AQUA-ROMAN (アクア浪漫)

写真で綴るレッドビーシュリンプ飼育備忘録
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月

・・・・・不調水槽

3月20日に立ち上げた30C水槽が不調になって来た(汗)


R0013919.jpg

当初は好調でエビは殖えていたが一時期から抱卵はするが稚エビが残らなくなった。


R0013928.jpg

なので、現在は抱卵目的の水槽とし15匹前後のエビが入っている。
ここで抱卵したエビを歩留まりの良い水槽へ移動させる事を繰り返している。
これまでの内容ならば特に問題は無いのだが・・・・・


R0013929.jpg

不調になってきているのは水草の上の茶色いゴミの様な物体!
モスの上にも降って来て茶色くなっている。  濾過不足が原因かと思いスポンジFの
洗いを短期間にしたり、あげくは底面Fのパイプを交換、エアストーン早期交換・・・


R0013922.jpg

いろいろと手を打ったつもりだが改善されず水草は綺麗にしても翌日には
この状態になってしまう。



R0013924.jpg

エビに問題は無いのでこの状態でも良いのだ自分が納得できないので明日は水草、
エビを抜き暫く様子を見てみようと思っている。
これまでも何度か同じ状態の経験はあるがすべてリセットしているので正確な原因も
解らないので今回は一度実験してみる事とする

しかし、原因は解るのかな・・・・・(笑)




にほんブログ村



・・・・・苔を落とせない(汗)

最近よく記事にしている稚エビ育成水槽のガラス面の苔を落とせない状況。


RIMG0008.jpg

朝一番にエビ部屋へ行き水槽の確認をしてから餌を与えているがこの水槽の
ガラス面に多くの稚エビが群がり緑苔を食べている様に見える。
左ガラス面。


RIMG0006.jpg

右側ガラス面。
やはりここにも同じ様にエビが張り付き苔を食べている様に感じる。


RIMG0003.jpg

水槽全面の状況。
前面は観察しにくいので苔を落としているが残り三面は極力落とさない様にしているが
余りにも苔の着きが酷い時はやむなく落とすが、この状況では落とせないだろう~
餌を入れると同時に寄ってくるので苔を食べているのかどうかは解らないので
落としても良いのかもしれないが気分的に落とせずにいる。

他の水槽で落としている水槽も有るが稚エビの状態はあまり変化が無い様に感じる
ので問題ないと思うがなかなかね~~~(笑)



にほんブログ村



・・・・・そろそろ分離かな

稚エビ育成水槽の稚エビ達が日々成長し大小の差が大きくなってきた。




今日は珍しく2回餌を与えたので餌寄りは悪いが全体の3分の一ぐらいの寄りかな?


R0013897.jpg

この画像でもそれなりに大きさの差は解るが生まれたばかりの稚エビには大小様々な
混雑は成長に良くない様に感じるのでこの際、成長して大きめのエビを分離しようと思う。


R0013896.jpg

余っている水槽の1個を取り敢えずは大きめのエビを入れる水槽にしようと思う。
こうして多少でも稚エビの歩留まりが良くなればと思うがどうなるかな?

日々、朝の餌やり時に分離をして行く予定。



にほんブログ村



・・・・・60㎝水槽でも稚エビを確認

ハーレム水槽から移動させたエビ達が60㎝水槽で稚エビを多数確認できた。


R0013888.jpg

20匹以上の抱卵個体を入れたので稚エビが出て来るのは当然だがこの水槽で
稚エビが残ってくれると30C水槽よりも安定しているので歩留まりが良い様に思う。


R0013886.jpg

水槽が大きいので余り目立たないが生まれてそこそこ日数が経ったと思える大きさの
稚エビが水槽のあちらこちらで確認する事が出来た。


R0013885.jpg

親達の内、孵化が終った個体が多いのでこれからはぞろぞろと稚エビが出てくると思う。
いや、出て来る! 出て来てくれなければ困るのだぁ~


R0013891.jpg

それなりの抱卵個体もまだいるのでこれからが楽しみだ!




