ドルでの支払いの場合は100ドル紙幣にてお願い致します

---------------------------------------------------------------------------

■詳細情報   写真■>

(写真はクリックしても大きく成りません)


写真1

4-20.jpg


写真2

4-20-1.jpg


写真3

4-20-2.jpg

---------------------------------------------------------------------------


なぁ~~~んてのは如何でしょう? (笑)

それにしてもビッターズに出品されているエビを見ると皆さんの写真の綺麗な事!
キャノン5Dやニコンのハイアマ仕様のカメラで撮られている。
勿論撮影技術も高いのだろうが私には真似の出来ない綺麗さだ!

そこで私も今では骨董品扱いになってしまったニコンD70で三脚を据えて撮ってみたが610万画素では綺麗に撮れず途中で諦めた(涙) ・・・・・勿論技術も無いのだが!

4-20-5.jpg

しかしこのカメラでとても綺麗に撮られている方が居られるのでちょいと練習してみようと思う。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・ふ・ふ・ふ

私は時間の有る時はネットサーフィン(死語か?)をするが肩がこる事が多い。

現在サーフィン中の貴方へ!!!


4-16.jpg

先ずは首を右へ!   そのまま5秒!!!








4-16-1.jpg

次は首を左へ! はい、そのまま5秒! 

次へ進みましょう~~~









4-16-2.jpg

はい! 正面へ戻して! 

この動作を3回位続ければ少しは肩も楽になるでしょう!








以上 Aqua Roman式ネットサーフィン中の肩凝り解消法でした。 お疲れ様でした~~~

植え込み完了した 『緑の草原に赤い木が一本』 計画の図。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・赤い水草

『緑の草原に赤い木が一本』 ・・・・・を想定して赤い水草を植える。


4-13_20100415104000.jpg

今朝はミズハコベを抜いた水槽のモスをトリミング。

    ・・・・・の予定が始めだしたら止まらずモスを取り除きブリクサも、オークロも全て撤去してしまった。


4-15.jpg

中にはエビだけの状態。

やはり水草の多い水槽は苔が無くガラス面の掃除をしなくても綺麗な状態。


4-15-3.jpg

ここへ『緑の草原に赤い木が一本』のイメージで赤い水草を中央に植え周囲へミズハコベと奥へオークロを植えた。


4-15-2.jpg

時間の都合で予定の本数には至っていないが今日のところは赤い水草を中心に円を書く程度の植え込み。 残りは明日にでも植える予定。


4-15-1.jpg

・・・で、今日の最終状況。

水槽前面を除きミズハコベ絨毯にし『緑の草原に赤い木が一本』の予定だが出来るかな?

いや、出来る。

・・・・・できるだろう~~~

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・エビ団子が出来た

昨日ミズハコベを撤去した水槽でエビ団子が出来た。

今朝はモスのトリミングとミズハコベを植える予定だったが昨晩のお酒で久々に二日酔いのため餌を与えるのが精一杯だった! 現在も多少気持ちが悪い   ・・・・・午前中は仕事にならないだろう。


4-14.jpg

この水槽は水草ジャングルだったのでこんなエビ団子が出来ることが無かったがやはりエビ団子は見ていて楽しい。


4-14-1.jpg

中には殻が厚く色も濃いエビが数匹居るので繁殖水槽へ移動させようと思う。


4-14-2.jpg

特別なエビを入れた記憶は無いが他の水槽の日の丸に比べ綺麗に感じる。 
水草が多い水槽の方が色まで揚るのか?

この水槽の選別が楽しみになってきたぞ!

さて、まだ気分が悪いが夕方からはまた飲むぞ~~~

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・ついに浮いた

先日記事にした南米ミズハコベが一部分をトリミングをした際に遂に浮き上がった!


4-13.jpg

こんな水草でも植えてみたいと言う方が居られたので左隅をトリミングしたが案の定全体が浮き上がってきたので今日は思い切って全てを取っ払った。


4-13-1.jpg

浮き上がった水草の下には予想以上に大小のエビが居り中には綺麗な日の丸が居る!!!


