AQUA-ROMAN (アクア浪漫)

写真で綴るレッドビーシュリンプ飼育備忘録
2010年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2010年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年06月
ARCHIVE ≫ 2010年06月
      
≪ 前月 |  2010年06月  | 翌月 ≫

・・・・・黄ばみ水槽、その後

連日30度オーバーの気温が続き水槽はエアコンフル稼働で水温管理中。

黄ばみが出ていた20C水槽は毎日の換水でほぼ透明になった。


6-29.jpg

白メダカからヤマトとヌマエビに交代し水作り中。 当初思ったよりも早く透明になりラッキー!


6-29-1.jpg

溶岩石に巻いたシダと少々茶ゴケが着いたモスSP、アマフロを入れている。
水草に着いていた我水槽でたった1匹のラムズホーン! 稚貝だったが10円玉位まで成長。
この水槽が立ち上がればピン掛け専用にする予定。


6-29-2.jpg

今日のエビは60㎝漏れ水槽のエビ達♪

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・25水槽4本 漸く落ち着いた

25×25×30H 4水槽は4本とも漸く落ち着いた模様。


6-28-3.jpg

A水槽 6月6日立ち上げ。
現在30匹ほどの漏れエビを入れたがここへ来て落ちるエビも無く漸く安定してきた。
水草やモスもCO2バリバリ添加しているので順調に成長している。


6-28-2.jpg

B水槽 3月21日立ち上げ。
日の丸選別漏れを入れているが落ちるエビも無く稚エビも数多く出て順調。


6-28-6.jpg

C水槽 5月9日立ち上げ。
黒白選別漏れを入れている。 立ち上げ当初から稚エビの産まれ生存率が抜群に好い。
4本の水槽のうちこの水槽だけが外部フィルターと底面Fだが安定度NO1。


6-28-7.jpg

D水槽 5月11日立ち上げ。
この水槽も一時落ちるエビが続出したがここも漸く安定してきた。
バンドばかりを入れているが抱卵個体も出て来て落ちる事も無くなった!
水草はミズハコベ、グロッソ、オークロ、南米モスの4種類でCO2添加しているが成長は遅い。

これで25水槽4本が無事立ち上がった事になる♪

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・赤い足

先日のWCデンマーク戦は夜10時就寝、夜中3時に目覚まし時計にて起床!
試合開始から終了までじっくり観る事が出来た。

しかし、まさか3-1で勝つとは思わなかった!

次のパラグアイ戦が楽しみだ。。。


今日、久々にタンクデーター 60㎝水槽用を更新した。


繁殖水槽の赤足個体。


6-26.jpg

現在、繁殖水槽へは足の赤い個体を選んで入れている。 ・・・と言ってもこの程度(涙)


6-26-2.jpg

超有名ブリーダーさんの個体を拝見するととんでもなく赤い足の個体が居るようだ!


6-26-1.jpg

殻の厚み、赤の濃さ、足の赤色・・・・・  どうしたらあの様な個体が出てくるのか?
やはり遺伝なのか・・・  良血統で厳しい選別なのかなぁ~~~?

希望を持って頑張るぞ~~~♪
 
■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・Tank Data 60tank

6-26-3.jpg

(2010・06・25現在)



■Aquarium tank■

ADA キューブガーデンNEW   60×30×36cm


■Lighting■

ビバライト  スリム ツイン600 2灯式 ホワイト

T5 24W×2 + LED 0.06W×4


■CO2 System■

無添加


■Filter■

外部フィルター  エーハイム フィルター500  

ろ材 エーハイムサブストラット+エーハイムメック

スポンジフィルター  テトラ ツインブリラントスーパーフィルター

底面フィルター  NISSO バイオフィルター60


■Air pump■

ブロアー  安永LP-30A   底面 & エアーストーンに分岐

エアー=24時間添加


■Sand■

マスターソイル HG ブラック

アクアソイル・アマゾニア パウダー


■Water temperature meter■

水温計 SUDO スリム水温計L(11.5cm)

