AQUA-ROMAN (アクア浪漫)

写真で綴るレッドビーシュリンプ飼育備忘録
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP■ Red Bee Shrimp ■ ≫ ・・・・・繁殖用水槽

・・・・・繁殖用水槽

きょうは我家の極小水槽2個をご覧頂こう!

GEXの幅30cmのメダカ飼育用の極小水槽だがこれまで我家で増えたエビは殆んどがこの水槽で生まれたエビばかりだ。稚エビの生存率がとても良かったが最近は水温不安定の為か多少生存率が落ち始めている。

1_20090725103400.jpg

2月1日に初めて底面フィルターを使い外掛けフィルターを付けただけで立ち上げた極小、極安設備だが安定度NO1だ。
ソイルはマスターノーマル50%、アマゾニアパウダー50%を使っているが苔も出ず水草の成長も良く水は常にピカピカな状態。外掛けフィルターやスポンジは立ち上げ以来一度も掃除をしていないので生存率低下の原因かも知れない。

2_20090725103400.jpg

3_20090725103400.jpg

繁殖目的の為、上の写真の雄エビ2匹と雌はいろんな色柄を現在9匹入れている。これまでは常に抱卵を繰り返していたが抱卵率も下がった様に感じる。

4_20090725103400.jpg

雌はいろんな柄の濃い固体を入れているが親を超えるエビは出ていない模様。丹頂柄の子供だと思うが白エビも生まれてきている。そろそろリセットをしたいと思うが生まれたばかりのエビが多いので躊躇している。


もう一つの極小水槽、Tetra20C水槽。

6_20090725103400.jpg

ここへは白エビを入れていたが最近は避難させたエビや茶黒エビなどのごちゃ混ぜ水槽になっている。6月初旬に立ち上げ一時期不安定だったがエビの数を増やしてやや順調に成りつつある。

9_20090725103537.jpg

8.jpg

7_20090725103537.jpg

写真のように本当にいろいろなエビのごちゃ混ぜ水槽。

これで我家のビーシュリンプ全水槽をご覧頂いたので次回更新からは日々の様子をご覧頂こうと思う。

Comment













非公開コメントにする