4-13-2.jpg

孵化したばかりの稚エビが付いているので確認をしながら丁寧に撤去したがプラケース一杯分が採れた。


4-13-3.jpg

同じく奥へ植えていたオークロもジャングルの中で成長して苔の付いていない綺麗なのが採れた。


4-13-4.jpg

撤去後の水槽全体。 
これだけの水草が植えて有ったのでこの水槽だけはガラス面の苔も付かず管理も非常に楽だった。

ミズハコベの根は細いので取り除いてもソイルが乱れる事も無く綺麗だった! モスは横へ成長できず立ち上がり相当大きくなっていた。 また、ブリクサもミズハコベのお陰か苔も付かず綺麗な状態で成長していた。 明日はモスをトリミングし再度ミズハコベを植えてみようと思っている。 今度は適度なトリミングをして浮き上がらない様にしなければ!!!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・バンド水槽 現況

早朝からマスターズ中継とMLB中継を交互に見る! 寝不足で1週間が始まる。

昨日は25×25×30H B水槽の水草をトリミング。


4-12.jpg

後景のラージパールが相次ぐトリミングで新芽が小さくなってきたのと南米モスが成長しすぎたのでこの2種類を差し戻しと巻き直しをした。 バンドばかりを入れていたが意外と数が少ないように感じた。 隣の水槽へ日の丸を3,40匹移動させたのでこんなものかも知れないが・・・  若いエビばかりなので抱卵している数も少なく稚エビは居るが孵化して間もないエビは皆無? グレードを上げるのにはやや過密かな!  随分スッキリとしたので観察はし易くなった。



4-12-1.jpg

隣の日の丸を入れた水槽は順調で抱卵が相次ぎ稚エビもちらほらと見え出した。 

調子が良く餌寄りも良いので25cm水槽ではこれ位の数が限度かも知れないと思う。








こちらはモスラ水槽。

4-12-2.jpg

エビの数は相当殖えたがグレードが上がらない!      グレードアップの為の選別の重要性を感じる。







こちらは現在繁殖専用になっている水槽。

4-12-3.jpg

色んな柄の稚エビが成長しほうれん草にも多くの稚エビが親と一緒に集まるようになった。


4-12-4.jpg

上の写真から15分後の状態。

黒白水槽以外は数が随分殖えたのでこの辺で飼育方法を変えてみようと思う今日この頃!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・南米ミズハコベ水槽その後

南米ミズハコベが山盛りに成り今にも浮き上がりそうな状態。


4-10.jpg

水槽の高さの半分まで盛り上がり前面は根だけが目立つ様になってきた。 この中にはブリクサが植えて有るが全く見えず溶岩石に巻いたモスも頂上部分が僅かに見える状態。


4-10-1.jpg

白い根はソイルに僅かに着いている様だがほぼ浮いている感じがする。


4-10-2.jpg

全体に浮いてきているのか25cm角の奥まで見えるようになった。


12-3-3.jpg

この水草は一度スイッチが入ると成長が早く見ているうちにもこもこになる!

12月3日、植えた直後の写真だが20本ほどを全体に植えたが当初はここまで盛り上がるとは想像もつかなかった。 ラージパールを抜きモスの位置を替えたがこれらを飲み込んでしまった! こまめにトリミングをすれば綺麗な状態が維持できる様だがそこまでは手がまわらずこうなってしまった。

初めて水槽に植えたのは5本だけだったがここまで殖える。 

浮き上がるのは時間の問題だと思うので他の水槽へトリミングしたものを20本ほど植えて維持継続する。









新しく植えた水槽は以前緑の絨毯を目指してミズハコベ単埴したが失敗した20キューブ水槽。


4-10-3.jpg

前回はマスターソイルパウダーだけを薄く敷きミズハコベを植えたが吸着系のソイルでは無理なのかこれだけ成長の早い水草も枯れはしないが絨毯には成らなかったので今回はアマゾニアパウダーを足しソイルして植えたがなんとか成長する気配がある。


4-10-4.jpg

植えたあと脇から新芽も出てきているので今度こそこの水槽で絨毯に成ってくれるだろう!!!

小さな水草だが購入すると高いのでこの水草を楽しみたい方に差し上げれば良いのだがそんな方も居ないと思うので浮き上がり後は廃棄処分必至か! (涙)

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・楽しみなエビ達

今朝からマスターズの中継が始まりテレビを見ながらの水槽メンテ。

MLB、マスターズ、桜撮影・・・・・ いろいろ忙しい日々!!!


