AQUA-ROMAN (アクア浪漫)

写真で綴るレッドビーシュリンプ飼育備忘録
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP■ Red Bee Shrimp ■ ≫ ・・・・・水草(マツモ)トリミング

・・・・・水草(マツモ)トリミング

このブログのカテゴリーを水槽別にしているが更新の少ないのがADA30CとTetra20C.。
良く言えば問題が少ないので更新頻度も下がる事になるがADA30C水槽で一番の問題はマツモが繁茂しすぎる事。


8-26.jpg

この写真が先日26日にマツモをトリミングして更新した写真。


8-29-6.jpg

そして今朝の状態は既に水面に達し一部水面を覆ってきている。 (右側)


8-29-1.jpg

(左側)  3日間でこれだけ成長する水草は他にはフログピットぐらいか。
この水槽はCO2を秒1滴で8時間添加しているので余計に成長速度が速いのだろうが
兎に角早い。 そこで今朝は1週間持つ様に短くした。
3本のマツモを一束にしてリングろ材に通し錘代わりにして掘り込んでいるだけなのでトリミングといっても水槽から取り出しろ材から抜き下の部分をカットし戻すだけだが細かい葉が水中を浮遊するので丁寧にカット&戻す事になる。


8-29-4.jpg

今日のトリミング後の全景。 これで1週間は持つだろう~  ・・・・・いや、3日かな?



そしてこちらの水槽は・・・・・

8-29.jpg

好調を維持しているKOTOBUKI 30C 1水槽。
抱卵、稚エビ孵化が相次いでいるので水草のトリミングを躊躇しているがまるでジャングルの様になってきて水槽の半分以上を占めているので明日はこれを思い切ってトリミング予定。


R0021482_20090829163647.jpg

立ち上げ当初の水槽全景。
ロタラsp.ヴァルデキラリス、ミリオフィラムマトグロッセンセを各5本植えたのが成長して現状になった。当初はCO2を添加していたが現在は無添加。 両水草とも何度もトリミングを繰り返しているがこれも成長速度が速いので大変だ。


8-29-3.jpg

現在の状況を上から撮ってみる。
流木やドームをオーバーハングして全体の半分以上を占めている。

さて、どこまで思い切れるかな・・・・・

Comment













非公開コメントにする