冷却スポットファン 202 (コトブキ)

EVサーモ 100 RC(冷却ファン用 24度設定) (エヴァリス)


■Water plant■

南米ウィローモス、ウィローモス、バブルモス、ブリクサショートリーフ

アマゾンフログピット、ミクロソリウム3種、アヌビアス ナナ 

流木(大1、小1) 竹炭ドーム (中1)


■Shrimp■

レッドビーシュリンプ  各タイプ選別漏れレッドビーシュリンプ  約300匹


■Set■

2010/05/04
■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・抱卵

快晴の大阪! こんな青空は何日振りだろう~ 気持ちの好い一日になりそうだ♪

繁殖水槽の期待の一匹が抱卵の模様!


6-24-1.jpg

今朝は大きな脱皮殻がこの水槽で2個確認できた。
この大きさは期待の個体の抜け殻だろう~~~


6-24.jpg

何時もはソイルの上に居る事が多いが今朝はフログピットに摑まったりモスの上やスポンジの
上などを行ったり来たり! その内、期待の雄に追いかけられ繁殖行動を確認出来た♪


6-24-2.jpg

次はこの中央の個体が抱卵してくれれば良いのだが!
26日が満月らしいので期待している。
ピン掛け水槽の立ち上がりを待っていられないので余り好きではないがサテライト設置かな?






新しい竹炭モスドーム。


6-24-4.jpg

先日のAQUA JAPANさんの記事を読み竹炭ドームに南米モスを巻いた。
今回はこれまでよりも相当多めのモスを巻いたので綺麗なモスドームが出来るかな?


6-24-3.jpg

60㎝選別漏れ水槽のエビ団子。
若い固体が多いので食欲旺盛で手の平大のケールが2時間余りで筋だけになる。

観ていて楽しい一時♪

さぁ~~~今夜はサッカー観戦予定!  起きていられるのか・・・ 俺。。。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・・殺風景(2)

各水槽のTank Dataも随分以前のデーターなのでそろそろ書き換えなければと思う。

30キューブ3連荘の水槽だが当初はいろんな水草を植え賑やかだったが現在はエビの数が
殖えた事も有りほぼモスだけの殺風景水槽に変わっている。


6-23.jpg

底面FとスポンジFだけでソイルはアマIノーマル+アマIパウダーのやや薄敷き簡単仕様。
水草もモスドームとアマフロ、シダ系2本の殺風景水槽。 ここも立ち上げ当初は緑苔が
出ていたがそれも消え水もピカピカで減った分の足し水のみで管理している。 
エビは多少落ち着いているが現在も殖え続けているのでこの状態で暫く維持予定!


6-23-1.jpg

3本の水槽は多少違った仕様にしているのでデーターを取るには好都合。
どんな結果が出るか楽しみでも有る。






6-23-2.jpg

黄ばみが出ていたこの水槽は今朝で5回目の全喚水をしたが随分綺麗になってきた。
今日からはメダカ8匹を入れ水作りに励んで頂く ♪
メダカはベランダの別水槽へ入れていたが毎日卵を採っていたので稚メダカが生まれて来た。


6-23-3.jpg

こちらは孵化寸前の卵を抱えた殻が薄い固体。   黒白、順調に殖えている♪

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・殺風景

黄ばみが出ている20C、今朝も全喚水をした。
幾分黄ばみが取れているような、いないような・・・  その内綺麗になるだろう!

先日モスドームを2個から1個に減らし一段と殺風景にになった繁殖水槽。


6-22-1.jpg

エーハイム2211、2211サブ、底面F、スポンジFとやや過濾過だが水はピカピカ!
苔も出ずスポンジに黒髭苔が多少着いている程度。 水換えもせず減った分の足し水のみ。
殺風景な分、若エビを掬うのも簡単でエビを観察するには好都合。


6-22.jpg

一時期抱卵個体が減ったがやや回復傾向。
この個体も最近抱卵したが足の色が足先まで赤くない(涙)
赤足個体を戦力追加したので期待しているのだが何時になったら結果が出るのかな?

