AQUA-ROMAN (アクア浪漫)

写真で綴るレッドビーシュリンプ飼育備忘録
2012年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2012年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年02月
ARCHIVE ≫ 2012年02月
      
≪ 前月 |  2012年02月  | 翌月 ≫

・・・・・一から出直します♪

今朝の大阪箕面は雪が降り寒い一日になった。

このところ各水槽が不調で多くの個体を落としてしまった(涙) 色んな原因が有ると思うが
昨日は見ている前で4匹が同時に落ちる状況。 一時はどの水槽も賑やかだったがここへ来て
どの水槽もがらぁ~んとしてしまったので初心に帰り一から出直す事にする!


2275.jpg

唯一賑やかなのが30Cアマバウ水槽。
10匹の抱卵個体を新たに入れ孵化水槽にしこの水槽から出直す事にする。


2276.jpg

我水槽の好不調はカイミジンコを判断基準にしているところが多いが現在この水槽だけが
活性が高い。 またアマフロの成長も良い様に感じる。


227.jpg

徐々に以前の好調だった頃のソイルの組み合わせに変更する事とする。
マスター+アマパウやや厚めの底床で有茎の水草を多めに植える様にしているが以前に比べ
水草の成長が遅く立ち上がる期間が遅く感じるがこの組み合わせが我水槽では一番!


2271.jpg

成長が遅く感じられる水草の中で2週間前に植えたグロッソがどうやら匍匐前進開始。
CO2を秒1滴で添加し毎朝液肥を1プッシュしている。


2272.jpg

グロッソは成長の気配が感じられるがブリクサショートの成長が非常に遅い!
以前のアマパウの場合は物凄いスピードで成長していたのだが???


2273.jpg

2本目の同仕様の30C水槽。
依然として亜硝酸塩が多少出ていて立ち上がるまでにはまだ暫く掛かりそうだが
ケンミジンコも湧き順調なのでレイアウトを変更しここへも同じ水草を植えた。


2274.jpg

他の水槽からグロッソを抜き植えた。 好調時の記事を読み返すとやはり水草を多く
植えている時期が好調だった様に思うのでその仕様に戻す事にする。
しかし、観察するにはシンプルな水槽が良いのだがこの際、全て一から出直し再び
数を殖やす事に専念しようと思う!!!

さて、何時頃以前の様なエビ団子が出来る水槽にする事が出来るのか!

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・脱皮不全

この所暖かい日が続いている大阪。
好調水槽が出てくれば絶不調の水槽が出てくる本当に何とかならないものか!


RIMG37882.jpg

約1名の今月のF・Aが出来てきたのでアップ。
ひな祭りのイメージらしいが・・・・・・・・・


223_20120225142630.jpg

アマパウ30C水槽で毎朝、脱皮不全で落ちる個体が続出している(涙)
多い日は2,3匹が落ちる様な状態になってしまった。
それまでは好調だったのに突然不調になった???


2231_20120225142630.jpg

何が原因なのか? 考えられる事は全てチェックしたが問題ない状態。
これまでこんなに急に多くのエビが落ちる事は無かった様に記憶している!
11月13日セットなので3ヶ月以上が経過しているが稚エビは殖えているのに親個体だけが
ぽろぽろ落ちる。
これ以上の犠牲者を増やさないために親個体を先日立ち上げた水槽へ全て移動。


RIMG37888.jpg

親個体を抜いた後の稚エビだけの水槽。
明日は入念に水質等をチェックし原因究明をする事とする。
・・・・・が、解るかな?

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・一日で消えた???

昨日まで真赤な色が着いていた25C水槽の亜硝酸塩が一日で消えた!


221_20120221175915.jpg

1週間出ていたNO2が一日で消えてしまった! 
これほど急に消える物なのか??? 日曜日に好調水槽のスポンジを揉み洗いはしたが
そんなに早く消える物なのだろうか?