2010 sakura-1

昼休み時間を利用して散り始めた桜を撮りに出掛けた。


2010 sakura-2

今日は朝から強い風が吹いている。 花散らしの風になるのかな~~~


2010 aka-kakine

この時期に垣根で真っ赤に染まる木が有る。 エビもこれくらい赤くならないものか・・・








・・・・・で、エビの色は        ・・・・・赤くない(涙)


4-9-2.jpg

このエビは現在飼育中の中でも一番大きい日の丸。 
パンパンのお腹に孵化寸前の卵を抱えている!  さぁ~ どんな子が産まれるか楽しみだ。


4-9.jpg

右側のエビは頭の赤い部分が他のエビと比べ黒っぽい。 もう直ぐ抱卵だと思う!


4-9-1.jpg

ごちゃ混ぜ水槽から移動させたエビだが容は良くないが赤が濃く足や尻尾まで赤が乗っているのでこの水槽の雄との間にどんな子が出てくるか? 既に孵化が始まっているのでこれも楽しみエビ!!!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・ADA 30C水槽の雄

今週からMLB放送が始まり楽しみがまた一つ増えた!

ADA 30C水槽の雄が撮れたのでアップ。


4-8-1.jpg

雄、その1


4-8-2.jpg

雄、その2


現在はこのレベルだがこのエビ達の子供に期待している。 ・・・が良いエビが出てくるだろうか?

雄、その3がまだ撮れていないがそのうち撮れるだろう~

今日も他の水槽では舞っているがこの水槽は雄が3匹なので舞っているのを見る事は無く知らないうちに抱卵しているケースが殆んどで今朝も脱卵癖の有る期待のエビが抱卵した。 
今度は脱卵せずに良い子孫を残してほしい!!!


4-8.jpg

稚エビ達が親より早く餌に集まる様になってきた。  
小さなエビがぞろぞろと集まってくる様は本当に可愛い!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・稚エビの数

エビの数を余り数えないがADA 30C水槽の稚エビが成長して写真に撮れるぐらいになったので数を数えてみた。


4-7-1.jpg

正確では無いがこの写真では25匹ぐらい。


4-7-2.jpg

この写真では20匹ぐらい!
水槽を見渡すとモスの上や中、3個の竹炭ドームの中、ガラス面やスポンジ、パイプ・・・ あらゆる所に稚エビが確認できるので多分この数の2,3倍ほどは居る模様。現在も孵化が続いているので200匹位か??? 
これらのエビが順調に成長すれば選別らしき事は出来るように思うが水槽の数が・・・


4-7.jpg

こちらは白の濃いモスラだが足にも白が乗った固体が多い! しかし胴から尾まで真白は1,2匹で何処かに赤が残っている(涙) これらを選別してグレードアップを狙ってみる。

そろそろ60㎝水槽が必要と思うが置く場所が無い! 如何したものか!
■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・お気に入りのエビ

最近は日の出の時間が早くなり5時ごろにはうっすらと明るくなる。

一年365日毎晩お酒を戴く私は夜は水槽メンテが出来ない! 

夜休むのが早いため必然的に朝は早い!

特にビーシュリンプ飼育を始めてからは4時から5時には起きている。

出勤までの3,4時間の間に食事、シャワー、化粧???、水槽メンテをする事になる。


4-6.jpg

水槽メンテに掛けれる時間は2,3時間。 その間に各水槽チェックをし餌を与え写真を撮る。
故に殆んどの写真が餌をついばむエビ写真に成りお気に入り固体の写真が撮り難い。
たとえ撮れても動き回るのでブレブレ写真が多くなりアップ出来ない。

そんななか今朝はADA 30C水槽のお気に入りの雌固体が撮れた。 
この固体は何度もアップしているがここまで近距離で撮れたのは初めてだと思う。

『じっとしているから私を撮って』と言っている様に前面まで出てきてくれた。


4-6-1.jpg

この水槽は3匹の雄を入れているが今朝のほうれん草に一番に寄ってきた! 
モスラで足が赤いお気に入り雄固体。 
もう少し手前に餌を置けばシャッターチャンスだったが失敗! 次回挑戦。

稚エビも成長し餌に寄って来る様になり順調。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・春 爛 漫

ぽかぽかと暖かな休日、お弁当を持って花見へ出掛ける。

桜は満開が近く綺麗に咲いていた。

春・・・春・・・春です!    春爛漫。


sakura-1.jpg


sakura-3.jpg


sakura-2.jpg








我家のエビも春爛漫。  続々と抱卵、稚エビ誕生!