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・二人のための愛の部屋

なにやら意味深なタイトルになってしまったがピン掛け用の20Cを立ち上げた。

繁殖水槽の抱卵しない雌個体をなんとか抱卵させたいと思い AQUA JAPANさん の
アドバイスも有り 『二人のための愛の部屋』 計画を立て立ち上げたのだが・・・



6-21.jpg

何時も通りのソイル組み合わせで底面フィルターのみの簡単仕様。
今回は新しいパウダーを使い注水したが直後から黄色い! (涙)
今話題の当たりソイルだった模様。 これで私も人並みに成れたか???


6-21-1.jpg

時間経過と共に徐々に黄色が増してくる! 
これまで多少黄ばんだ事はあるがこんなのは初めての事だ。 仕方が無いので全喚水。
そして今朝は完全に真黄色! 約7ℓでバケツ一杯の喚水で事は済むので問題は無いのだが
何時になれば 『二人のための愛の部屋』 が完成するのか・・・・・


6-21-2.jpg

良くない事は続くもので前回立ち上げのバンド水槽で若エビが一匹落ちた。
昨日から餌食いも悪く動きも鈍かったので予想は出来たが念のため水質チェックをした。
こちらは見事に真赤になったので急遽予備水槽へ全てを移動させた。
こんな場合の為にも予備水槽は絶対必要と感じる。


6-21-3.jpg

とても元気なモスラ漏れ水槽。

やっぱエビはこうでなきゃ~駄目だね!!!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・好み

週末、今夜は多くの方がW杯を観る事だろう~
通常は外でちょっと一杯だが今夜は自宅でゆっくり観戦計画。

好みのバンドを入れている水槽。 


6-19-3.jpg

ビーシュリンプ飼育を始めた当初から好みはバンドだったが最近は特にその傾向が強く
なってきた。
モスラや日の丸もそれなりに魅力を感じるがなんと言っても綺麗なバンドに魅力を感じる!


6-19.jpg

仮の水槽に入れていたエビを全てこの水槽へ入れたが好みのバンドだけを残し他は漏れ水槽
へ入れようと思う。 

今朝は残す候補のエビが前面へ出てきたので左右両面を撮ってみた。


6-19-2.jpg

残す条件は赤白が濃く鼻に白が乗り麻呂が有る、欲を言えば赤足のバンド。
出来る事なら殻の厚い個体を残したいが現状ではそんな夢のような事は無理なのでこれから
そんな条件を満たす個体が出る事を期待する。 
この柄だけを受け継ぐ事は無理だと思うので選別で残していこう!

しかしこの条件を満たす個体は10匹居るかな???

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・本命のエビが抱卵しない(涙)

朝から梅雨らしい雨が降っている大阪。
二日連続で早朝から昨日は神戸、今日は芦屋方面へ雨の中を出掛けた。


最近、繁殖水槽の抱卵して欲しい個体が抱卵しない(涙)

6-17.jpg

前回の抱卵から随分日が経っているが一向に抱卵の兆しが無い!
充分な数の雄は居る筈なのだが・・・?


6-17-1.jpg

こちらも期待している個体で色が濃く足も赤が乗っているので毎日チェックしているが・・・
暫く様子を見るしかないかな~~~  高麗人参でも食べさせるか(爆)


6-17-2.jpg

一方、モスラ水槽は連続抱卵個体続出! 水槽環境は大差が無い筈なのだが・・・


今日の AQUA JAPANさん のブログでとても綺麗になるウィローモスの流木への括り方を
写真に解説を加え記事にされています。
実際水槽のウィローモス巻き流木は 「何でこうなるの?」 と首を傾げるぐらい綺麗。

ウィローモスが綺麗に育たない悩みをお持ちの方は必見!!!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・日々成長

今日、明日と二日連続の30度超えの予報が出ている。
流石にファンだけでは対応できないので25度設定でエアコン稼動。

昨晩はお付き合いで夜の街を徘徊(笑) 久し振りに午前様! 朝から気分が優れない(涙)


6-16_20100616105417.jpg

黒白水槽の稚エビが日々成長し若エビが殖えてきた。
約3ヶ月前は親個体12匹だけだったのだが順調に殖え現在は何匹になったのか???