2211_20120221175915.jpg

毎日チェックしていたので試薬も無くなり今朝は通常の5分の1でチェック。
入れた途端に真赤になっていた物が黄色になったのでこれで問題ないだろう!
改めてヤマトをパイロットで投入。 問題無い様ならば本命を入れる予定。
立ち上げから1ヶ月でやっと立ち上がった事になる。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・1本は順調になってきた

最近立ち上げたアマパウを使用した水槽の内、1本が順調になってきた。


220.jpg

使っているソイルは下からマスター、アマパウ、ブリーダーの順。
立ち上げ以降、落ちるエビは無く亜硝酸塩も出ず順調だったが初めて稚エビが孵化し漸く
動き回る稚エビの姿が見える様になってきた。


2201.jpg

まだ1匹の親からの稚エビなのでこの先どうなるか解らないがここまでは順調と言えるだろう。
ガラス面や水草に稚エビの姿が見え残り餌にも群がる様になってきた。


2202.jpg

2月5日立ち上げの30Cは2週間目で亜硝酸塩が出たが量は少なく今朝のチェックでは黄色
の色が出た! 
本命を入れる前にヤマト、ラムズと透けた個体をパイロットとして入れている。
25Cは出始めてから1週間以上経過するが未だに真赤な色が出ている。
急いではいないがいい加減に消えて欲しい!!!


2204.jpg

アマP仕様4本の中で最初に立ち上げ好調な30C水槽。 稚エビだけが餌に寄ってくる状態。
こちらだけは何事も無く順調! ・・・と言いたいが最近親個体の餌寄りが悪く水槽内を見ると
脱皮に失敗したであろう個体が餌になっている事が多い(涙)

全ての水槽が順調になってくれないものだろうか・・・・・

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・やはり2週間目に出た!

昨日は午後から湧水汲みに行ってきた。
今日から寒くなる予報が出ていたので雪が降る前に強行。 現在予報通り雪が降っている。

アマパウ立ち上げの30C水槽もやはり2週間で亜硝酸塩がMAX状態。


217.jpg

この水槽は1週間目ぐらいから薄い赤色が出ていたが今朝のチェックでMAX状態になった。
こちらも小さなミジンコが出てきている。


2171.jpg

先週MAXだった25C水槽は相変らず真赤な状態。
何時まで続くのやら・・・・・

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・今度こそは!!!

前回更新の致死数値の亜硝酸塩が出た水槽で逞しく生きている物体が居る!
それはミジンコ! エビならば恐らく落ちるであろう真赤な色が出た水槽の中でぴょん
ぴょんとソイルの上を飛び回っている。 現在亜硝酸塩マックス状態。
亜硝酸塩はミジンコには関係無いのか???


2152.jpg

『今度こそは!!!』 元気に育って欲しいと願う稚エビが出た。
シャドー♂×ビーシュリンプ♀とのF1ハイブリ抱卵個体から青い稚エビが三度誕生した!
これまでの二回は全て数日で消えたが今度こそは元気に育って欲しい。

この親個体には5個ほどの黒い卵が残っているが今朝、全てを孵化した後に落ちてしまった。
まだ若い個体なのにどうした事か??? 体力を使い果たしたのか???


215_20120215150418.jpg

しかし、今朝、水槽を良く見ると青い稚エビがガラス面に1匹だけ確認できた。
卵の数から判断するとあと数匹は居るはずだが確認できず!
1匹でも良いので成長して欲しいと思う!!!


2153.jpg

同じ水槽に姉妹の抱卵個体が居るので今後に期待。


2154.jpg

赤いエビは黒と入れ替わって欲しいと思うぐらい稚エビが続々誕生中。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・2週間目に『でたぁ~~~』

2連休の昨日、久々に奥琵琶湖 長浜までドライブ。
途中、長浜鉄道スクエアにてD51を見る。 漬物と竹箸を購入。 

彦根までは雪は無かったがそれ以北は道路にも除雪した雪が残るほど積ったようだ。


213_20120213154353.jpg

前回の更新で順調と書いた25Cアマパウ水槽にこんなに真赤なのが出てしまった。
前日まで餌にも寄り、問題無かったのでシャドーを入れる予定で念のためチェック!
ところが亜硝酸塩が真赤になってしまった! 立ち上げ後2週間経過の出来事。


2131_20120213154353.jpg

ハイブリ個体60匹を移動させ水換え後に空になった水槽へ水草を植えて一段落。

何方かのブログで2週間前後で出ると書かれていたがほんまに丁度2週間目に出た。
同じ組み合わせで立てた1週間目もチェックしたがこちらにも僅かに赤色が出た。
11月に立ち上げた水槽では出なかったので大丈夫と思ったが・・・・・


21312.jpg

ハイブリ個体達は予備水槽へ移動。
やはり予備水槽は絶対必要と感じた一日。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・25Cアマパウ水槽 立ち上げ経過

1月22日に立ち上げた25C水槽の経過。
立ち上げ直後からパイロットを入れ様子を見ていたが1匹も落ちずに順調に経過している。
直後の数値はPH=5.8 TDS=175だったが今朝はPH=5.9 TDS=165。


29_20120209161141.jpg

PHがもう少し下がってくる予定だったが逆に上昇!
数回の2ℓ程度の換水をしたのでTDSは下がった。 NO2やNO3はこれまで検出されず。
このまま順調に推移してくれれば良いのだが!


