AQUA-ROMAN (アクア浪漫)

写真で綴るレッドビーシュリンプ飼育備忘録
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP■ Red Bee Shrimp ■ ≫ ・・・・・繁殖水槽の雌個体状況

・・・・・繁殖水槽の雌個体状況

繁殖水槽の前に現在立ち上げ中の小さな水槽が有るので更新機会が減っているが
今朝はその水槽を移動して久々に抱卵中の個体達を撮ってみた。


630.jpg

この水槽の雌個体は初代ホクロ個体の子供が多いがその殆んどが大きい個体だ。
上の写真の個体は左右両側の尾の付根に黒く丸いホクロの様な模様があり大きくて太い!


6301.jpg

珍しく同じ模様の個体が4匹揃ったが右の太いのが上の写真の個体。2,5cm以上あり大きい!
左側上から2番目の個体も抱卵中で2cm以上有るのでどれだけ大きいかが解る。
繁殖力も有り長寿の血統なので当然大きい個体になる。 
写っていないがこの個体より一回り大きく3㎝位のエビが1匹居るので大切にしている!
モスラ水槽以外のエビは全てがこの水槽の子孫達なので大きい個体が殖えている。


6306_20110630123856.jpg

この水槽には20匹前後の雌個体が居ると思うが半数以上が抱卵中で次々と稚エビが産まれ
何時でも賑やかな水槽だ。 ただ、ホクロの有る個体が徐々に減っている。


6304.jpg

この水槽から移動した個体で第2繁殖水槽に居るこのエビも既に2cm以上あり将来有望な
個体だが残念ながらホクロが無く肌理がちょいと粗いのが難点だがややもっこり系。


6305.jpg

上の個体の反対側。エビは皆、良く似ているが本当に親に良く似た模様だと思う。
この水槽の雄個体は赤白が濃くもっこりで赤足系が多いので将来有望個体が出るだろう。
第2水槽の稚エビはうじゃうじゃまでは行かないが、わさわさ状態なので期待している!

それにしても暑い、明日からは7月なので当然だが、ちょいと暑すぎないか?

もう一つ熱いのが北海道! 右のジオターゲティングで北海道が真赤だ! 熱い。

■ Red Bee Shrimp ■ | Comments(-) | Trackbacks(-)