6-16-1_20100616105417.jpg

雌個体ほぼ全てが抱卵しモスの中には孵化間もない稚エビがうじゃっている。
今朝は二日酔い状態だったがこの中から若い茶エビを掬い漏れ水槽へ!

黒が濃いエビを目指して試行錯誤中。。。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・本命投入

昨夜はどうにか11時まで起きていて日本のゴールシーンを観る事が出来た!

さて、次は19日か! 頑張って欲しい!!!


6月6日立ち上げの水槽へ本命を投入した。


6-15.jpg

立ち上げ後一週間はメダカを入れていたが今朝本命のバンドを入れた(右水槽)


6-15-1.jpg

バンドでも赤白共に濃く鼻先まで白く麻呂の大きな個体を25匹ほど投入。
抱卵個体も5匹居たのでその内稚エビを見る事が出来るだろう。
調子が悪い様ならば元の水槽へ戻すが多分大丈夫!!!





最近有名ブリーダーさんのブログで話題のエビ選別ネット。


6-15-2.jpg

ローキーズさんで販売されているが当初小さいネットを購入し使っていたがとても使い易いので
先日大きいネットを追加購入した。
これまでいろんなネットを使ったがこの商品は間違いなく使い易い!


6-15-3.jpg

右が大きいネットで主に親個体を掬う時に、左が一回り小さく若エビや稚エビ用に使っている。
45cmの高さまで使える様に継ぎ足す事が出来る延長グッズ付きなので便利だと思う。
実際使ってみるとエビも救い易くとても軽いので選別を多くされる方にはお奨めとか・・・


6-15-4.jpg

今朝は久々に30キューブ3連荘を撮ってみた。
左から日の丸、モスラ選別漏れ、繁殖目的の水槽になっている。

どの水槽も落ちるエビはいないが日の丸、モスラ水槽は稚エビの生存率が悪い様に感じる。
また、繁殖水槽は抱卵率が悪くなって来ているが如何したものか・・・

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・一日中舞っていた

このところ気温の高い日が多かったので夜は窓を開け通風をしていたが今朝は予想外に
気温が低く暫く水温調整の難しい日々が続きそうだ。


6-14-2.jpg

風が直接当たる水槽は22.4度。 その他の水槽も23~24度でファンの音がしない静かな朝。


6-14.jpg

アクア三昧の日曜日。
日頃出来ないメンテナンスをしたが60㎝水槽では一日中抱卵の舞が有った。
排水側にディフィーザーを付けていたのでソイルが掘り返されて大粒のソイルが出てきたので
通常の排水パイプへ交換し流木の配置などを変更した。 水流が弱くなったためこれまでは
稚エビがソイル面に出てこなかったが変更後は多くのエビが出てきた。


6-14-3.jpg

隣のモスラ水槽も小さな竹炭モスドームを抜き枝流木を入れた。
ここは現在絶好調で殆んどの雌個体は抱卵、稚エビがうじゃうじゃ状態。

他の水槽もガラス面の苔落し、スポンジ洗いや水草トリミングなどの作業でほぼ一日掛かり
アクア三昧の一日になった。


6-14-1.jpg

今朝は昨日収穫したケールを一週間ぶりに与えた。
幾分硬くなったので15分茹でたが丁度良い硬さだったのか食付き抜群!

さて今夜はワールドカップ観戦予定だが11時まで起きて居れるのか???