291_20120209161141.jpg

若いハイブリF1個体を入れているので抱卵は見られないが餌投入と同時に小さなエビ団子
が出来る様になってきた。

-------------------------------------------------------------------------------------------


292_20120209161141.jpg

こちらは同じくアマパウを使っている30C水槽。
朝の餌を入れる前は多くの稚エビがガラス面の苔をついばむ様子が見られる。
最近では珍しくなった光景なのでこの水槽ぐらいに順調に立ち上がってくれる事を望む。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・30C リセット

最近好調なNEWアマパウで30Cを1本リセットした。


26.jpg

これまで2本のアマパウを使った水槽が好調なので残っていたマスター+NEWアマパウで
リセットをした。 直後は多少白濁していたが今朝は透明な水になった。
月に2本ぐらいをリセットしているので手馴れた物で短時間でリセット完了。

今朝の数値は PH=6.1 TDS=85  まぁ~こんなものかな。


261.jpg

今回はパイロットの替りにお客様から頂いたラムズホーンを入れて水作りをしてもらう。


262.jpg

現在好調な水槽。
これまではヒーターを着けていなかったが先日のシャドー水槽が活性が高いので調子に
乗って23度設定のヒーターを設置した。
薄緑の綺麗な苔が付き稚エビ達がガラス面にいる事も多くこれまでは順調だ。


264.jpg

親個体は抱卵を繰り返し稚エビの歩留まりも良いので暫くこの組み合わせにする事とする。


263.jpg

モス、ガラス面、ソイル上、スポンジFなど何処にも稚エビで一杯になってきた。


266.jpg

好調な水槽にはやはりカイミジンコがぴょこぴょこと動き回っている。
正直な物でこのミジンコが少なくなると調子を崩す水槽が多い!
絶不調水槽ではこのミジンコが全く見れなくなる。 やはり水が原因かな?
■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・ヒーター効果抜群

強い寒気が襲来し、ここ大阪箕面でもうっすらと雪が積り最高に寒い!!!

昨日シャドー水槽へヒーターを入れたが速攻で効果が現れた。
何が変わったか! 餌への寄りが非常に良くなった!
これまで余り動いていなかった稚エビの動きが活発になった!

ヒーター設置は大正解だった!!!


22.jpg

この水槽などは20度~22度ぐらいだが活性が高い。
勿論シャドー水槽に比べ個体数が相当多いので当然かもしれないが1、2度低いだけで
これまでも違いが出るのだろうか???


221_20120202155427.jpg

何はともあれ好転した事は喜ばしい。

しかし、このアマパウ水槽の稚エビは最近バンドが多くなってきた。
モスラや丹頂も居るのだがバンド、タイガー、日の丸の稚エビが多くてそのうえ
私の好きな麻呂がぁ~~~無い(涙)

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)

・・・・・水温

日本海側は大雪だが今日から一段と強い冬型になるらしい。


21.jpg

リビング水槽の水温が19~22度位になっている。 リビングは暖かいのでヒーターでの加温
はしていないが成長が遅く感じる原因の一つかもと思う。


212.jpg

一番水温が高い水槽で今朝は21.3度。 (ブリーダーでスポンジF、絶不調水槽、水草置場)


213_20120201133149.jpg

そこで現在活性が最も低いシャドー水槽へ今日からヒーターを設置した。今朝は20度。
30Cなので75Wヒーターで25度設定。 これで活性が上がり稚エビの成長が早くなるかどう
かを検証してみる。 因みに自分の部屋の水槽は23度設定のヒーター設置している。


215.jpg

水温が低くても抱卵、孵化、稚エビ続出水槽も有れば一切抱卵しない水槽も有る!
エビ飼育は解らない事が多い。だから面白いのだが!!!

今一番元気なのはこの真赤なエビ10匹(涙) 他のエビも見習って欲しい(爆)

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)