4-5-1.jpg

過密気味の右のバンド水槽から日の丸柄のエビを30匹ぐらいだろうか左の水槽へ移す。


4-5.jpg

パイロットで入れたエビを水草水槽へ移し溶岩石に巻き付けたモスを入れほぼ日の丸、綺麗なバンドを移したが今朝は脱皮殻が有り舞っていた。


4-5-2.jpg

既に抱卵しているのが4,5匹、舞っている最中なので餌への寄りは良くなかったが全て元気で順調。


4-3_20100405105358.jpg

黒白水槽で稚エビが確認できた! 黒白ではなく赤白だが・・・  これで13本の水槽のうち12本の水槽で稚エビが確認できた。

春 爛 漫 。。。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・30キューブ4水槽のPHを比較

我家では右から左へ水合わせをしないでエビを入替える事が有るので念のため各水槽のPHをチェックした。


4-3-2.jpg

水は湧水を使用しているが濾過方法やソイルの組み合わせが違い立ち上げ後の日数も多少の誤差が有る。

左からKOTOBUKI 30C 1、KOTOBUKI 30C 2、ADA 30C、KOTOBUKI 30C 3の順。

■KOTOBUKI 30C 1■
立ち上げ 2月28日 フィルター=エーハイム500+底面フィルター
ソイル=マスターソイルHG アマゾニア1パウダー
現在のPH=5.4~5.6

■KOTOBUKI 30C 2■
立ち上げ 1月29日 フィルター=底面フィルターとスポンジフィルター
ソイル=アマゾニア1ノーマル+アマゾニア1パウダー 薄敷き
現在のPH=5.6~5.8

■ADA 30C■
立ち上げ 2月7日 フィルター=エーハイム2211+2211サブフィルター+底面フィルター
               おまけでスポンジフィルターの過濾過!
ソイル=アマゾニア1ノーマル+アマゾニア1パウダー
現在のPH=5.6~5.8

■KOTOBUKI 30C 3■
立ち上げ 12月6日 フィルター=エーハイム500+底面フィルター
ソイル=マスターソイルHG+アマゾニア1パウダー
現在のPH=6.0

昨年12月6日立ち上げの水槽は多少高い値だがこの程度ならば4水槽の入換えは問題無かろう!








4-3.jpg

ADA 30C水槽のややもっこりした雌固体。


4-3-1.jpg

久し振りにKOTOBUKI 30C 3水槽の白の濃いモスラ。

明日は水槽のメンテ程度で特別な予定も無いので今年の桜を満喫しよう!!!
■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・25×25×30H B水槽  順調

大阪北部の桜も咲きそろい週末は絶好の花見日和になりそうだ。


4-2.jpg

3月21日立ち上げの水槽はその後順調で今朝は舞っていたので多分抱卵だろう!


4-2-1.jpg

当初の10匹に他の水槽から漏れたエビを入れ20匹ぐらい入っているが落ちるエビも無い。


4-2-2.jpg

ガラス面にはうっすらと緑の苔が出てきた。


4-2-3.jpg

おまじない感覚で他の水槽にもモンモリロナイトを入れているが今回は塊ではなく細かく砕いて入れたが効果の程は???

さて、水が出来ればこの水槽へは何を入れようか・・・  

隣の水槽が過密なので分散させるか・・・ 

茶黒専用にするか?  

楽しい悩みだ。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・写真で見ると・・・・・

南米ミズハコベの上へ餌を入れたのでこの水槽の若エビ達が出て来た。


4-1.jpg

肉眼では赤も綺麗で白も濃く肌理も細かく見えるのだが写真で見ると実に粗い。

立ち上げ当初入れたエビは白の濃い日の丸を入れたがミズハコベジャングルになって来た為、

選別は一切していなかったがこれからは選別をしてグレードを上げなければ!!!

しかしどれを抜いたら良いのか??? 

柄は別として取り合えず肌理の粗い固体を抜く事にしよう!
■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)