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・大小エビ団子

大阪は朝から雨、どうやら梅雨に入った様子。

昨日は更新出来なかったので昨日の写真で更新をしておく。

主だった水槽のエビ団子を撮ってみた。 エビが動き回るので写真がブレブレ写真だ(涙)


6-12.jpg

先ずはエビの数が多い60cm水槽。
若エビが多いため食欲旺盛で乾燥フードを入れると何時も大きな団子が出来る。


6-12-1.jpg

モスラ選別漏れ水槽。
この水槽も数が多いので2~3ヶ所に分けて餌を与えている。ここも若エビが多いので
毎回この様な状態になる。


6-12-2.jpg

日の丸水槽。
最低でも7~80匹は居ると思うが寄ってくるまでに時間がかかる。 小さな団子状態。


6-12-3.jpg

繁殖水槽。
若エビを抜いているので数は少ないが親より早く稚エビが集まり小さな団子が出来る。
エビ飼育で一番楽しい時間だ。

今日は早朝から各水槽のメンテ。
普段出来ない事を休日にまとめてする様にしているので時間が掛かるがこれも楽しい時間!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・白メダカ活躍中

日曜日に立ち上げた水槽で白メダカが毎日産卵している。   現在立ち上げに活躍中!!!


6-11.jpg

今回アマパウを厚く敷いたが濁る事も無く順調に推移している。

メダカの卵は1週間ほどで孵化すると思うので水草に付いた卵を隔離し孵化させようと思う。
ビーシュリンプを飼育する前はメダカもいろいろ繁殖させたが久し振りになる。


6-11-1.jpg

水草はパールグラスの単植と思ったが数が足りないのでオークロを追加した。


6-11-3.jpg

今朝は一応水質チェックした。 NO2、NO3はこれから赤くなるのかな・・・
PHが他の水槽と比べ幾分高く6.2ぐらいかな?  左が順調な水槽のPHで5.6ぐらい。
この先もう暫く白メダカに頑張ってもらう事になる!






6-11-5.jpg

黒白水槽の稚エビが随分大きくなりもう若エビと呼んでも良い大きさになって来た。
肉眼では黒く見えるのだが写真では茶色の部分が多い固体が居る。
そろそろ選別で茶、赤茶を抜いてこの水槽は黒だけを残す予定!

親個体の頭の上を長い糞を付けながら歩く茶稚エビが一匹!
微笑ましく感じたので一枚。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・漸く立ち上がった

今日の大阪は30度の予報が出ている! まだエアコン管理をせずファンで対応している。
留守にしているので定かではないが多分日中はファンはフル回転だろう。
水の減り具合いが半端ではない!!!


前回NO2、NO3が致死値に達していた水槽が立ち上げ後、約1ヶ月で立ち上がった様だ。


6-10-2.jpg

床に直接セットした25cm水槽2個のうち右が今回立ち上がった水槽。


6-10.jpg

ガラス面にうっすら緑の苔が着き薄い10匹のエビと4匹のヤマトを入れていた。
落ちるエビも無く今朝は舞っていたので抱卵だろう!
水質チェックはしていないがエビの動きで立ち上がったと判断した。


6-10-3.jpg

ここへはグロッソと南米ミズハコベ、オークロを植えCO2を添加している。
枝流木を入れていたが沈まないので石を錘代わり入れているがもう大丈夫だろう。
パイロットを抜き綺麗なバンドをここで繁殖させる予定。


6-10-1.jpg

一方、隣は立ち上げ当初から抱卵個体を入れ早々に稚エビが誕生し順調に推移している。


6-10-5.jpg

水槽中央へ植えたパールグラスは多少茶ゴケが着いてきたが成長している。


6-10-6.jpg

黒白水槽で抱卵したエビを入れたので稚エビは黒白、茶、赤白といろいろな色が出ている。
ここも順調なので黒白の選別漏れを入れる予定。

この水槽の写真を撮るのは腹這いになって撮るのでお腹が邪魔でしんどい!
故に更新頻度は下がるだろう(笑)

休日を除きほぼ連日更新しているが自分でも感心するくらいネタが有る!
時には無理にネタにしているが出来る限り続けたいと思っている。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・初めての足しソイル

今日の大阪は青空が広がっている。  来週は雨模様の一週間になるそうだ!

