AQUA-ROMAN (アクア浪漫)

写真で綴るレッドビーシュリンプ飼育備忘録
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP■ Red Bee Shrimp ■ ≫ ・・・・・案の定、致死値。

・・・・・案の定、致死値。

今朝はどの水槽も舞っており綺麗な脱皮柄が多数!

余りにも舞が激しいので調べてみると昨日が満月だったようだ。 ・・・納得!


5-29-3.jpg

繁殖水槽でも抱卵が有ったがこの個体が抱卵して欲しかったのに・・・・・残念。







昨日、調子の悪かった水槽の水質チェックをした。

5-29-2.jpg

案の定、致死値! 真赤だ! 最悪の状態。
この状態では餌も食べないだろうし動きも無いはずだ!
昨日気付かなかったら多分今朝は全てのエビが横たわっていただろう。


5-29.jpg

念の為、二日早く立ち上げた隣もチェックしたがこちらは問題は無いが一応2ℓの喚水。
この2本の水槽の違いは左は外部F、ソイルはマスター、アマパウIの薄敷きに対し右は
スポンジFでソイルはマスター、アマIノーマル、アマパウIの厚敷き。


5-29-1.jpg

中へ入れていた枝流木に水苔らしき白いもやもやとした物が付いていたので撤去し全喚水。
喚水を続けながら暫く様子を見る事にする。

毎日エビの動きを観察しているが通常でない場合は早めのチェック&移動が必定。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)