にほんブログ村



・・・・・稚エビ団子

今日から帰省や海へ出掛ける人が多い様で毎年の事だが高速は大渋滞の様子。
自分はこれまた毎年の事だがこの時期は外出せずのんびり過ごしている。

外は酷暑が続いているのでやっぱりエビ部屋が一番!!!




最近は稚エビの記事が多いが今日もまたまた稚エビの記事(汗)
稚エビ育成水槽では小さいながらも餌を入れるとエビ団子が見れる様になってきた。
エビの数が多いので餌は小さく刻んで3か所に分けて投入。


R0013875.jpg

第一育成水槽は成長したエビも多くなってきたのでちょっと迫力も出てきたかな?
この状態では全てのエビに餌は届かないと思うので粉餌をこの後に振掛けている。


R0013881.jpg

第二育成水槽では殆どのエビがまだまだ本当に稚エビ!
しかし食欲は旺盛で餌投入と同時に群がってきて小さな稚エビ団子が完成。


R0013878_20170810140743f3a.jpg

殆どのエビが小さいと思っていたがこれまた当然ながらその中にも大小様々な
エビがおり楽しくこのシーンを見ている。
柄はこれも様々だがバンドから日の丸、モスラまでいてこの先が楽しみ。
これらを選別できる時期が早く来てほしい様な・・・ ゆっくり来てほしい様な複雑な気持ち(笑)

この様な水槽が多く出てくれる事を願っている。



にほんブログ村



・・・・・匍匐を始めたぞ~~~

本当に毎日酷暑が続いているが今日の予報気温はなんと! 38度!!!!!
台風の影響もあるのだろうがそれにしても暑過ぎ。
・・・・・で、今日も涼しいエビ部屋行決定。


R0013873.jpg

タイトルの匍匐を始めたのはグロッソ。
この画像は昨日撮影したもので当然だが、田植えを終えた時期に比べ随分成長した。


R0013813.jpg

これが7月中旬の田植え直後に更新した時の画像。
如何にも植えた直後感満載の画像!  この後成長してきたものをカットして植え足して
現状の様な状態まで成長した。


R0013869.jpg

匍匐を始めた株が2,3本出始めたので、この状態ならば緑の絨毯は出来る可能性が
出て来たと内心喜んでいる(笑)
以前は植えれば必ず匍匐したのが最近は全くダメで失敗続き。 原因はこれも???


R0013874.jpg

外部フィルターを使用しCO2を添加、そして今回は照明を倍増。
これで駄目ならば緑の絨毯は諦める事になるが何とか成功させたいと思っている。

久々の早朝更新、この後はエビ部屋に篭る予定。





にほんブログ村



・・・・・稚エビ育成水槽(1)、(2)

前回更新の稚エビ水槽の記事で肝心の稚エビが余り写っていないので改めて
稚エビが多く見える画像で更新!




親を全て抜いてみたがなんとなく水槽に活気が無い気がしたので再び抱卵個体を
2匹だけ戻してみた。


R0013867.jpg

実際には変わりは無いと思うが餌への寄りが違う様な同じ様な・・・・・

親個体は右の集まりに1匹と中央に1匹。
稚エビと言っても成長し1㎝位の大きさのエビもいる様だ。
この2枚の写真だとそこそこの数がいるのが解る。


R0013864.jpg

そしてもう1本の稚エビ水槽でも親を抜き稚エビ育成水槽にしてみた。
こちらは数匹の抱卵個体と雄を残しているので餌への寄りはこれまで同様に思える。


R0013863.jpg

この2本の水槽で稚エビが何匹いるのかは判らないが出来ればすべてが成長してくれればと
願いながら餌を与えている。
数か月先にはこの水槽から残せるエビが出てくれば万々歳なのだがどうかな?

頑張ろう~~~



にほんブログ村