こんな備忘録のブログをご覧頂いている方がカウンターに依るとここ2日ほど増えてきた?
通常一日30~50人の方がお見えだが2日連続で67人もの方にご覧頂いた様だ。
特別な事をした訳でもないが摩訶不思議???

今朝は以前から気になっていた水槽へ初めての足しソイルをしてみた。


6-9.jpg

マスターとアマパウの組み合わせでソイルを敷いているが水流の関係で下のマスターソイル
が表面へ出てくる箇所が有る。 性格上これが我慢できない!


6-9-1.jpg

水槽によって場所の違いは有るがこの水槽は前面両隅部分。 
これを隠すべき初めて足しソイルをした! 3日間ほど水に漬けたアマパウを上からゆっくりと
流し込んだ。


6-9-2.jpg

これで大粒のマスターソイルが隠れ前面がほぼ水平になり気分爽快! 
最初は白濁したが1時間ほどでほぼ透明な水に戻った。水流を前面に廻らないようにフィルター
の向きも多少変更したのでこれで大丈夫だろう。

同じ状態の水槽が3本有ったので全て同じ方法で足しソイルをした。





6-9-3.jpg

繁殖水槽の♀個体で赤い部分が黒っぽい個体が何匹か居る。
私的には好みだが欲を言えば足にも赤黒い色が出てくれれば良いのだが・・・

しかし、我水槽に美人は殖えてきたがイケメンが居ない(涙)

・・・・・エビも飼主に似てくるのか???

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・稚エビ順調に成長

今朝の各水槽は満月かと思うぐらい抱卵の舞が有った。

稚エビが生まれている水槽は順調に成長している!


6-8.jpg

繁殖水槽の稚エビ達。
成長したエビをタイプ別に各水槽へ移動させているが常に稚エビがうじゃうじゃいる。


6-8-3.jpg

柄もバンド、日の丸、モスラ・・・ いろいろが出てきて楽しい。


6-8-4.jpg

親を超える様な稚エビが出てくればこの水槽へ残す予定だが残念ながら・・・(涙)


6-8-5.jpg

現在一番絶好調なのが黒白水槽かも!
ソイルの上は勿論、モスの中にも相当数が居り水槽の何処を見ても稚エビが見える。
順調に成長しそろそろ選別が出来そうだ!


6-8-1.jpg

先日孵化したばかりの稚エビが確認できた選別漏れ60㎝水槽。
その後ガラス面やモスの中にやや成長した元気な稚エビが多く見れるようになった。
最近は毎日の様に舞っているが数が多く水槽が広い為どの固体が抱卵なのか確認できないが
間違いなく抱卵個体が増えている。

どの水槽も数が殖えてきて選別らしきものをしているがお陰で掬うのが上手くなったような・・・

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・リセット&移動で疲れる

土曜日の午後、久し振りに AQUA JAPANさん へエビの餌スクランブルを買いに行く。

ご店主のTAKAさんが丁度ディスカスの稚魚が体着するシーンを撮影中!
撮影終了後、そのシーンを見せて頂けたが感動した。 「凄い」を連発。
熱帯魚で産みっぱなしや稚魚を捕食するシーンはよく見たが甲斐甲斐しく稚魚の世話をする。
ビーシュリンプもちょっと見習ってくれないだろうか(笑)

上のAQUA JAPANさんのリンクをクリックでその記事へ行けます。



日曜日はリセット1本、水槽移動2本、撤去2本で仕事以上に疲れた(涙)


6-7-2.jpg

稚エビの生存率の悪かった25cmをリセット。
今回も何時も通りの組み合わせだがアマパウを厚めに敷いた。
濾過は底面FとスポンジFのエコ仕様。外部Fは状況により後付予定。
今回はAQUA JAPANさんで購入した白メダカ2ペアーをパイロットで投入。


6-7.jpg

リビングへ移動した白エビとヌマエビ水槽。
水草水槽の透けたエビ30匹を一時避難させているが他の25cm水槽が立ち上がった様なので移動予定。


6-7-1.jpg

ごちゃ混ぜ水槽を撤去する予定だったがよく見ると孵化直後のエビがいるのでこれも移動する事にした。 小さな水槽なので簡単だが水を一時抜き移動となると大変だった。


6-7-3.jpg

撤去した2本の水槽。
ソイルや水草を捨て水槽や器具類、フィルターを洗い置き場所の関係で結局自分の部屋へ
逆戻り。 ここまでの作業で朝から夕方まで!!!  ほんまに疲れた。

緊急の際まで出番は無さそうだが夏の間は音の出ないテラリウムでも挑戦しようかな?


6-7-4.jpg

黒白水槽のお気に入り個体。


6-7-6.jpg

繁殖水槽のお気に入り個体。
尻尾の付け根部分の黒い点は『ほくろ』かな?  最初は無かったような?????

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・白エビ

大阪地方の最高気温が29度の予報が出ている。

水槽の温度も気温に比例して上がりファンがフル稼働で25度前後を維持している。
最高気温が30度を超えればエアコンの出番になるだろう!

我家の水槽の中で白エビが出てくる水槽が2本有る。


6-5.jpg

1本は白の濃いモスラや丹頂の水槽で10%ぐらいの確立だろうか?
白エビと故意に掛け合わせた事は無いが遺伝で出てきているのだろうか?
掬えるぐらいまで成長した時点で専用水槽へ移動させているが何時まで出てくるのか?
永久に出てくるのか???


6-5-1.jpg

もう1本は選別漏れのモスラを多く入れている水槽。
ここは上の水槽の漏れが大半なので当然だと思うが確立は低くなっている。

白エビはどうやら毛嫌いされている様だが私は嫌いではない!!!


6-5-2.jpg

以前はごちゃ混ぜ水槽へ入れていたが水槽数が増えたので現在はヌマエビ、ヤマトと同居
させているが水が合わないのか成長が遅く数が殖えない???


6-5-3.jpg

稚エビの時点では真白に見えるがある程度成長したエビをよく見ると丹頂の薄い固体の様な
エビが多い。 これはこれで大事に飼育したいと思っている。


■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・稚エビの生存率が悪い水槽

15本の水槽が有ると稚エビの生存率の悪い水槽が何本か有る。
殆んどの水槽はそこそこ育つのだが極端に悪い物も有る!
今朝は悪い水槽をリセットする為にエビ移動をした。


6-4-1.jpg

バンドばかりを入れていた25cm水槽が極端に生存率が悪いので8ヶ月経過した水槽を
リセットしようと思う。 移動させた水槽はこれまで白の濃いモスラを入れていた水槽。 
この水槽も生存率が悪いのだが立ち上がるまでの仮住まいでここへ移動!

移動の際、最初は数を数えていたが途中で解らなくなり何匹居るのやら・・・??? 
広くなった分、以前より数が少ないように見える。


6-4-2.jpg

白の濃いモスラは隣の水槽へ入れたが立ち上げ当初から稚エビが確認され順調に成長
している。 水草が少ないため稚エビもよく観察できる。

この水槽が生存率が良くなれば良いのだが!!!

週末はリセット作業三昧になりそうだ。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・真夏に備えて

現在15本の水槽が稼動中だが真夏に備えて2本を減らし全てをLDへ移動計画中。

既に器具類を取り準備万端の状況だがどの水槽を撤去処分するか悩むところ!


6-3-2.jpg

自分の部屋に有るごちゃ混ぜ水槽と白エビ、ヤマト、ヌマエビ水槽をリビングへ移動させエア
コンで水温管理をしようと思う。
この水槽は1年4ヶ月が経過し現在も調子が良いので撤去か移動か思案中。


6-3-3.jpg

マスター、マスターパウダーのソイルなので水槽は綺麗だがどうも調子が上がらない。
ヌマエビも最近は減少気味で白エビの成長も思わしくない!


6-3-1.jpg

リビングに有る水草ストック用の水槽だが水草の状況も悪く透けたエビの動きも悪いのでこれ
を撤去するのが順当か?


6-3.jpg

南米ミズハコベを植えた20キューブが最悪の状態!
この水槽に生体は入れていないので完全に手抜きになり肝心のミズハコベは成長はするが
苔まみれになっている(涙)
置場所の関係でこれをリセットする事になるかな?


6-2-2.jpg


何れにせよ自分の部屋の水槽が無くなる事で安眠が取り戻せるが・・・・・

淋しくも感じる今日この頃。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・60㎝水槽で稚エビ誕生

鳩山総理辞任のニュースが飛び込んできた!

しかし、このブログはビーシュリンプブログ! エビに関する事を書いておく。


60㎝水槽で稚エビが誕生した。 目出度い!!!


6-2.jpg

毎日の様に抱卵の舞が有り抱卵個体続出しているが今朝は誕生したばかりであろう稚エビが
確認できた。 選別漏れ水槽だがこの先、稚エビが続々誕生するだろう!


6-2-4_20100602105305.jpg

日の丸水槽でも抱卵個体続出して稚エビも出ているがやや生存率が悪いように思う。


6-2-3.jpg

黒白水槽では期待のモスラが目出度く抱卵した。


6-2-5.jpg

稚エビもバンドからモスラまで多彩だ。 茶エビも居るが圧倒的に黒が目立ってきた。


6-2-1.jpg

繁殖水槽の個体だがこれは♂か♀か?  さて、どちらだろう?

近い時期に結論は出るだろうが間違いの多い私的には♀だがこう書くと♂になる事が多い(笑)
■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・ウィローモス 諸々

ビーシュリンプ飼育にはウィローモスが適しているが我家の水槽にも5種類が有る。

・・・・・が管理が宜しくなく綺麗ではないが撮ってみた。(映り込みが多く見難いが)


6-1.jpg

■ADA 30C■
ここへは3個のモスドームを入れていたが伸び過ぎてもじゃもじゃになっていた左側ウィロー
モスドームの散髪をしバブルモスドームを他へ移動。


6-1-2.jpg

孵化したばかりの稚エビが沢山着いていたので短時間でカットしたため虎刈りになった(涙)


6-1-1.jpg

こちらは幾分成長が遅く感じる南米産ウィローモスドーム。
緑が濃く独特の三角形が出来て密度も濃くなっているので絶好の稚エビの隠れ家だ。
この水槽にはこの2種類のモスドームだけを入れエビを掬い易くしている。


6-1-3.jpg

■KOTOBUKI 30C 2■
当初ウィローモスドーム1個を入れてここも選別が容易に出来るようにしたが見ている内に成長
しドームの向こう側が見えなくなってきた。 
これでも2,3回のトリミングをしたが成長が早く追いつかない。
右下へ成長の非常に遅いモスSP国産を溶岩石に巻き入れたが成長が遅い分苔が・・・


6-1-4.jpg

■KOTOBUKI R-350■
この水槽もモスが主体だが流木に巻いたジャイアント南米モスが流木が見えなくなるほど成長
してしまった(涙) このモスも三角葉が綺麗でその名の通り大きいモス。
流木の原型が見える程度までトリミング予定。


6-1-5.jpg

■ADA 60 TANK■
この水槽へも3種類のモスを入れているが30cmからバブルモスドームをトリミングして入れた。
入れた途端にエビが寄ってついばんでいる。 
バブルと言う名の通りCO2添加で泡が付くらしいが無添加なのでそれは見た事が無い!

15本の水槽のうち13本に何らかの形でモスを入れているが南米産モスが一番綺麗かな・・・

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)